13:23 2019年02月16日
  • 日本のヘリ空母「かが」の女性乗組員
  • 日本のヘリ空母「かが」の女性乗組員
  • 日本のヘリ空母「かが」の女性乗組員、歯科治療室にて
  • 日本のヘリ空母「かが」の女性乗組員
  • 日本のヘリ空母「かが」の女性乗組員
  • 日本のヘリ空母「かが」の女性乗組員、訓練時
  • 日本のヘリ空母「かが」の女性乗組員、訓練時
  • 日本のヘリ空母「かが」の女性乗組員
  • 調理
  • 清掃中の女性乗組員
  • 空手の練習
  • 休憩中
© REUTERS / Kim Kyung-Hoon
日本のヘリ空母「かが」の女性乗組員

日本の海上自衛隊史上最大の艦艇「かが」では、男性だけでなく女性も勤務している。なお現時点で全乗組員に占める女性の割合はわずか9%。女性乗組員たちの「かが」での生活の様子を、通信社スプートニクのフォトアルバムでご覧ください。

スプートニク日本

ヘリ空母「かが」で勤務する女性たちは、さまざまな専門分野で女性が働くことができる世界において、日本は例外であるべきではないと考えている。女性たちは、「かが」で職場における差別を受けたことはなく、女性は軍事勤務に適していないと考えるあらゆる人に挑戦することができると話している。

ヘリ空母「かが」は護衛艦で、2017年に就役した。「かが」は、より多くのトイレとバスルームを設置できるように設計されているほか、女性用の寝室もあり、そこには男性の入室を禁止する警告も表示されている。

日本の海上自衛隊は世界最大級の規模を有しており、隊員数は約4万5000人、艦艇数は約100隻。うち20隻は潜水艦で、40隻以上が駆逐艦、「かが」のようなヘリ空母は4隻。

タグ
写真, 軍事, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る