09:08 2019年01月23日
  • 新年の舞踏会 1974年
  • 新年のヨールカ(ツリー) 1960年
  • 新年のヨールカを眺める子供たち 1966年
  • 来たるべき新しい年、1963年を祝ってグラスを掲げる、ソ連のゲルマン・チトフ、ユーリイ・ガガーリン、パウロー・ポポーヴィチ、アンドリアン・ニコラエフの各宇宙飛行士
  • 大晦日にモスクワの街路でヨールカを運ぶ市民たち
  • モスクワのとあるクラブで開かれた新年のパーティー
  • ヨールカ用の玩具を手に持つ少女 1973年
  • 新年を祝う行事で踊るモスクワ市民
  • 新年を祝う食卓の準備 1970年
  • 新年を祝う食卓の準備 1970年
  • 若者のための新年舞踏会に参加した、様々な国の学生たち 1964年
  • ジェド・マロースと少女 1972年
  • クレムリン大宮殿で開かれた新年舞踏会 1955年
  • クレムリンで開かれた、若者のための新年舞踏会 1954年
  • プレゼントを持って客としてやって来た、ジェド・マロースとスネグーラチカ 1987年
  • 新年のヨールカ 1972年
  • 新年を迎えるモスクワのとある家族
  • ジェド・マロースとスネグーラチカからもらった新年のプレゼントを持つ子供たち 1954年
  • 新年の休日期間中、モスクワの中心部で行われたブリヌイの販売 1987年
  • 新年を迎える、シャンパンが注がれたグラス
© Sputnik / Lev Ustinov
新年の舞踏会 1974年

世論調査機関「レバダ・センター」が、あるアンケート調査を実施した。この調査の過程で、ソ連崩壊について残念に思うロシア国民の数が、最近の10年間での最多数に達したことが明らかになった。

スプートニク日本

発表された資料によると、今ソ連を懐かしがっていると答えた人の割合は、調査を受けた人の66%。一方、昨年は、そのような人の割合は58%だけだった。さらに、最近の10年間では、この数字が61%を超えて上昇することはなかった。

今は新年を祝う時期。ならば、ロシアの人々に愛されるこの祝日が、ソ連ではどのように祝われていたのか、一緒に見てみましょう。

タグ
写真, 歴史, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • モスクワで雪が降る中、歩く通行人
    アップデート: 2019年01月22日 20:27
    2019年01月22日 20:27

    雪の緞帳の向こうに消えたモスクワ 皆が感嘆・・・したのかどうか

    この冬、モスクワではこれまで、非常に多くの雪が降った。除雪車が止まることなく走り続ける一方、人々について言えば、空から降ってくる純白の雪片に魅了されながら歩いている。

    12
  • ムドゥルヌ市中心部近く、サロット・グループの住宅プロジェクト「ザ・ブルジュ・アル・ババス」
    アップデート: 2019年01月21日 18:41
    2019年01月21日 18:41

    まるでディズニーランド、でも… トルコにゴーストタウンが出現

    ディズニーランド風のお城が並ぶメルヘンチックな街が、トルコのボル県の山麓にある。しかし、587軒にものぼる家屋に居住者は一人もおらず、多くの「お城」には窓にガラスさえない。 ディズニーのおとぎ話が一体どのようにゴーストタウンへと変貌を遂げたのか。

    10
  • スペインで毎年恒例のフェスティバルで、馬と騎手が炎を駆け抜ける
    アップデート: 2019年01月18日 18:54
    2019年01月18日 18:54

    今週のベストショット 1月12日-1月18日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • ステージ6を走るバイカー
    アップデート: 2019年01月17日 22:07
    2019年01月17日 22:07

    あたり一面が砂の時 ペルーで「ダカール・ラリー」開催中

    6日、ペルーで17日までの日程で砂の中のレース「ダカール・ラリー2019」が開幕した。レースは初めて1国の領内だけで行われる。レーサーはリマからスタートし、同市でゴールを決める。

    12