02:21 2019年09月23日
  • 新年の舞踏会 1974年
  • 新年のヨールカ(ツリー) 1960年
  • 新年のヨールカを眺める子供たち 1966年
  • 来たるべき新しい年、1963年を祝ってグラスを掲げる、ソ連のゲルマン・チトフ、ユーリイ・ガガーリン、パウロー・ポポーヴィチ、アンドリアン・ニコラエフの各宇宙飛行士
  • 大晦日にモスクワの街路でヨールカを運ぶ市民たち
  • モスクワのとあるクラブで開かれた新年のパーティー
  • ヨールカ用の玩具を手に持つ少女 1973年
  • 新年を祝う行事で踊るモスクワ市民
  • 新年を祝う食卓の準備 1970年
  • 新年を祝う食卓の準備 1970年
  • 若者のための新年舞踏会に参加した、様々な国の学生たち 1964年
  • ジェド・マロースと少女 1972年
  • クレムリン大宮殿で開かれた新年舞踏会 1955年
  • クレムリンで開かれた、若者のための新年舞踏会 1954年
  • プレゼントを持って客としてやって来た、ジェド・マロースとスネグーラチカ 1987年
  • 新年のヨールカ 1972年
  • 新年を迎えるモスクワのとある家族
  • ジェド・マロースとスネグーラチカからもらった新年のプレゼントを持つ子供たち 1954年
  • 新年の休日期間中、モスクワの中心部で行われたブリヌイの販売 1987年
  • 新年を迎える、シャンパンが注がれたグラス
© Sputnik / Lev Ustinov
新年の舞踏会 1974年

世論調査機関「レバダ・センター」が、あるアンケート調査を実施した。この調査の過程で、ソ連崩壊について残念に思うロシア国民の数が、最近の10年間での最多数に達したことが明らかになった。

スプートニク日本

発表された資料によると、今ソ連を懐かしがっていると答えた人の割合は、調査を受けた人の66%。一方、昨年は、そのような人の割合は58%だけだった。さらに、最近の10年間では、この数字が61%を超えて上昇することはなかった。

今は新年を祝う時期。ならば、ロシアの人々に愛されるこの祝日が、ソ連ではどのように祝われていたのか、一緒に見てみましょう。

タグ
写真, 歴史, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ギリシャのイドラ島、海岸通りのロバ
    アップデート: 2019年09月22日 10:32
    2019年09月22日 10:32

    ロバやゴンドラに乗って 自動車移動が禁止されている世界の7つの場所

    9月22日はカーフリーデー。この日は世界中のドライバーに対して、燃料を消費する輸送手段の使用を見合わせるよう推奨している。しかし世界には車を全く使用しない都市がある。ここで皆さんに複数の居住地を紹介したい。その住民は澄んだ空気のことを真剣に考え、自動車に依存せず問題を解決している。

    18
  • パレードでの映画『マダガスカル』のペンギンの巨大バルーン ブリュッセル ベルギー
    アップデート: 2019年09月20日 20:37
    2019年09月20日 20:37

    今週のベストショット 9月14日-9月20日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • 86歳で現役ラガーの永山隆一さん 練習風景 東京
    アップデート: 2019年09月18日 08:02
    2019年09月18日 08:02

    これぞ長生きの秘訣 大好きなラグビーを止められない 86歳で現役ラガー

    永山隆一さんは東京にあるラグビー「不惑倶楽部」の最高齢ラガー。ご高齢で幾度もの骨折に悩まされているにもかかわらず、頭の中は大好きなラグビーしかないという。その永山さんの練習風景をスプートニク日本がご紹介します。

    15
  • ミンスク国際犬博の優勝者
    アップデート: 2019年09月14日 18:20
    2019年09月14日 18:20

    最高級の美しさ、モコモコの参加者たち:ベラルーシの国際犬博の様子

    9月7日から8日、ミンスクで国際犬博Winner-2019 & Golden Fair-2019が開かれ、犬愛好家と様々な犬種のペットたちが集まった。四本足の参加者の生き生きとした様子を、スプートニクの写真コーナーでご覧あれ。

    14