01:15 2019年06月19日
  • エルミタージュ美術館の新年のイルミネーション
  • サンクト・ペテルブルクの冬の景色
  • サンクトペテルブルクにあるモスクの天井をじっくりと見る女性
  • 降雪中のクロンウェルスカヤ川岸通りを行く人々
  • アニチコフ橋を行く女性
  • サンクト・ペテルブルクにある聖イサアク大聖堂
  • 血の上の救世主教会
  • ネヴァ川の堤防
  • 宮殿広場で降雪
  • サンクトペテルブルクにあるカザン聖堂の円蓋
  • 凍ったフォンタンカ川を歩く人々
  • ペトロフスカヤ堤防の辻広場にある記念碑「ロシア海軍に栄光あれ」
  • サンクトペテルブルクスタジアム
  • 雪に埋もれた神、アトラスの彫像の一部
  • 凍りついたフォンタンカ川を行く2人と1匹
© Sputnik / Aleksey Danichev
エルミタージュ美術館の新年のイルミネーション

雪の積もるロシア・サンクトペテルブルクをめぐる散歩は奇跡のようです。いまいる場所が、車と機械に満ち、人々が常にどこかに急ぐ現代の都市ではないように思われるかもしれません。むしろ、あなたは宮殿で舞踏会が開かれ、人々がお互いに書簡を送り合う18世紀の住人になったような感じさえします。

スプートニク日本

ロシアの冬の文化的首都を写真でめぐるツアーにご招待します。雪積もる町の美しさと居心地の良さがお気に召すと良いのですが。

タグ
観光, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • レニングラード州でひな鳥たちとともに過ごすコウノトリ
    アップデート: 2019年06月18日 20:15
    2019年06月18日 20:15

    これは吉兆 露レニングラード州にコウノトリ飛来

    ロシア北西部レニングラード州から吉報が届いた。コウノトリが飛来したのだ。この鳥は世界の様々な国で昔から敬われ、数多くの伝承や信仰がコウノトリと結びつけられてきた。もちろん、ロシアと日本もその例外ではない。両国にもまた、コウノトリに関連した言い伝えが存在する。

    8
  • 大型対潜艦の乗組員 露日の共同訓練で
    アップデート: 2019年06月17日 21:21
    2019年06月17日 21:21

    露日海上捜索・救難合同訓練「サレクス」 両国船舶の課題遂行力を見事に証明

    6月15日、極東のピョートル大帝湾海域で露日両国による捜索・救難合同訓練「サレクス2019」が実施された。乗員らは悪天候という恵まれない条件の中、海上救難者の捜索、救助活動を構築した。

    10
  • チリ、アタカマ砂漠にそびえる彫刻「砂漠の手」
    アップデート: 2019年06月17日 17:29
    2019年06月17日 17:29

    地球上で一番雨を待ちわびる、乾いた土地

    6月17日は「砂漠化および干ばつと闘う世界デー」。多くの国にとって夏の到来は酷暑の始まりを意味する。暑さから逃れるのに冷房のスイッチをひねって済む人もいれば、埃を洗い、地熱を冷やすためにひたすら雨を待つしかない人もいる。ところがそんな恵みの雨が数年も待たねばやってこない地域も存在する。地球上で最も乾ききった土地はどんな様子をしているのだろうか?

    12
  • 国際ピオネール・キャンプで休暇を過ごす学生たち、1963年
    アップデート: 2019年06月16日 07:02
    2019年06月16日 07:02

    ソ連の最も有名なピオネール・キャンプ「アルテーク」

    6月16日は「アルテーク」の開設日。「アルテーク」は1925年にクリミア南部の岸辺に設立され、すぐさまソ連の少年団組織「ピオネール」の代名詞となった。1960年代からは、世界最大級の児童保養施設の地位を獲得した。ここで休暇を過ごしたのはどんな人たちだったのだろうか?

    19