07:06 2019年05月23日
  • 南極大陸にはじめて上陸した人々
  • 南極大陸のアイスドーム
  • 女性の科学スポーツ遠征隊メンバー
  • 南極大陸のパーキングメーター
  • 係留地から橇で荷を運ぶ越冬隊
  • ロシアの研究ステーションがあるボルタット山地
  • 第25ソ連南極探検隊の航空学者ボリス・デュコフ氏がラジオゾンデ発射
  • ドキュメンタリー映画『ペンギン物語』
  • 女性の科学スポーツ遠征隊メンバー
  • ワーテルロー島の寺院
  • 国際南極横断探検隊メンバー 1990年
  • 南極大陸調査船とアザラシ
  • 夏の雪嵐で新雪が積もった自転車
  • 南極のソ連大型定期航空便
  • モスクワ特派員がペンギンにインタビュー
© 写真 : Public domain
南極大陸にはじめて上陸した人々

1895年1月23日、南極大陸の沿岸にはじめて人が上陸した。その当時の記録写真と今日の様子を収めたフィルムをみなさんにご紹介します。当時の南極大陸は雪がこんなにもすごかった。

スプートニク日本

南極大陸の大地にはじめて足を踏み入れたのは、ノルウェーの商業船「アンタルクチック」号の船長と船員たち、そしてノルウェーの自然科学研究者カルステン・ボルクグレヴィンク教授だった。

その後、女性で構成した科学スポーツ遠征隊やジャーナリストも南極大陸を訪れた。モスクワ特派員は、なんとかペンギンにインタビューすることができた!

関連ニュース

ソ連ではどうだったか? 家庭と仲間同士での新年

「ミス・ワールド」の優勝者たち:100年以上の間に美に関するイメージはどのように変わったのか?

タグ
写真, 歴史, 南極
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 農業の広告ポスター モスクワ、1928年
    アップデート: 2019年05月23日 04:42
    2019年05月23日 04:42

    1920~30年代ソ連の広告ポスター

    ソ連時代のポスターの中では、宣伝ポスターが特に人気を博している。だが、それに劣らない数の広告ポスターも存在していた。スプートニク日本は今回、最も際立った広告ポスターのうち一部を集めてみた。

    20
  • ラマダン(断食月)期間中の夕食を準備するインドネシアの女性
    アップデート: 2019年05月17日 21:10
    2019年05月17日 21:10

    今週のベストショット 5月11日-5月17日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    14
  • マヤコフスカヤ駅の当直助役、1980年
    アップデート: 2019年05月15日 20:51
    2019年05月15日 20:51

    モスクワ地下鉄の誕生日:5月15日に84周年

    本日5月15日、モスクワ地下鉄が84周年を迎えた。これに合わせて通信社スプートニクは、モスクワ地下鉄が1935年からどのように変化したのかを写真でご紹介する。

    15
  • チャンギ国際空港(シンガポール)
    アップデート: 2019年05月13日 22:10
    2019年05月13日 22:10

    羽田は2位  エアヘルプ、2019年の優秀空港ランキング発表

    遅延や欠航の際、乗客に代わって航空会社に賠償を請求するサービスを手掛ける米エアヘルプは先週、毎年恒例の年間優秀空港ランキングを発表した。2019年の最優秀空港となったのは、カタールのハマド国際空港。2位は羽田空港(東京国際空港)、3位にはギリシャのアテネ国際空港が入った。

    10