21:42 2019年08月22日
  • 怒りの部屋の少女
  • 怒りの部屋の野球バット
  • 怒りの部屋の訪問者
  • 怒りの部屋で防護服を纏う訪問者ら
  • 怒りの部屋に中古テレビを運びこむスタッフ
  • 怒りの部屋でバットを手にフォトセッションする少女ら
  • ストレスと闘うために創られた怒りの部屋
  • ストレスと闘うために創られた怒りの部屋
  • ストレスと闘うために創られた怒りの部屋
  • ストレスと闘うために創られた怒りの部屋
© REUTERS / Jason Lee
怒りの部屋の少女

大都市の人々は常にストレスにさらされており、その発散の仕方もさまざま。北京の心理学者らは、問題解消のためちょっと変わった方法を発見した。名付けて「怒りの部屋」。この部屋で人々は、何かを散々に打ち、破壊し、投げ飛ばし、または単にフォトセッションすることができる。

スプートニク日本

ここで訪問者は野球のバットを自由に使うことができ、破壊用に家電製品やマネキン、たくさんの壊していいものが用意されている。心理学者らは、怒りのはけ口が与えられたなら、現代の都会人にとても必要な緊張緩和をもたらすことができると考える。

関連ニュース

スプートニクQ&A ナイフ、石鹸、乱暴 これぞめちゃロシア流?なストレス解消法

タグ
写真, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 毎年恒例、富士山麓の総合火力演習
    アップデート: 2019年08月22日 21:24
    2019年08月22日 21:24

    富士山麓:静岡県で毎年恒例の陸上自衛隊実弾演習スタート

    8月22日(木)静岡県御殿場市の陸上自衛隊演習場で、同隊の実弾演習「総合火力演習」が始まった。4日間にわたる演習では、約2千400名の自衛隊員が戦車、ヘリ、装甲車両の操縦スキルを磨く。

    12
  • 「Urban Morphogenesis」のストリートアートフェスティバルのグラフィテー
    アップデート: 2019年08月21日 22:31
    2019年08月21日 22:31

    高層住宅の壁にアート作品 モスクワ郊外で国際芸術フェスティバル

    モスクワ郊外の都市オジンツォボで国際芸術フェスティバル「Urban Morphogenesis」の一環として26カ国のストリートアーティストらがビルの壁にグラフティーを描いている。9月に小地区での作業の終了として野外展示会が開催される。希望者らはそこで30以上の「絵画」を見ることができる。

    8
  • 香港の抗議行動での警察官ら
    アップデート: 2019年08月20日 20:31
    2019年08月20日 20:31

    数ヶ月に渡る警官との衝突 香港で続く抗議行動

    6月のはじめから香港では大規模な抗議行動が続いている。この抗議行動では常に警官との激しい衝突が拡大している。18日、定例の反政府デモが行われた。主催者によればこのデモには170万人超が参加した。

    香港デモ
    12
  • 作品「永遠の静けさ(Calmness of Eternity)」撮影:エフゲニア・サムチェンコ、撮影はヒマラヤ山脈(ネパール)のゴサイクンダ湖近くの上空4千400メートルで行われた。作品にははっきりと銀河系が映し出されている
    アップデート: 2019年08月17日 17:44
    2019年08月17日 17:44

    驚くべき科学の世界:学術写真コンテスト「 Royal Photographic Society 2019」上位作品

    英国王立写真協会(The Royal Photographic Society of Great Britain)は毎年、学術写真コンテストを行っている。2019年、カメラのレンズが捉えたのはヒマラヤ山脈上空の銀河系や鮮やかなシャボン玉の構造など、その他多くの作品が集まった。

    10