14:20 2020年05月25日
  • モスクワ動物園のマンドリル
  • フンボルトペンギン
  • オオヤマネコ
  • ギニアエボシドリ
  • アフリカゾウ
  • 子供を連れたボルネオオランウータンの雌
  • アムールヒョウ
  • モスクワ動物園でウマに餌を与える客
  • コンゴウインコ
  • ショウガラゴ
  • キリン
  • ミーアキャット
  • ヘビクイワシ
  • ニシローランドゴリラ
  • モスクワ動物園のオオカミを飼育している檻
  • アライグマ
© Sputnik / Vladimir Astapkovich
モスクワ動物園のマンドリル

1864年の2月12日、モスクワ動物園が開園した。155年前、同動物園では家畜134匹、野生の獣と鳥153匹のほか、7匹の爬虫類が展示されていた。現在、動物園で暮らす獣や鳥、爬虫類の数は大きく増加し、これらの動物に出会うため、ロシア人も外国人も数多く訪れている。

スプートニク日本

ロシア帝国の時代には、飼育される動物の大部分がロシア国内の各地から動物園に集められていたが、ライオンやトラ、ジャガー、ヒョウ、サイ、アリゲーターといった異国情緒あふれる動物も数匹いた。現在、欧州で最も古くからある動物園の1つであるモスクワ動物園では、8千匹を超える動物が暮らしている。

タグ
写真, 歴史, 動物, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 日光浴をする女性(英国、タインマウス)
    アップデート: 2020年05月22日 19:55
    2020年05月22日 19:55

    今週のベストショット 5月16日―5月22日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • ボブ・ティッセン氏が撮影した廃艦
    アップデート: 2020年05月21日 14:45
    2020年05月21日 14:45

    カメラマンが見た軍艦の墓場

    世界的「廃墟」カメラマンが、使命を終え、人目に触れない場所でひっそりと時を過ごす軍艦の写真を公開した。

    12
  • 大人数で使用できないようイスに置かれたワニの置物
(タイ、バンコク)
    アップデート: 2020年05月19日 23:05
    2020年05月19日 23:05

    公園にカフェ、モスクまで:新たな習慣となった「ソーシャルディスタンス」

    半年も経たないうちにパンデミックを引き起こした新型コロナウイルスによって、世界に「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」というまったく新しいルールが生まれた。お互いの距離を保つという一見簡単なルールであるものの、生活を正常に戻していくための重要なカギとなっている。

    16
  • 中国・桂林市にある鍾乳洞「芦笛岩(ろてきがん)」
    アップデート: 2020年05月18日 21:15
    2020年05月18日 21:15

    知られざる地下世界:世界の珍しい洞窟14選

    地球の地下には、普段は人目に触れない絶景スポットが数多く存在する。今回は、そんな世界の14の洞窟をご紹介します。

    14