13:55 2020年01月26日
  • モスクワ動物園のマンドリル
  • フンボルトペンギン
  • オオヤマネコ
  • ギニアエボシドリ
  • アフリカゾウ
  • 子供を連れたボルネオオランウータンの雌
  • アムールヒョウ
  • モスクワ動物園でウマに餌を与える客
  • コンゴウインコ
  • ショウガラゴ
  • キリン
  • ミーアキャット
  • ヘビクイワシ
  • ニシローランドゴリラ
  • モスクワ動物園のオオカミを飼育している檻
  • アライグマ
© Sputnik / Vladimir Astapkovich
モスクワ動物園のマンドリル

1864年の2月12日、モスクワ動物園が開園した。155年前、同動物園では家畜134匹、野生の獣と鳥153匹のほか、7匹の爬虫類が展示されていた。現在、動物園で暮らす獣や鳥、爬虫類の数は大きく増加し、これらの動物に出会うため、ロシア人も外国人も数多く訪れている。

スプートニク日本

ロシア帝国の時代には、飼育される動物の大部分がロシア国内の各地から動物園に集められていたが、ライオンやトラ、ジャガー、ヒョウ、サイ、アリゲーターといった異国情緒あふれる動物も数匹いた。現在、欧州で最も古くからある動物園の1つであるモスクワ動物園では、8千匹を超える動物が暮らしている。

タグ
写真, 歴史, 動物, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 毎年恒例の犬ぞりレース「Aviemore Sled Dog Rally」に参加するシベリアンハスキー スコットランド・ フェシエブリッジにて
    アップデート: 2020年01月24日 19:05
    2020年01月24日 19:05

    今週のベストショット 1月18日-1月24日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • 扇子をもって春節の到来を祝う北京市民
    アップデート: 2020年01月23日 21:42
    2020年01月23日 21:42

    肺炎流行中に祝日:北京はどう春節を迎えるのか

    中国では、まもなく春節を迎える。北京では、すでに多くの市民が春節の到来を心待ちにしていたが、中国政府は、これ以上の新型肺炎の感染を防ぐため全ての行事を中止することを発表した。

    12
  • EBIOSの完成予想図 外観
    アップデート: 2020年01月23日 00:01
    2020年01月23日 00:01

    地球脱出はすぐそこ? SFの世界を実現へ

    パリに拠点を置くスタートアップ「インターステラーラボ(Interstellar Lab)」が、米カリフォルニア州にあるモハーベ砂漠に、火星体験を目的とした施設『EBIOS』の建設を計画していると発表した。

    9
  • 温泉につかる市民
    アップデート: 2020年01月21日 21:05
    2020年01月21日 21:05

    憩いのひと時を:北朝鮮にリゾート施設がオープン

    1月14日、北朝鮮中部に位置する平安南道に「陽徳(ヤンドク)温泉文化休養地」がオープンした。訪問者第一号となったのは建設作業員とその家族たち。一足先に楽しんだようだ。

    7