09:50 2020年05月26日
  • 映画のフィルムのいち場面『2017年』
  • 映画のフィルムのいち場面『2017年』
  • 映画のフィルムのいち場面『2017年』
  • 映画のフィルムのいち場面『2017年』
  • 映画のフィルムのいち場面『2017年』
  • 映画のフィルムのいち場面『2017年』
  • 映画のフィルムのいち場面『2017年』
  • 映画のフィルムのいち場面『2017年』
  • 映画のフィルムのいち場面『2017年』
  • 映画のフィルムのいち場面『2017年』
  • ベーリング海峡に想定された2000年の都市計画
  • 原子力飛行機
  • 地下都市のプロジェクト
  • 未来の漁業
  • 雑誌のイラスト『未来の水中戦』。1940年
  • 雑誌掲載の蒸気機関、機関車、車、船のイラスト。1939年
  • 雑誌掲載の戦車や車を故障させる見えない磁場のイラスト。1939年
  • 雑誌掲載の多層階駐車場のイラスト。1975年
  • 雑誌掲載の空飛ぶ車のイラスト。1938年
  • 雑誌掲載の巨大海底エレベータ「バティスタト」のイラスト。1938年
© 写真 : Diafilm 1960, Moscow
映画のフィルムのいち場面『2017年』

未来について私たちが語る時、何より頭に浮かぶのは空飛ぶ車にテレポートでしょう。ですがソ連の人々は、2017年には壁掛け時計が鼻をつついて人の目を覚まし、願いを叶える機械が各戸に1台備わっていると考えていました。

スプートニク日本
100年後に世界がどうなっているか、誰もが考えたことがあるでしょう。未来を正確に予想するのはかなり難しい。ですが、過去、私たちの時代がどうなるかを想像していたかを観察することは可能です。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 5月24日、ラマダン終了を祝う祭り「イド・アル=フィトル」で、祈りをささげるイスラム教徒(イラン、テヘラン)
    アップデート: 2020年05月25日 21:55
    2020年05月25日 21:55

    断食月ラマダン終了 世界各地で祝祭

    5月23日、イスラム教徒にとって最も神聖とされる期間のラマダン(断食月)が終了した。新型コロナウイルスの感染が広がる中、翌24日にはラマダン終了を祝う祭り「イド・アル=フィトル/ウラザバイラム」が世界各地で行われた。

    19
  • 日光浴をする女性(英国、タインマウス)
    アップデート: 2020年05月22日 19:55
    2020年05月22日 19:55

    今週のベストショット 5月16日―5月22日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • ボブ・ティッセン氏が撮影した廃艦
    アップデート: 2020年05月21日 14:45
    2020年05月21日 14:45

    カメラマンが見た軍艦の墓場

    世界的「廃墟」カメラマンが、使命を終え、人目に触れない場所でひっそりと時を過ごす軍艦の写真を公開した。

    12
  • 大人数で使用できないようイスに置かれたワニの置物
(タイ、バンコク)
    アップデート: 2020年05月19日 23:05
    2020年05月19日 23:05

    公園にカフェ、モスクまで:新たな習慣となった「ソーシャルディスタンス」

    半年も経たないうちにパンデミックを引き起こした新型コロナウイルスによって、世界に「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」というまったく新しいルールが生まれた。お互いの距離を保つという一見簡単なルールであるものの、生活を正常に戻していくための重要なカギとなっている。

    16