06:27 2019年03月27日
  • ツノフクロアマガエル
  • バミューダミズナギドリ
  • チャコペッカリー
  • ロードハウナナフシ
  • ウンピョウ
  • タカヘ
  • キューバソレノドン
  • シーラカンス
  • アカツキアリ
  • イエロオオカナヘビ
  • ウーリームササビ
  • フェルナンディナゾウガメ
ツノフクロアマガエル

2019年2月、絶滅したと考えられていた2種類の生物が見つかった。台湾のレンジャーは2月、2013年に絶滅したと考えられていたウンピョウを2度目撃したと発表した。また、ガラパゴス諸島では100年以上も目撃されていなかったフェルナンディナゾウガメが見つかった。皆さんは他にどんな生物が「死から復活」したかご存知ですか?

スプートニク日本

絶滅したと思われていたのに再出現した生物は、ラザルス分類群(Lazarus Taxon)と呼ばれている。そのような動物は通常、到達が困難な未踏の場所におり、場所が孤立していることによって生き残ることができた。

タグ
写真, 自然, 動物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る