16:40 2019年03月23日
  • 「カヌー・スラロームセンター」。ここでは、カヌーのスラローム競技が行われる。この施設の建設作業は現在、74%が完了している
  • 施設の建設現場では現在、およそ100人が働いている。施設の建設作業は、2019年5月までに完了する予定
  • カヌー・スラロームセンターは、1万5千人の観客を受け入れることができる計画になっている
  • カヌー・スラロームセンター
  • カヌー・スラロームセンターは、選手村や他のスポーツ施設から遠くない場所にある葛西臨海公園に隣接している
  • 主催者側による計画では、センターは五輪大会後、ウォータースポーツとレジャー・レクリエーションのための日本初の人工スラロームコースとなる
  • カヌー・スラロームセンターの職員らの事務所
  • 東京都は大会組織委員会とともに、各施設の建設現場を巡る記者向けの見学ツアーを定期的に実施している
  • カヌー・スラロームセンター
  • カヌー・スラロームセンター
  • 「海の森水上競技場」。この競技場では、カヌーのスプリント競技とボート競技が行われる
  • 現時点では、建設作業の77%が完了している。競技が行われる距離は2千メートル
  • 海の森水上競技場は、江東区青海3丁目に所在している
  • 海の森水上競技場
  • この施設は五輪・パラリンピック大会後、アジアの水上競技大会を開催するために利用される予定
  • 海の森水上競技場
  • 海の森水上競技場
  • 海の森水上競技場
  • 海の森水上競技場
  • 海の森水上競技場
  • 「有明体操競技場」。来たるべき五輪大会の主要スポーツ拠点の1つ。ここでは体操競技が行われる
  • 現時点で、施設の準備は62%が完了している
  • 有明体操競技場の建設現場では、320人の労働者が働いている
  • 有明体操競技場は、ある意味でユニークな建築プロジェクトだ。建造物全体が、北海道や長野県から運ばれてきた様々な種類の木を使って建てられているのだ
  • 中央の屋根は、特殊な構造物を用いて、いくつかの段階に分けてつり上げられた
  • この施設は五輪大会後、国際的な展示会を開催するために利用される
  • 「有明アリーナ」。ここでは、バレーボール競技と車いすバスケットボール競技が行われる
  • 関係者らの話では、建設作業は最終段階にあるという
  • 有明アリーナは、その周囲が住宅によって完全に囲まれているほか、有明体操競技場から歩いて行ける距離にある
  • この施設は五輪大会後、スポーツイベントやコンサートの開催のために利用される
  • 「東京アクアティクスセンター」は、水泳競技用のプール。競泳、飛込、アーティスティックスイミング(旧シンクロナイズドスイミング)が行われる
  • 五輪大会後には、日本における中心的なプールとなる
  • 選手村は、面積が44ヘクタールの敷地を含む施設で、中央区晴海4丁目と5丁目に所在している
  • スポーツ関係者らの滞在に向け、ここには14~18階建ての建物が21棟建設されつつある。五輪開催時には1万8千人、パラリンピック開催時には8千人のスポーツ関係者がここに滞在する
© Sputnik / Denis Korzhov
「カヌー・スラロームセンター」。ここでは、カヌーのスラローム競技が行われる。この施設の建設作業は現在、74%が完了している

東京では2020年の7月24日から8月9日まで、夏季五輪競技大会が開催される。スプートニクは、建設作業が進められている複数の五輪施設を現地取材した。

スプートニク日本

この重要なスポーツイベントに向けた準備が今、どのような段階にあるのかについて、写真による報告でお伝えする。

タグ
スポーツ, 写真, 五輪, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る