14:56 2019年06月17日
  • 「国境で泣く女の子」。ジョン・ムーア氏撮影(ゲッティイメージズ)
  • 「移民キャラバン(The Migrant Caravan)」シリーズの1枚。ピーター・テン・フーペン氏撮影
  • 「The Cubanitas」。ダイアナ・マルコシアン氏撮影
  • 「Blessed Be the Fruit:アイルランドの中絶禁止法を覆す闘争(Blessed Be the Fruit: Ireland's Struggle to Overturn Anti-Abortion Laws)」。オリビア・ハリス氏撮影
  • 「Akashinga:勇敢な者たち(Akashinga - the Brave Ones)」。ブレント・スタートン氏撮影
  • 「チャド湖危機(The Lake Chad Crisis)」シリーズの1枚。マルコ・グアラッツィーニ氏撮影
  • 「ジャマル・カショギの失踪(The Disappearance of Jamal Kashoggi)」。クリス・マクグラス氏撮影
  • 「イエメン危機(Yemen Crisis)」。ロレンツォ・トゥニョリ氏撮影
  • 「家から私達を招く(Beckon Us From Home)」シリーズの1枚。サラ・ブレセナー氏撮影
  • 「カエルの足の収穫(Harvesting Frogs’ Legs)」。ベンス・メイト氏撮影
  • 「ファルコンとアラブの影響(Falcons and the Arab Influence)」シリーズの1枚。ブレント・スタートン氏撮影
  • 「ダカール・ファッション(Dakar Fashion)」。フィンバー・オライリー氏撮影
  • 「私が病気だったときの収穫(Harvesting When I Was Ill)」。ロシアのアリョーナ・コチェトコワ氏撮影。3位入賞
  • 「Land of Ibeji」シリーズの1枚。ベネディクト・クルゼン氏撮影
  • 「カタンガでのボクシング(Boxing in Katangai)」。ジョン・T・ペダーセン氏撮影
  • 「自由を求め叫ぶ(Crying for Freedom)」シリーズの1枚。フォロー・アラエイ氏撮影
「国境で泣く女の子」。ジョン・ムーア氏撮影(ゲッティイメージズ)

毎年開かれる世界最大の名門コンテスト、世界報道写真コンテストの大賞が発表された。選ばれたのはジョン・ムーア氏(ゲッティイメージズ)の「国境で泣く女の子」だ。

スプートニク日本

オランダのアムステルダムで11日、受賞作品が発表された。大賞に選ばれた写真は、ホンジュラス人のサンドラ・サンチェスさんが米テキサス州で国境警備隊に取り調べを受けるそばで、息子のジャネラちゃんが泣きじゃくる様子を写した。

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 国際ピオネール・キャンプで休暇を過ごす学生たち、1963年
    アップデート: 2019年06月16日 07:02
    2019年06月16日 07:02

    ソ連の最も有名なピオネール・キャンプ「アルテーク」

    6月16日は「アルテーク」の開設日。「アルテーク」は1925年にクリミア南部の岸辺に設立され、すぐさまソ連の少年団組織「ピオネール」の代名詞となった。1960年代からは、世界最大級の児童保養施設の地位を獲得した。ここで休暇を過ごしたのはどんな人たちだったのだろうか?

    19
  • Weimin Chu氏による写真「グリーンランドの冬」。「National Geographic Travel Photo 2019」コンテストグランプリ作
    アップデート: 2019年06月15日 09:03
    2019年06月15日 09:03

    ドリームキャッチャー、黄昏のイルカ ナショナル・ジオグラフィック旅行写真コンテストの入賞作品

    ナショナル・ジオグラフィック誌は、毎年実施する旅行がテーマの国際写真コンテストの入賞作品を発表した。

    14
  • 月を背景に飛行するエアバスA320型旅客機
    アップデート: 2019年06月14日 21:30
    2019年06月14日 21:30

    今週のベストショット 6月8日-6月14日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
    アップデート: 2019年06月13日 23:55
    2019年06月13日 23:55

    活気づくチェルノブイリ 立入禁止区域が人気観光地に

    野良犬、放棄され窓が割れた建物、そして手つかずの自然。これらは、常に人々を魅了し、チェルノブイリへと引きつけてきたものである。米HBOで最近放送が開始された同名のドラマシリーズは、チェルノブイリ原発事故というテーマに対する関心の新たな高まりを引き起こし、核の石棺や、それに隣接しゴーストタウンとなっている都市プリピャチを目にしたいと願う人々の数は大きく増加している。

    18