00:25 2019年08月21日
  • 「国境で泣く女の子」。ジョン・ムーア氏撮影(ゲッティイメージズ)
  • 「移民キャラバン(The Migrant Caravan)」シリーズの1枚。ピーター・テン・フーペン氏撮影
  • 「The Cubanitas」。ダイアナ・マルコシアン氏撮影
  • 「Blessed Be the Fruit:アイルランドの中絶禁止法を覆す闘争(Blessed Be the Fruit: Ireland's Struggle to Overturn Anti-Abortion Laws)」。オリビア・ハリス氏撮影
  • 「Akashinga:勇敢な者たち(Akashinga - the Brave Ones)」。ブレント・スタートン氏撮影
  • 「チャド湖危機(The Lake Chad Crisis)」シリーズの1枚。マルコ・グアラッツィーニ氏撮影
  • 「ジャマル・カショギの失踪(The Disappearance of Jamal Kashoggi)」。クリス・マクグラス氏撮影
  • 「イエメン危機(Yemen Crisis)」。ロレンツォ・トゥニョリ氏撮影
  • 「家から私達を招く(Beckon Us From Home)」シリーズの1枚。サラ・ブレセナー氏撮影
  • 「カエルの足の収穫(Harvesting Frogs’ Legs)」。ベンス・メイト氏撮影
  • 「ファルコンとアラブの影響(Falcons and the Arab Influence)」シリーズの1枚。ブレント・スタートン氏撮影
  • 「ダカール・ファッション(Dakar Fashion)」。フィンバー・オライリー氏撮影
  • 「私が病気だったときの収穫(Harvesting When I Was Ill)」。ロシアのアリョーナ・コチェトコワ氏撮影。3位入賞
  • 「Land of Ibeji」シリーズの1枚。ベネディクト・クルゼン氏撮影
  • 「カタンガでのボクシング(Boxing in Katangai)」。ジョン・T・ペダーセン氏撮影
  • 「自由を求め叫ぶ(Crying for Freedom)」シリーズの1枚。フォロー・アラエイ氏撮影
「国境で泣く女の子」。ジョン・ムーア氏撮影(ゲッティイメージズ)

毎年開かれる世界最大の名門コンテスト、世界報道写真コンテストの大賞が発表された。選ばれたのはジョン・ムーア氏(ゲッティイメージズ)の「国境で泣く女の子」だ。

スプートニク日本

オランダのアムステルダムで11日、受賞作品が発表された。大賞に選ばれた写真は、ホンジュラス人のサンドラ・サンチェスさんが米テキサス州で国境警備隊に取り調べを受けるそばで、息子のジャネラちゃんが泣きじゃくる様子を写した。

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 香港の抗議行動での警察官ら
    アップデート: 2019年08月20日 20:31
    2019年08月20日 20:31

    数ヶ月に渡る警官との衝突 香港で続く抗議行動

    6月のはじめから香港では大規模な抗議行動が続いている。この抗議行動では常に警官との激しい衝突が拡大している。18日、定例の反政府デモが行われた。主催者によればこのデモには170万人超が参加した。

    香港デモ
    12
  • 作品「永遠の静けさ(Calmness of Eternity)」撮影:エフゲニア・サムチェンコ、撮影はヒマラヤ山脈(ネパール)のゴサイクンダ湖近くの上空4千400メートルで行われた。作品にははっきりと銀河系が映し出されている
    アップデート: 2019年08月17日 17:44
    2019年08月17日 17:44

    驚くべき科学の世界:学術写真コンテスト「 Royal Photographic Society 2019」上位作品

    英国王立写真協会(The Royal Photographic Society of Great Britain)は毎年、学術写真コンテストを行っている。2019年、カメラのレンズが捉えたのはヒマラヤ山脈上空の銀河系や鮮やかなシャボン玉の構造など、その他多くの作品が集まった。

    10
  • 浸水した鐘楼 トヴェリ州
    アップデート: 2019年08月16日 22:56
    2019年08月16日 22:56

    今週のベストショット 8月10日-8月16日

    スプートニク日本は、この一週間の間に、世界の通信社の特派員が配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • 船作りの仲間たち 1973年
    アップデート: 2019年08月14日 23:59
    2019年08月14日 23:59

    旧ソ連の夏 かつての子どもたちは夏休みをどう過ごしたか

    夏休みが始まると旧ソ連の子どもたちの生活は野外が中心に「かわった」。子どもたちは家に連れて帰られることはなかった。子どもたちは食事や着替えの時だけ家にもどり、大急ぎで友だちが待つ野外に駆け戻った。

    20