04:47 2020年10月27日
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
© Sputnik / Stringer
チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客

野良犬、放棄され窓が割れた建物、そして手つかずの自然。これらは、常に人々を魅了し、チェルノブイリへと引きつけてきたものである。米HBOで最近放送が開始された同名のドラマシリーズは、チェルノブイリ原発事故というテーマに対する関心の新たな高まりを引き起こし、核の石棺や、それに隣接しゴーストタウンとなっている都市プリピャチを目にしたいと願う人々の数は大きく増加している。

スプートニク日本

ロイター通信によると、チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れる英語でのツアー旅行は、予約数がドラマの放送開始以降40%増えているという。観光客らは、ウクライナの首都キエフから約120キロの距離をバスで移動し、原発事故の被災者に捧げられた記念碑を目にすることができる場所に到着する。その後、2017年以降巨大な金属製のアーチ型シェルターで覆われている4号炉に案内され、さらに希望者はプリピャチ市内をしばらく散策できる。

関連ニュース

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 「アマチュア―自然・風景」部門1位入賞作品『Janela』 Carlos F. Turienzo氏(スペイン)
    アップデート: 2020年10月26日 22:32
    2020年10月26日 22:32

    息をのむ景色:EPSON国際パノラマ写真コンテスト2020入賞作品

    EPSONが主催する国際パノラマ写真コンテスト「The 11th EPSON International Pano Awards」が今年も開催された。今回は96か国のプロ・アマカメラマン1400人以上が応募し、6000点近くのパノラマ写真が集まった。その中から選ばれた入賞作品の一部をご紹介。

    21
  • ロシアで開催されたメルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク
    アップデート: 2020年10月23日 21:56
    2020年10月23日 21:56

    今週のベストショット 10月17日―10月23日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • ロシア人画家、アンドレイ・タルソフ氏による「COVID-19 サバイバルガイドライン」
    アップデート: 2020年10月22日 18:44
    2020年10月22日 18:44

    ピンナップで「ステイホーム」 ロシア人画家によるコロナ指南書

    米カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動するロシア人アーティストのアンドレイ・タルソフさんは、新型コロナウイルスから身を守るための「COVID-19サバイバルガイドライン」をピンナップ風に描いている。

    9
  • エチオピアのアムハラ地方の農園で、バッタの死骸を手に取る女性(10月15日)
    アップデート: 2020年10月21日 22:24
    2020年10月21日 22:24

    エチオピアで四半世紀ぶりの蝗害 深刻な食糧危機に

    アフリカ東部のエチオピアでは、過去25年間で最悪といわれている蝗害が現在も続いており、バッタの大群に農作物を食い荒らされた農家たちが悲鳴を上げている。

    12