02:57 2020年04月08日
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
© Sputnik / Stringer
チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客

野良犬、放棄され窓が割れた建物、そして手つかずの自然。これらは、常に人々を魅了し、チェルノブイリへと引きつけてきたものである。米HBOで最近放送が開始された同名のドラマシリーズは、チェルノブイリ原発事故というテーマに対する関心の新たな高まりを引き起こし、核の石棺や、それに隣接しゴーストタウンとなっている都市プリピャチを目にしたいと願う人々の数は大きく増加している。

スプートニク日本

ロイター通信によると、チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れる英語でのツアー旅行は、予約数がドラマの放送開始以降40%増えているという。観光客らは、ウクライナの首都キエフから約120キロの距離をバスで移動し、原発事故の被災者に捧げられた記念碑を目にすることができる場所に到着する。その後、2017年以降巨大な金属製のアーチ型シェルターで覆われている4号炉に案内され、さらに希望者はプリピャチ市内をしばらく散策できる。

関連ニュース

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • マスク越しにキスをする新郎新婦(リトアニア・ビリニュス)
    アップデート: 2020年04月07日 13:30
    2020年04月07日 13:30

    純白の「マスク」に「手袋」:パンデミック中の結婚式

    新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、挙げる予定だった結婚式の中止や延期を余儀なくされるケースが多い中、それでも世界各国では式を挙行した夫婦の姿がある。もちろん、ウイルス対策はかかさない。ウエディング衣装に身を包んでもマスクは着用のままだ。

    13
  • #Water2020ファイナリスト ベトナムの写真家の作品「Underwater prayers」
    アップデート: 2020年04月06日 19:20
    2020年04月06日 19:20

    Agoraフォトコンテスト:世界中から集まった「水」のベストショット

    スペイン・バルセロナ発祥の写真アプリ「アゴラ(Agora)」がオンラインフォトコンテスト#Water2020を開催した。3月25日、世界中の写真家が投稿した8700枚以上の写真の中から選ばれた18枚の受賞作品が公開された。

    18
  • スカイツリー周辺の桜と子ども(東京・浅草)
    アップデート: 2020年04月04日 15:15
    2020年04月04日 15:15

    目黒川にスカイツリー:満開の東京の桜たち

    東京都ではすでに桜は満開。気温も上がり、絶好のお花見日和だが、今年はコロナウイルスの影響もあり、例年よりも人は少ない。

    9
  • 静かな街に猫が一匹(アゼルバイジャン・バクー)
    アップデート: 2020年04月03日 18:15
    2020年04月03日 18:15

    今週のベストショット 3月28日―4月3日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    20