10:36 2021年04月12日
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
© Sputnik / Stringer
チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客

野良犬、放棄され窓が割れた建物、そして手つかずの自然。これらは、常に人々を魅了し、チェルノブイリへと引きつけてきたものである。米HBOで最近放送が開始された同名のドラマシリーズは、チェルノブイリ原発事故というテーマに対する関心の新たな高まりを引き起こし、核の石棺や、それに隣接しゴーストタウンとなっている都市プリピャチを目にしたいと願う人々の数は大きく増加している。

スプートニク日本

ロイター通信によると、チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れる英語でのツアー旅行は、予約数がドラマの放送開始以降40%増えているという。観光客らは、ウクライナの首都キエフから約120キロの距離をバスで移動し、原発事故の被災者に捧げられた記念碑を目にすることができる場所に到着する。その後、2017年以降巨大な金属製のアーチ型シェルターで覆われている4号炉に案内され、さらに希望者はプリピャチ市内をしばらく散策できる。

関連ニュース

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ロンドン中心部で開催された議会開会式に臨むエリザベス女王とフィリップ殿下(2012年5月9日)
    アップデート: 2021年04月10日 00:10
    2021年04月10日 00:10

    フィリップ殿下が死去 写真に残るその一生

    英エリザベス女王の夫、フィリップ殿下が9日、ウィンザー城で亡くなった。99年のその一生を、スプートニクの写真で振り返ります。

    15
  • 米ワシントン州のホワイトハウスで、イースター・バニーと一緒に登場したバイデン夫妻
    アップデート: 2021年04月09日 20:41
    2021年04月09日 20:41

    今週のベストショット 4月3日―4月9日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    18
  • ドイツ・フライゼンの牧場を歩くマリー・ホープ
    アップデート: 2021年04月09日 14:15
    2021年04月09日 14:15

    3本足でも生命力あふれる! 車椅子のアルパカの赤ちゃん

    ドイツ中西部のザールランド州にある自治体、フライゼンの牧場には、生まれてすぐに後ろ足を失くし、3本足で歩くアルパカの赤ちゃんが暮らしている。

    10
  • フランス・トゥーレーヌ地方にあるヴーヴレのブドウ畑に灯されたキャンドル
    アップデート: 2021年04月08日 19:41
    2021年04月08日 19:41

    霜害からブドウを守れ ワイン農家がブドウ畑にキャンドル灯す

    白ワインの生産地として知られるフランスのブルゴーニュ地方やトゥーレーヌ地方にあるブドウ畑では、ブドウの芽を春霜から守るため、無数のキャンドルが灯されたり藁が燃やされたりしている。しかし、今週はさらに寒い夜が続くとの予報が出ており、深刻な霜害や生産量の減少が懸念されている。

    10