07:20 2019年06月19日
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れるツアーに参加する観光客
  • チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客
© Sputnik / Stringer
チェルノブイリ市内で写真を撮影する観光客

野良犬、放棄され窓が割れた建物、そして手つかずの自然。これらは、常に人々を魅了し、チェルノブイリへと引きつけてきたものである。米HBOで最近放送が開始された同名のドラマシリーズは、チェルノブイリ原発事故というテーマに対する関心の新たな高まりを引き起こし、核の石棺や、それに隣接しゴーストタウンとなっている都市プリピャチを目にしたいと願う人々の数は大きく増加している。

スプートニク日本

ロイター通信によると、チェルノブイリ原発周辺の立ち入り禁止区域を訪れる英語でのツアー旅行は、予約数がドラマの放送開始以降40%増えているという。観光客らは、ウクライナの首都キエフから約120キロの距離をバスで移動し、原発事故の被災者に捧げられた記念碑を目にすることができる場所に到着する。その後、2017年以降巨大な金属製のアーチ型シェルターで覆われている4号炉に案内され、さらに希望者はプリピャチ市内をしばらく散策できる。

関連ニュース

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • レニングラード州でひな鳥たちとともに過ごすコウノトリ
    アップデート: 2019年06月18日 20:15
    2019年06月18日 20:15

    これは吉兆 露レニングラード州にコウノトリ飛来

    ロシア北西部レニングラード州から吉報が届いた。コウノトリが飛来したのだ。この鳥は世界の様々な国で昔から敬われ、数多くの伝承や信仰がコウノトリと結びつけられてきた。もちろん、ロシアと日本もその例外ではない。両国にもまた、コウノトリに関連した言い伝えが存在する。

    8
  • 大型対潜艦の乗組員 露日の共同訓練で
    アップデート: 2019年06月17日 21:21
    2019年06月17日 21:21

    露日海上捜索・救難合同訓練「サレクス」 両国船舶の課題遂行力を見事に証明

    6月15日、極東のピョートル大帝湾海域で露日両国による捜索・救難合同訓練「サレクス2019」が実施された。乗員らは悪天候という恵まれない条件の中、海上救難者の捜索、救助活動を構築した。

    10
  • チリ、アタカマ砂漠にそびえる彫刻「砂漠の手」
    アップデート: 2019年06月17日 17:29
    2019年06月17日 17:29

    地球上で一番雨を待ちわびる、乾いた土地

    6月17日は「砂漠化および干ばつと闘う世界デー」。多くの国にとって夏の到来は酷暑の始まりを意味する。暑さから逃れるのに冷房のスイッチをひねって済む人もいれば、埃を洗い、地熱を冷やすためにひたすら雨を待つしかない人もいる。ところがそんな恵みの雨が数年も待たねばやってこない地域も存在する。地球上で最も乾ききった土地はどんな様子をしているのだろうか?

    12
  • 国際ピオネール・キャンプで休暇を過ごす学生たち、1963年
    アップデート: 2019年06月16日 07:02
    2019年06月16日 07:02

    ソ連の最も有名なピオネール・キャンプ「アルテーク」

    6月16日は「アルテーク」の開設日。「アルテーク」は1925年にクリミア南部の岸辺に設立され、すぐさまソ連の少年団組織「ピオネール」の代名詞となった。1960年代からは、世界最大級の児童保養施設の地位を獲得した。ここで休暇を過ごしたのはどんな人たちだったのだろうか?

    19