18:47 2020年10月27日
  • 珍しいレリーフのある子どもの遊び場、モスクワ
  • おとぎ話の森のスタイルでつくられた子どもの遊び場、モスクワ
  • ロッククライミングができる子どもの遊び場、ロシアのサレハルド
  • 石油ガス会社「ルコイル」の内部構造を模倣したインタラクティブな子どもの遊び場
  • ロープをつかった遊び場がある子ども用スポーツパーク、モスクワ
  • 「クレムリン」に似せてつくられた子どもの遊び場、ロシアのナーベレジヌイェ・チェルヌイ
  • ロッククライミングができる子どもの遊び場
  • 巨大なロシアの湯沸かし器「サモワール」につけられたブランコに乗る子どもたち、モスクワで開催されたロシア文化フェスティバルにて
  • ソ連時代の宇宙機器のモデルがある子どもの遊び場
  • 定番の遊具がある子どもの遊び場、モスクワ
  • 宇宙船のモデルが置かれている子どもの遊び場、モスクワ
  • 子どもの遊び場のスポーツカーのモデルに乗る子ども、モスクワ
  • ブランコ、鉄棒、ハンモックなど様々な遊具がある子どもの遊び場
© 写真 : A.Savin
珍しいレリーフのある子どもの遊び場、モスクワ

ロシアの現代の子どもの遊び場では、人工衛星をテストしたり、石油ガス会社の仕組みを知ることができる。ロシアでは近代的な遊び場のデザインが発展し続けている。昔の子供たちの遊び場は、砂場やブランコだけだったが、今では素晴らしいアートオブジェクトのようになっている。

現在、良い遊び場と考えられるのは、定番の遊具がある遊び場ではなく、幼い頃から子供たちが周囲の世界を知り、コミュニケーションを学ぶことができる本物の「子どもの町」だ。

ロシアの近代的な子どもの遊び場の中には、子供たちがゲーム形式で石油掘削装置の構造を学んだり、宇宙船とはどんなものなのかを知ったり、月探査機や人工衛星をテストしたり、さらにはロッククライミングができる場所まである。また一部の遊び場には、障害を持つ子ども向けの特別な器具もある。

タグ
写真, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 「アマチュア―自然・風景」部門1位入賞作品『Janela』 Carlos F. Turienzo氏(スペイン)
    アップデート: 2020年10月26日 22:32
    2020年10月26日 22:32

    息をのむ景色:EPSON国際パノラマ写真コンテスト2020入賞作品

    EPSONが主催する国際パノラマ写真コンテスト「The 11th EPSON International Pano Awards」が今年も開催された。今回は96か国のプロ・アマカメラマン1400人以上が応募し、6000点近くのパノラマ写真が集まった。その中から選ばれた入賞作品の一部をご紹介。

    21
  • ロシアで開催されたメルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク
    アップデート: 2020年10月23日 21:56
    2020年10月23日 21:56

    今週のベストショット 10月17日―10月23日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • ロシア人画家、アンドレイ・タルソフ氏による「COVID-19 サバイバルガイドライン」
    アップデート: 2020年10月22日 18:44
    2020年10月22日 18:44

    ピンナップで「ステイホーム」 ロシア人画家によるコロナ指南書

    米カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動するロシア人アーティストのアンドレイ・タルソフさんは、新型コロナウイルスから身を守るための「COVID-19サバイバルガイドライン」をピンナップ風に描いている。

    9
  • エチオピアのアムハラ地方の農園で、バッタの死骸を手に取る女性(10月15日)
    アップデート: 2020年10月21日 22:24
    2020年10月21日 22:24

    エチオピアで四半世紀ぶりの蝗害 深刻な食糧危機に

    アフリカ東部のエチオピアでは、過去25年間で最悪といわれている蝗害が現在も続いており、バッタの大群に農作物を食い荒らされた農家たちが悲鳴を上げている。

    12