13:12 2020年05月26日
  • 珍しいレリーフのある子どもの遊び場、モスクワ
  • おとぎ話の森のスタイルでつくられた子どもの遊び場、モスクワ
  • ロッククライミングができる子どもの遊び場、ロシアのサレハルド
  • 石油ガス会社「ルコイル」の内部構造を模倣したインタラクティブな子どもの遊び場
  • ロープをつかった遊び場がある子ども用スポーツパーク、モスクワ
  • 「クレムリン」に似せてつくられた子どもの遊び場、ロシアのナーベレジヌイェ・チェルヌイ
  • ロッククライミングができる子どもの遊び場
  • 巨大なロシアの湯沸かし器「サモワール」につけられたブランコに乗る子どもたち、モスクワで開催されたロシア文化フェスティバルにて
  • ソ連時代の宇宙機器のモデルがある子どもの遊び場
  • 定番の遊具がある子どもの遊び場、モスクワ
  • 宇宙船のモデルが置かれている子どもの遊び場、モスクワ
  • 子どもの遊び場のスポーツカーのモデルに乗る子ども、モスクワ
  • ブランコ、鉄棒、ハンモックなど様々な遊具がある子どもの遊び場
© 写真 : A.Savin
珍しいレリーフのある子どもの遊び場、モスクワ

ロシアの現代の子どもの遊び場では、人工衛星をテストしたり、石油ガス会社の仕組みを知ることができる。ロシアでは近代的な遊び場のデザインが発展し続けている。昔の子供たちの遊び場は、砂場やブランコだけだったが、今では素晴らしいアートオブジェクトのようになっている。

現在、良い遊び場と考えられるのは、定番の遊具がある遊び場ではなく、幼い頃から子供たちが周囲の世界を知り、コミュニケーションを学ぶことができる本物の「子どもの町」だ。

ロシアの近代的な子どもの遊び場の中には、子供たちがゲーム形式で石油掘削装置の構造を学んだり、宇宙船とはどんなものなのかを知ったり、月探査機や人工衛星をテストしたり、さらにはロッククライミングができる場所まである。また一部の遊び場には、障害を持つ子ども向けの特別な器具もある。

タグ
写真, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 5月24日、ラマダン終了を祝う祭り「イド・アル=フィトル」で、祈りをささげるイスラム教徒(イラン、テヘラン)
    アップデート: 2020年05月25日 21:55
    2020年05月25日 21:55

    断食月ラマダン終了 世界各地で祝祭

    5月23日、イスラム教徒にとって最も神聖とされる期間のラマダン(断食月)が終了した。新型コロナウイルスの感染が広がる中、翌24日にはラマダン終了を祝う祭り「イド・アル=フィトル/ウラザバイラム」が世界各地で行われた。

    19
  • 日光浴をする女性(英国、タインマウス)
    アップデート: 2020年05月22日 19:55
    2020年05月22日 19:55

    今週のベストショット 5月16日―5月22日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • ボブ・ティッセン氏が撮影した廃艦
    アップデート: 2020年05月21日 14:45
    2020年05月21日 14:45

    カメラマンが見た軍艦の墓場

    世界的「廃墟」カメラマンが、使命を終え、人目に触れない場所でひっそりと時を過ごす軍艦の写真を公開した。

    12
  • 大人数で使用できないようイスに置かれたワニの置物
(タイ、バンコク)
    アップデート: 2020年05月19日 23:05
    2020年05月19日 23:05

    公園にカフェ、モスクまで:新たな習慣となった「ソーシャルディスタンス」

    半年も経たないうちにパンデミックを引き起こした新型コロナウイルスによって、世界に「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」というまったく新しいルールが生まれた。お互いの距離を保つという一見簡単なルールであるものの、生活を正常に戻していくための重要なカギとなっている。

    16