21:42 2020年05月26日
  • 作品「困惑した甲虫(Confused flour beetle)」撮影:デヴィッド・スピアース、穀物や小麦製品にはびこる甲虫
  • 作品「永遠の静けさ(Calmness of Eternity)」撮影:エフゲニア・サムチェンコ、撮影はヒマラヤ山脈(ネパール)のゴサイクンダ湖近くの上空4千400メートルで行われた。作品にははっきりと銀河系が映し出されている
  • 作品「頭を下に(Upside down Jelly fish)」撮影:マリー・アン・チルトン、プランクトンを食べるクラゲの姿を捉えた
  • 作品「カラー雲」と名付けたシャボン玉構造(Colour Clouds)撮影:キム・コックス
  • 作品「スーパームーンSuper Moon Lunar Eclipse」」撮影:マリー・アン・チルトン、2019年1月21日、月が地球に最も近付いた瞬間を捉えた
  • 作品「Mapping1_OxygenIb_PEM」撮影:ヤスミン・クロウフォード、写真は 慢性疲労症候群 の結果
  • 作品「安全な王冠(Safety Corona)」撮影:リチャード・ゲルマン、オルタネータに接続した安全ピン
  • 作品「ラヴェル電波望遠鏡(Lovell Telescope)」撮影:マージ・ブラッドショウ、北西イングランドの天文台にあるバーナード・ラヴェルの名を冠した電波望遠鏡
  • 作品「クワガタムシ(Stag beetle)」撮影:ヴィクトル・シコラ、5倍の倍率で撮影
  • 作品「北アメリカ星雲(NGC7000 North American Nebula)」撮影:デイヴ・ワットソン、星雲ははくちょう座にあり、その形は北アメリカ大陸に似ている
© 写真 : David Spears/RPS
作品「困惑した甲虫(Confused flour beetle)」撮影:デヴィッド・スピアース、穀物や小麦製品にはびこる甲虫

英国王立写真協会(The Royal Photographic Society of Great Britain)は毎年、学術写真コンテストを行っている。2019年、カメラのレンズが捉えたのはヒマラヤ山脈上空の銀河系や鮮やかなシャボン玉の構造など、その他多くの作品が集まった。

世界中のあらゆる年齢、あらゆるレベルのカメラマンたちが、自然界や研究調査、実験の写真をコンテストに送ってきた。使用された機器も、デジタル望遠鏡から顕微鏡、X線装置まで、様々であった。

タグ
写真, 英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 2018年のグランプリシリーズ第5戦ロシア杯にて エキシビションで演技するザギトワ選手
(ロシア、モスクワ)
    アップデート: 2020年05月26日 14:30
    2020年05月26日 14:30

    新たな「五輪アイコン」 ザギちゃん、人気健在!

    IOCの運営する五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」が実施した「お気に入りの五輪用アイコン」企画で見事勝利、新たな五輪アイコンとなったロシアのフィギュアスケート、アリーナ・ザギトワ選手。衰えることのない人気を誇るザギトワ選手の写真を一挙公開!

    10
  • 5月24日、ラマダン終了を祝う祭り「イド・アル=フィトル」で、祈りをささげるイスラム教徒(イラン、テヘラン)
    アップデート: 2020年05月25日 21:55
    2020年05月25日 21:55

    断食月ラマダン終了 世界各地で祝祭

    5月23日、イスラム教徒にとって最も神聖とされる期間のラマダン(断食月)が終了した。新型コロナウイルスの感染が広がる中、翌24日にはラマダン終了を祝う祭り「イド・アル=フィトル/ウラザバイラム」が世界各地で行われた。

    19
  • 日光浴をする女性(英国、タインマウス)
    アップデート: 2020年05月22日 19:55
    2020年05月22日 19:55

    今週のベストショット 5月16日―5月22日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • ボブ・ティッセン氏が撮影した廃艦
    アップデート: 2020年05月21日 14:45
    2020年05月21日 14:45

    カメラマンが見た軍艦の墓場

    世界的「廃墟」カメラマンが、使命を終え、人目に触れない場所でひっそりと時を過ごす軍艦の写真を公開した。

    12