02:28 2019年11月13日
  • 「大きなネコと犬の争い」 ピーター・ヘイガース作
  • 「ひさしの下の避難所」 ペレス・ナバル作
  • 「ウェッデルのような居眠り」 ラルフ・シュナイダー作
  • 「クラゲの中の子ども」 ファビアン・ミシュネ作
  • 「淡水の森」 ミシェル・ロゴ作
  • 「毛製の繭」 ミンギ・ユアン作
  • 「最後の嘆息」 エイドリアン・ハースキ作
  • 「エナガ」 ダイアナ・レブマン作
  • 「感動的な信頼」 トーマス・P・ペシャック作
  • 「よじ登る死人」 フランク・デシャンドル作
  • 「命のサイクル」 アレクサンダー・マスタード作
  • 「砂浜の廃棄物」 マシュー・ウェア作
  • 「幸運」 ジェイソン・バントル作
  • 「恥辱の壁」 ジョアン・マッカーサー作
  • 「もしペンギンが飛べたなら」 エドゥアルド・デル・アラモ
「大きなネコと犬の争い」 ピーター・ヘイガース作

写真コンテスト「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」は今年で55回目の開催。観客たちは多様で感動的な自然の姿に釘付けにされる。コンテストの入賞者は10月中旬に発表されるが、しかし、現在、主催者が高い評価を得た15作品を公開している。

居眠りするアザラシや壊れた車のフロントガラスから覗くアライグマ、ホッパーを作り出した魚の群れ。これらは美しく、そしてエモーショナルな「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」の作品のほんの一部。こうした作品とともに、ゴミの中に埋もれ犠牲となった亀やシャチから逃れようとするペンギン、大人のオスのカバに命を奪われた小さなカバなど、審査委員らは悲劇的な写真を高く評価した。

国際的な専門家グループは、世界中の約5万点におよぶ作品からより印象的なものを選出する。

コンクールの結果は10月18日にロンドン自然博物館の協力のもとに「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」展として公開される予定。

タグ
自然, 写真
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 祝賀御列の儀にて 天皇皇后両陛下 東京
    アップデート: 2019年11月11日 21:08
    2019年11月11日 21:08

    祝賀御列の儀 12万人が祝福

    11月10日、東京都内で天皇陛下の即位を祝う「祝賀御列の儀」が行われた。御列は日本時間の15時、皇居からスタート。赤坂御所までの沿道を歴史的行事に立ち会おうとする約12万人の市民が埋め尽くし、新天皇を祝福した。

    14
  • 歌手のデュア・リパさん  MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードで
    アップデート: 2019年11月08日 21:23
    2019年11月08日 21:23

    今週のベストショット 11月2日-11月8日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • イースター島 チリ
    アップデート: 2019年11月06日 19:27
    2019年11月06日 19:27

    銭湯「稲荷湯」とパリのノートルダム大聖堂 消滅のおそれがある世界の文化遺産

    ワールド・モニュメント財団(WMF)は、消滅のおそれがある22カ国の歴史的・文化的遺産リストを作成した・このリストには25の観光遺産の名が記載されている。リストには、ノートルダム大聖堂(フランス)やウルバンバの谷(ペルー)、また、東京の銭湯「稲荷湯」や愛媛県の「岩松歴史的町並み」が含まれる。

    15
  • 1968年ロシア毛皮コレクション
    アップデート: 2019年11月02日 22:02
    2019年11月02日 22:02

    シャープカ・ウシャンカ(耳当て帽)、プラトーク(ショール)、ファーの襟:ソ連女性の冬の装い

    冬の到来間近、世界各地ですでに雪が降り始めた。ロシアの複数の都市も例外ではない。今ではお洒落な寒さ・吹雪対策が数多くあるが、ソ連時代のモード最前線の女性らはどのように冬を迎えたのか。スプートニク通信の「ベストショット」をご覧あれ。

    19