03:06 2020年02月26日
  • 「大きなネコと犬の争い」 ピーター・ヘイガース作
  • 「ひさしの下の避難所」 ペレス・ナバル作
  • 「ウェッデルのような居眠り」 ラルフ・シュナイダー作
  • 「クラゲの中の子ども」 ファビアン・ミシュネ作
  • 「淡水の森」 ミシェル・ロゴ作
  • 「毛製の繭」 ミンギ・ユアン作
  • 「最後の嘆息」 エイドリアン・ハースキ作
  • 「エナガ」 ダイアナ・レブマン作
  • 「感動的な信頼」 トーマス・P・ペシャック作
  • 「よじ登る死人」 フランク・デシャンドル作
  • 「命のサイクル」 アレクサンダー・マスタード作
  • 「砂浜の廃棄物」 マシュー・ウェア作
  • 「幸運」 ジェイソン・バントル作
  • 「恥辱の壁」 ジョアン・マッカーサー作
  • 「もしペンギンが飛べたなら」 エドゥアルド・デル・アラモ
「大きなネコと犬の争い」 ピーター・ヘイガース作

写真コンテスト「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」は今年で55回目の開催。観客たちは多様で感動的な自然の姿に釘付けにされる。コンテストの入賞者は10月中旬に発表されるが、しかし、現在、主催者が高い評価を得た15作品を公開している。

居眠りするアザラシや壊れた車のフロントガラスから覗くアライグマ、ホッパーを作り出した魚の群れ。これらは美しく、そしてエモーショナルな「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」の作品のほんの一部。こうした作品とともに、ゴミの中に埋もれ犠牲となった亀やシャチから逃れようとするペンギン、大人のオスのカバに命を奪われた小さなカバなど、審査委員らは悲劇的な写真を高く評価した。

国際的な専門家グループは、世界中の約5万点におよぶ作品からより印象的なものを選出する。

コンクールの結果は10月18日にロンドン自然博物館の協力のもとに「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」展として公開される予定。

タグ
自然, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 展示された馬の氷彫刻
    アップデート: 2020年02月25日 22:50
    2020年02月25日 22:50

    バイカル湖で氷の彫刻展開催 

    2月22日から24日にかけて、シベリア地方にあるバイカル湖で氷の彫刻コンテスト「Olkhon Ice Fest」が開催された。「Ice is Life」をテーマに彫刻家たちが思わず息をのむような芸術作品を生み出し、氷の世界を美しく飾りつけた。

    15
  • 民族衣装に身を纏ったお祭りの参加者 マネージュ広場にて
    アップデート: 2020年02月22日 11:30
    2020年02月22日 11:30

    冬ももうすぐ終わり、春を迎えよう! モスクワでマースレニツァ始まる

    2月24日から3月1日にかけて、ロシア各地で春を迎える伝統的なお祭り「マーツレニツァ」が行なわれる。モスクワのあちこちでマースレニツァのお祭りが開かれる。

    12
  • フラワーパレードの参加者たちに花を投げる女性 (フランス・ニース)
    アップデート: 2020年02月21日 18:42
    2020年02月21日 18:42

    今週のベストショット 2月15日-2月21日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    17
  • ジェンツーペンギンのコロニー 南極・スノー島にて
    アップデート: 2020年02月20日 09:50
    2020年02月20日 09:50

    南極のペンギン、気候変動により70年代から77%減

    南極西部に生息するヒゲペンギンの数が、1970年代の調査以来77%も減少していると、遠隔地での気候変動の影響を研究している科学者たちが明かした。

    17