06:57 2020年10月28日
  • ラグビー「不惑倶楽部」の選手たち、東京での試合風景
  • 86歳で現役ラガーの永山隆一さん 「不惑倶楽部」の中でも最高齢で一番アクティブ、東京での練習風景
  • 86歳で現役ラガーの永山隆一さん 東京で試合前
  • 86歳で現役ラガーの永山隆一さん TV番組でストレッチを公開  東京
  • 86歳で現役ラガーの永山隆一さん 患者を診察  東京
  • 86歳で現役ラガーの永山隆一さん 練習風景 東京
  • ラグビーの「不惑倶楽部」  東京の体育館
  • 「不惑倶楽部」のメンバー、試合前の風景、東京
  • ラグビーの「不惑倶楽部」のメンバーの下駄姿  東京
  • ラグビーの「不惑倶楽部」のメンバー 試合風景、東京
  • 86歳で現役ラガーの永山隆一さん  東京での練習風景
  • ラグビーの「不惑倶楽部」のメンバー  東京
  • 「不惑倶楽部」のメンバーの試合  東京
  • ラグビーの「不惑倶楽部」のメンバー 試合後  東京
  • 「不惑倶楽部」のメンバー 東京
© REUTERS / Kim Kyung-Hoon
ラグビー「不惑倶楽部」の選手たち、東京での試合風景

永山隆一さんは東京にあるラグビー「不惑倶楽部」の最高齢ラガー。ご高齢で幾度もの骨折に悩まされているにもかかわらず、頭の中は大好きなラグビーしかないという。その永山さんの練習風景をスプートニク日本がご紹介します。

「不惑倶楽部」とは日本で40歳以上のラガーを集めた150のクラブの1つ。ラグビーは動きのハードなスポーツ。86歳で現役のお医者さんの永山さんはラグビーをプレーすることのリスクも十分承知している。だが生涯、ラグビーを止める気はない。

今、永山隆一さんはラグビーワールドカップ2019に参加するため、必死のトレーニングを行っている。

関連ニュース

日本 100歳以上、初めて7万人突破=厚生労働省

タグ
スポーツ, 健康, ラグビー, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る