07:41 2019年12月12日
  • 英国サーク島で許されているのは馬車、自転車、トラクターのみ。ここには空港さえない。
  • 英国サーク島の荷馬車
  • 米国ミシガン州、マキノー島の馬車
  • 米国マキノー島の通りを行く自転車と馬車。モーターがある乗り物は1898年から一切禁止だ
  • 米国ミシガン州、マキノー島の馬タクシー
  • モロッコ、フェズのメディナは世界で最も広く連続した非自動車都市部と考えられている。
  • モロッコ、フェズのメディナ。古代遺跡。場所によっては幅はわずか60cm
  • メディナは空間が足りないため、自動車だけでなく自転車の通行も不可能
  • ギリシャのイドラ島のパノラマ風景。ゴミ収集車を除き、モーターのついた乗り物は禁止されている
  • ギリシャのイドラ島、海岸通りのロバ
  • ギリシャのイドラ島、海岸の釣り人
  • エコツーリズムが人気のラ・クンブレシータ (アルゼンチン)。入口の情報掲示板
  • ラ・クンブレシータ (アルゼンチン)入口にある市の行政センター
  • ケニアのラム島。最も普及している移動手段はロバだ。ラム島では約2千から3千の労働ロバがいる
  • ケニアのラム島、ロバに乗った少年たち
  • ケニアのラム島、ロバで荷物を運ぶ
  • ヴェネツィア(イタリア)のカナル・グランデ。欧州最大の非自動車都市ゾーンだ
  • ヴェネツィア、ある運河のゴンドリエーレ
英国サーク島で許されているのは馬車、自転車、トラクターのみ。ここには空港さえない。

9月22日はカーフリーデー。この日は世界中のドライバーに対して、燃料を消費する輸送手段の使用を見合わせるよう推奨している。しかし世界には車を全く使用しない都市がある。ここで皆さんに複数の居住地を紹介したい。その住民は澄んだ空気のことを真剣に考え、自動車に依存せず問題を解決している。

英国サーク島,米国マキノー島, モロッコのフェズのメディナ、ギリシャのイドラ島、アルゼンチンのラ・クンブレシータ、ケニアのラム島、そしてヴェネツィア。これらの場所では自動車通行が厳しく禁止されている。住民はというと、馬やロバ、あるいはヴェネツィアの場合はゴンドラで市内を移動している。地元行政が輸送手段を制限した原因は様々だ。あまりにもコンパクトという町もあれば、ヴェネツィアのように広い道路の代わりに運河が発達している都市もある。

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る