16:09 2020年01月20日
  • ウミガメの赤ちゃん、テルアビブにあるイスラエル・ウミガメ救助 センター
  • テルアビブにあるイスラエル・ウミガメ救助 センターのボランティアたち
  • ウミガメの赤ちゃんを手に持つ子どもたち、テルアビブにあるイスラエル・ウミガメ救助 センター
  • ウミガメの赤ちゃん、テルアビブにあるイスラエル・ウミガメ救助 センター
  • テルアビブにあるイスラエル・ウミガメ救助 センターのボランティアたち
  • ウミガメの赤ちゃん、テルアビブにあるイスラエル・ウミガメ救助 センター
  • ウミガメたち、テルアビブにあるイスラエル・ウミガメ救助 センター
  • ウミガメの赤ちゃん、テルアビブにあるイスラエル・ウミガメ救助 センター
© REUTERS / Amir Cohen
ウミガメの赤ちゃん、テルアビブにあるイスラエル・ウミガメ救助 センター

世界自然保護基金は、世界中でアオウミガメが絶滅の危機に瀕していると伝えている。個体数減少の原因は密漁やカメたちが巣をつくるビーチへの人間の侵入、環境汚染など。イスラエル・ウミガメ救助 センター (The Israel Sea Turtle Rescue Center) は、ウミガメを保護するためのユニークなプログラムを実施している。

同センターの専門家たちによると、イスラエルの地中海沿岸沿いに巣をつくるアオウミガメはわずか20匹で、5月から8月に繁殖する。学者たちは珍しいアオウミガメを保護するために、イスラエルの複数のビーチを自然保護区にし、カメの巣を安全な人工孵化場に移すことを決めた。シーズンの終わりまでに約200匹のカメの赤ちゃんが孵化する見込み。

タグ
動物, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 半分ゴーストタウンとなったムルマンスク州の村 ロシア
    アップデート: 2020年01月18日 22:14
    2020年01月18日 22:14

    ロシア人カメラマンが捉えた廃墟に佇む「美」

    音楽学校、城、さらに村ひとつさえが「廃墟」と化し、その光景を世界中のカメラマンたちを魅了させる。ロシア人カメラマンのアレクサンドラ・スハレヴァさんによる、世界中の人々に捨てられた空間の厳選集をどうぞご覧ください。

    12
  • タール火山の噴火 フィリピンにて
    アップデート: 2020年01月17日 17:32
    2020年01月17日 17:32

    今週のベストショット 1月11日-1月17日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • ジョージ・クオウェイ・カオ氏の作品 『これは誰?』 「初心者のマクロ」部門3位
    アップデート: 2020年01月16日 21:07
    2020年01月16日 21:07

    カクレクマノミの卵にカニクイアザラシ: 水中フォトコンテスト入賞者発表

    Ocean Artは、水中カメラマンたちにとって最も権威あるフォトコンテストのひとつ。昨年11月に作品募集を開始したところ、78カ国のカメラマンからの応募があった。そして今月13日、審査員たちが選んだ入賞作品が発表された。

    18
  • 観覧車が真っ白に タガイタイにて
    アップデート: 2020年01月14日 22:35
    2020年01月14日 22:35

    火山灰で真っ白に:タール火山噴火後の町並み フィリピン

    フィリピンのタール火山噴火によって、近隣の町が火山灰に厚く覆われた。タール火山が位置するバタンガス州当局は災害事態宣言を発令。近隣住民に対し、外出の際はマスクを着用するよう呼びかけた。

    14