09:21 2019年12月12日
  • 「モノクロ写真」部門の「ジャンプ」 チャバ・ダロツィ(ハンガリー) 最優秀作品に選ばれた
  • 「植物と菌類」部門入賞作品 「落ちた偶像III」 ダヴィド・フルトス・エゲア(スペイン)
  • 「人間と自然」部門入賞作品 「孤独」 ルケ・マッセイ(スペイン)
  • 「水中の世界」部門入賞作品 「空と地の間」 アレクセイ・ゾズリャ(ロシア)
  • 「哺乳類」部門入賞作品 「雪の下で」 ステファノ・クイリニ(イタリア)
  • 「景色」部門入賞作品  「嵐の日」 アレス・クリヴェク(スロベニア)
  • 「鳥類」部門入賞作品 「太陽へ挨拶」 ペテル・チェック(チェコ)
  • 「自然の芸術」部門入賞作品 「木々の中に育つ幸福」 シモーヌ・バウマイスター(ドイツ)
  • 若手フォトグラファー部門入賞作品 「交響曲第5番」 ジャコモ・レダエッリ(イタリア)
  • 「ポートフォリオ」部門に入賞したゲオルゲ・ポパ(ルーマニア)の作品
「モノクロ写真」部門の「ジャンプ」 チャバ・ダロツィ(ハンガリー) 最優秀作品に選ばれた

自然を撮影した写真を競う国際フォトコンテスト「ネイチャーフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー 2019」の優勝者の発表がオランダの町エーデで行われた。見事な入賞作品をスプートニクがご紹介。

今年は世界73か国の写真家から約1万4千点の応募作品が集まった。各部門から審査員によって優勝者が選ばれたが、最優秀写真家賞にはハンガリーのチャバ・ダロツィ氏が選ばれた。2匹のウサギがジャンプしている瞬間を捉えたモノクロ写真が大賞へと導いた。

タグ
写真, 自然
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る