23:40 2020年09月18日
  • ミハイル・ガーリンさんと愛猫ビクトル。ミハイルさんは規定の重量をオーバーしたビクトルをこっそりアエロフロートの機内に持ち込んだ
  • 「モスチク(橋ちゃん)」と呼ばれる雄猫。クリミア大橋建設中、片時も作業員のそばを離れなかった
  • オバマ夫妻と猫の「ドロテウス」。モスクワ近郊のドミートリー・メドヴェージェフ元大統領公邸の訪問時
  • ドミートリー・メドヴェージェフ首相の愛猫ミールカ。子猫が産まれた時、ロシアの首相の愛猫が産んだ子猫を引き取りたいという希望者が殺到した
  • オブニンスク市で猫のマーシャがダンボールに捨てられた赤ん坊を救った。マーシャは赤ん坊を暖めながら大きな泣き声で助けを呼んだ。子どもは無事救出され、マーシャは世界中で称賛を浴びた
  • サンクトペテルブルグのエルミタージュ美術館に住む「予言猫」アキレウス。アキレウスは勝利が予想されるチームの国旗が置かれた餌入れを選び、試合結果を予言する
  • マイコープ市の女子学生アンナはホームレスの猫を世話するため、動物保護施設の負債34万ルーブル(約58万円)を肩代わりして返済した
  • 猫のマトロースカがウラジオストク空港の店舗でごちそうをたいらげた後、ホッケークラブ「アドミラル」に引き取られた。マトロースカはたちまちホッケークラブのマスコットとなった
  • モスクワにあるブルガーコフの家博物館に住む猫のベゲモート。ベゲモートはブルガーコフの小説「巨匠とマルガリータ」に登場する猫
  • トゥーラ州の第6刑務所への麻薬持ち込み事件で重要な証拠となった猫。この猫は運び屋として使われていた
© Sputnik / Tatyana Meel
ミハイル・ガーリンさんと愛猫ビクトル。ミハイルさんは規定の重量をオーバーしたビクトルをこっそりアエロフロートの機内に持ち込んだ

世界中で絶大な人気を誇る猫たち。ただ人々から愛されたりネット上で人気者になったりするだけではなく、時には歴史に名を刻むような猫もいる。スプートニクは度々ニュースの話題をさらったロシアの猫たちの厳選写真集を作成した。

ロシアで絶大な人気を誇るのは次の面々の猫たち。ご主人がこっそりと飛行機に持ち込んだネコのビクトル、ドミートリー・メドヴェージェフ首相の猫たち、建設現場の作業員らといつも行動を共にし「モスチク」の名でクリム橋のシンボルとなった猫。また、猫のマトロースカは、ウラジオストク空港の店舗のショーウィンドウにこっそり忍び込み、総額6万3千ルーブル分(約10万7千円)の高級魚などをたいらげた。

タグ
写真, ネコ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 9月13日、フィンランド北部のロヴァニエミで観測されたオーロラ
    アップデート: 2020年09月18日 21:05
    2020年09月18日 21:05

    今週のベストショット 9月12日―9月18日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 9月16日、米フロリダ州ペンサコーラで、冠水した街を歩く男性
    アップデート: 2020年09月17日 21:32
    2020年09月17日 21:32

    米南部にハリケーン「サリー」上陸 歴史的洪水もたらす

    米南部アラバマ州に16日、今年8つ目となるハリケーン「サリー」が上陸し、集中豪雨により同州とフロリダ州を中心に洪水や停電などの被害が相次いでいる。

    11
  • ジャン=レオン・ジェローム作「ピグマリオンとガラテア」とツァラトゥストラ
    アップデート: 2020年09月17日 00:50
    2020年09月17日 00:50

    ロシア発の人気太っちょ猫 きっかけは名画とのコラボ

    ロシアのサンクトペテルブルクに暮らす赤毛の太っちょ猫、ツァラトゥストラは、世界の有名絵画とコラボレーションしたことによって一躍ネットのスターになった猫の一匹だ。

    14
  • 9月13日、米オレゴン州タレントの山火事によって焼失した住宅
    アップデート: 2020年09月15日 21:21
    2020年09月15日 21:21

    米オレゴン州での山火事 街を焼き尽くす

    米国の西海岸で数週間にわたって続く大規模な山火事「アルメダ・ファイア」で、最も被害が大きいとされるオレゴン州では、人口の1割以上にあたる約50万人を対象に避難準備指示が出されている。

    10