09:58 2020年07月12日
  • 同コンテスト最優秀作品 『ドロプルトン(量子液滴)』 アレックス・ラブダ(アメリカ)
  • 「天文学」部門2位入賞作品 『タラナキ山と天の川』 ジェームズ・オア(アイルランド)
  • 「生態学及び環境科学」部門1位入賞作品 『漂白』 モーガン・ベネット・スミス(サウジアラビア)
  • 「天文学」部門1位入賞作品 『ハロー現象』 ミハイル・カプィチカ(ベラルーシ)月光が屈折して月の周りに弧を描く
  • 「生態学及び環境科学」部門2位入賞作品 『警戒兵』 アビジット・バヤニ(インド)
  • 「地球科学及び気候学」部門2位入賞作品 『泡立つ海』 トム・シュレシンガー(米国)
  • 「行動科学」部門1位入賞作品 『トビハゼの縄張り争い』 ダニエル・フィールド(米国)
  • 「マイクロイメージング」部門入賞作品 『完璧な縫合』 アン・ウェストン(米国) 頭の傷を縫合するのに使用された直径0.25mm未満の縫合糸の電子顕微鏡写真。
  • 「地球科学及び気候学」部門1位入賞作品『ユーコンでの竜巻』ローレン・マーチャント(英国)
  • 「行動科学」部門2位入賞作品『クラゲ連合』エドゥアルド・サンパイオ(ポルトガル)青い魚はクラゲを食べ、クラゲは魚に隠れ家を提供する。
  • 「マイクロイメージング」部門2位入賞作品『静磁気の放卵』アレックス・ラブダ(米国)
同コンテスト最優秀作品 『ドロプルトン(量子液滴)』 アレックス・ラブダ(アメリカ)

英国の科学機関・ロンドン王立協会が主催する写真コンテストが今年も開催され、同協会は入賞作品を公開した。世界中の科学者たちが天文学、行動科学、地球科学及び気候学、生態学及び環境科学、マイクロイメージングの5つの部門で競い合った。

今回、見事最優秀作品に選ばれたのはアメリカ出身アレックス・ラブダ氏の『ドロプルトン(量子液滴)』だ。審査員は、ラブダ氏の作品について、「すばらしい科学写真の最高の伝統において、この写真を見る者は最初は戸惑うが、同時にその背後にある物語に驚かされるだろう」と評価した。

その他にも、月の写真や直径0.25mmの縫合糸、魚とクラゲの共生など、参加者がカメラで捉えた不思議で美しい作品をスプートニクがご紹介。

タグ
科学, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 山岳リゾート地区「クラースナヤポリャーナ」にある空中ブランコに乗る女性
    アップデート: 2020年07月11日 13:45
    2020年07月11日 13:45

    夏真っ只中のロシア リゾート地ソチでの楽しみ方

    長い冬が明け、夏が訪れたロシアは今、絶好の観光シーズン。特に国内有数のリゾート地であるソチは、長期休暇を取って訪れる行楽客でにぎわいを見せている。

    10
  • 夏至祭り「イワン・クパーラ」で炎を飛び越える女性(ベラルーシ、トゥーラウ)
    アップデート: 2020年07月10日 19:15
    2020年07月10日 19:15

    今週のベストショット 7月4日―7月10日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 7日、熊本県球磨村で崩落した国道219号
    アップデート: 2020年07月07日 19:40
    2020年07月07日 19:40

    九州豪雨 死者は50人超に 行方不明者の捜索続く

    先週3日ごろから降り続いた大雨により、九州全域で川の氾濫や土砂災害、道路の崩落などの被害が広がっている。現在、警察や消防団、自衛隊などが土砂崩れ現場で行方不明者の捜索活動にあたっている。

    9
  • スペイン南部、セビリアのムンド・パーク動物園で生まれたホワイトライオンの赤ちゃん(2020年6月1日撮影)
    アップデート: 2020年07月07日 00:45
    2020年07月07日 00:45

    世界の動物園から:夏生まれの子どもたち

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で休園が続いていた世界各地の動物園から、可愛らしい赤ちゃんたちの誕生のニュースが届いている。どの動物園でどんな子が生まれたのか、スプートニクでご紹介します。

    15