21:35 2020年04月04日
  • 同コンテスト最優秀作品 『ドロプルトン(量子液滴)』 アレックス・ラブダ(アメリカ)
  • 「天文学」部門2位入賞作品 『タラナキ山と天の川』 ジェームズ・オア(アイルランド)
  • 「生態学及び環境科学」部門1位入賞作品 『漂白』 モーガン・ベネット・スミス(サウジアラビア)
  • 「天文学」部門1位入賞作品 『ハロー現象』 ミハイル・カプィチカ(ベラルーシ)月光が屈折して月の周りに弧を描く
  • 「生態学及び環境科学」部門2位入賞作品 『警戒兵』 アビジット・バヤニ(インド)
  • 「地球科学及び気候学」部門2位入賞作品 『泡立つ海』 トム・シュレシンガー(米国)
  • 「行動科学」部門1位入賞作品 『トビハゼの縄張り争い』 ダニエル・フィールド(米国)
  • 「マイクロイメージング」部門入賞作品 『完璧な縫合』 アン・ウェストン(米国) 頭の傷を縫合するのに使用された直径0.25mm未満の縫合糸の電子顕微鏡写真。
  • 「地球科学及び気候学」部門1位入賞作品『ユーコンでの竜巻』ローレン・マーチャント(英国)
  • 「行動科学」部門2位入賞作品『クラゲ連合』エドゥアルド・サンパイオ(ポルトガル)青い魚はクラゲを食べ、クラゲは魚に隠れ家を提供する。
  • 「マイクロイメージング」部門2位入賞作品『静磁気の放卵』アレックス・ラブダ(米国)
同コンテスト最優秀作品 『ドロプルトン(量子液滴)』 アレックス・ラブダ(アメリカ)

英国の科学機関・ロンドン王立協会が主催する写真コンテストが今年も開催され、同協会は入賞作品を公開した。世界中の科学者たちが天文学、行動科学、地球科学及び気候学、生態学及び環境科学、マイクロイメージングの5つの部門で競い合った。

今回、見事最優秀作品に選ばれたのはアメリカ出身アレックス・ラブダ氏の『ドロプルトン(量子液滴)』だ。審査員は、ラブダ氏の作品について、「すばらしい科学写真の最高の伝統において、この写真を見る者は最初は戸惑うが、同時にその背後にある物語に驚かされるだろう」と評価した。

その他にも、月の写真や直径0.25mmの縫合糸、魚とクラゲの共生など、参加者がカメラで捉えた不思議で美しい作品をスプートニクがご紹介。

タグ
科学, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • スカイツリー周辺の桜と子ども(東京・浅草)
    アップデート: 2020年04月04日 15:15
    2020年04月04日 15:15

    目黒川にスカイツリー:満開の東京の桜たち

    東京都ではすでに桜は満開。気温も上がり、絶好のお花見日和だが、今年はコロナウイルスの影響もあり、例年よりも人は少ない。

    9
  • 静かな街に猫が一匹(アゼルバイジャン・バクー)
    アップデート: 2020年04月03日 18:15
    2020年04月03日 18:15

    今週のベストショット 3月28日―4月3日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    20
  • 植え込みで寝る野生のヤギ
    アップデート: 2020年04月02日 14:30
    2020年04月02日 14:30

    丘に住むヤギたち ロックダウン中の町に降臨

    現在ロックダウン(都市封鎖)真っ最中の英国・北ウェールズの都市スランディデュノに、普段は丘に生息しているヤギたちが下りてきた。

    14
  • オンライン会議に参加した「ネコ共和国」の猫
    アップデート: 2020年04月01日 19:00
    2020年04月01日 19:00

    猫とコロナにまつわるQ&A ロシアでオンライン会議開催

    「猫もコロナウイルスに感染する?」「猫から人に感染する?」「室内で安全に飼う方法は?」こうした疑問を解消すべく、3月27日、ロシアの週刊誌「論拠と事実」がオンライン会議を開催した。この会議には人間だけでなく、サンクトペテルブルクにある猫カフェ「ネコ共和国」に所属する猫たちも参加した。

    8