20:35 2020年01月21日
  • 同コンテスト最優秀作品 『ドロプルトン(量子液滴)』 アレックス・ラブダ(アメリカ)
  • 「天文学」部門2位入賞作品 『タラナキ山と天の川』 ジェームズ・オア(アイルランド)
  • 「生態学及び環境科学」部門1位入賞作品 『漂白』 モーガン・ベネット・スミス(サウジアラビア)
  • 「天文学」部門1位入賞作品 『ハロー現象』 ミハイル・カプィチカ(ベラルーシ)月光が屈折して月の周りに弧を描く
  • 「生態学及び環境科学」部門2位入賞作品 『警戒兵』 アビジット・バヤニ(インド)
  • 「地球科学及び気候学」部門2位入賞作品 『泡立つ海』 トム・シュレシンガー(米国)
  • 「行動科学」部門1位入賞作品 『トビハゼの縄張り争い』 ダニエル・フィールド(米国)
  • 「マイクロイメージング」部門入賞作品 『完璧な縫合』 アン・ウェストン(米国) 頭の傷を縫合するのに使用された直径0.25mm未満の縫合糸の電子顕微鏡写真。
  • 「地球科学及び気候学」部門1位入賞作品『ユーコンでの竜巻』ローレン・マーチャント(英国)
  • 「行動科学」部門2位入賞作品『クラゲ連合』エドゥアルド・サンパイオ(ポルトガル)青い魚はクラゲを食べ、クラゲは魚に隠れ家を提供する。
  • 「マイクロイメージング」部門2位入賞作品『静磁気の放卵』アレックス・ラブダ(米国)
同コンテスト最優秀作品 『ドロプルトン(量子液滴)』 アレックス・ラブダ(アメリカ)

英国の科学機関・ロンドン王立協会が主催する写真コンテストが今年も開催され、同協会は入賞作品を公開した。世界中の科学者たちが天文学、行動科学、地球科学及び気候学、生態学及び環境科学、マイクロイメージングの5つの部門で競い合った。

今回、見事最優秀作品に選ばれたのはアメリカ出身アレックス・ラブダ氏の『ドロプルトン(量子液滴)』だ。審査員は、ラブダ氏の作品について、「すばらしい科学写真の最高の伝統において、この写真を見る者は最初は戸惑うが、同時にその背後にある物語に驚かされるだろう」と評価した。

その他にも、月の写真や直径0.25mmの縫合糸、魚とクラゲの共生など、参加者がカメラで捉えた不思議で美しい作品をスプートニクがご紹介。

タグ
科学, 写真
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ペットボトルから直接水を飲むコアラ 
    アップデート: 2020年01月20日 20:20
    2020年01月20日 20:20

    コアラを救って:豪森林火災から動物たちをどう守る

    数ヶ月にわたって猛威を振るうオーストラリアの森林火災は、生態系に壊滅的な被害をもたらした。この火災で多くの動物の命が奪われ、救出された動物たちもひどい火傷を負った。仮設された動物病院では、獣医たちが傷ついた動物たちを救うため、連日治療にあたっている。

    17
  • 半分ゴーストタウンとなったムルマンスク州の村 ロシア
    アップデート: 2020年01月18日 22:14
    2020年01月18日 22:14

    ロシア人カメラマンが捉えた廃墟に佇む「美」

    音楽学校、城、さらに村ひとつさえが「廃墟」と化し、その光景を世界中のカメラマンたちを魅了させる。ロシア人カメラマンのアレクサンドラ・スハレヴァさんによる、世界中の人々に捨てられた空間の厳選集をどうぞご覧ください。

    12
  • タール火山の噴火 フィリピンにて
    アップデート: 2020年01月17日 17:32
    2020年01月17日 17:32

    今週のベストショット 1月11日-1月17日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • ジョージ・クオウェイ・カオ氏の作品 『これは誰?』 「初心者のマクロ」部門3位
    アップデート: 2020年01月16日 21:07
    2020年01月16日 21:07

    カクレクマノミの卵にカニクイアザラシ: 水中フォトコンテスト入賞者発表

    Ocean Artは、水中カメラマンたちにとって最も権威あるフォトコンテストのひとつ。昨年11月に作品募集を開始したところ、78カ国のカメラマンからの応募があった。そして今月13日、審査員たちが選んだ入賞作品が発表された。

    18