03:32 2020年01月28日
  • ソ連映画『カーニバルの夜』(1956年)
  • ソ連映画『運命の皮肉、あるいはいい湯を』(1975年)
  • ソ連のアニメーション映画『雪の女王』(1957年)
  • ソ連映画『雪娘』(1968年)
  • ソ連のアニメーション映画『プロストクヴァシノの冬』(1984年)
  • ソ連映画『シンデレラ』(1947年)
  • ソ連のアニメーション映画『森は生きている』(1956年)
  • ソ連映画『厳寒爺さん』(1964年)
  • ソ連のアニメーション映画『ウムカ』(1969年)
  • ソ連映画『雪の女王』(1966年)
  • ソ連映画『魔法使い』(1982年)
  • ソ連のアニメーション映画『犬が住んでいました』(1982年)
  • ソ連映画『娘たち』(1961年)
  • ソ連映画『ディカーニカ近郷夜話』(1961年)
  • ソ連のアニメーション映画『去年の雪が降った』(1983年)
© 写真 : Mosfilm (1956)
ソ連映画『カーニバルの夜』(1956年)

現代映画やコメディーショーがあふれかえる今日だが、ロシア人はソ連映画やアニメを新年に繰り返し観るのが大好き。誰もが知っている名作をもう一度観返しながら、家族や友人とゆっくり過ごす。これを見ないと新年は始まらない?そんなロシアの有名なソ連映画の数々をご紹介。

 注目すべきは、数多くの古いソ連映画がソ連崩壊後にテレビで放送されるようになったことだ。その中には、ほぼ毎年放送されている映画もある。たとえば映画『運命の皮肉、あるいはいい湯を』は、25年以上も連続で大晦日に放送された。

ロシア人は、子どものころを思い出させるアニメも、喜んで観返している。12月、ソ連の伝説的アニメ『ウムカ』を生んだアニメスタジオ「ソユーズムリトフィルム」が、新作となる第3話の公開を発表した。第1話公開から50年経ったが、いまだに幅広い世代で愛されている作品だ。

タグ
文化, ロシア, 写真
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 毎年恒例の犬ぞりレース「Aviemore Sled Dog Rally」に参加するシベリアンハスキー スコットランド・ フェシエブリッジにて
    アップデート: 2020年01月24日 19:05
    2020年01月24日 19:05

    今週のベストショット 1月18日-1月24日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    15
  • 扇子をもって春節の到来を祝う北京市民
    アップデート: 2020年01月23日 21:42
    2020年01月23日 21:42

    肺炎流行中に祝日:北京はどう春節を迎えるのか

    中国では、まもなく春節を迎える。北京では、すでに多くの市民が春節の到来を心待ちにしていたが、中国政府は、これ以上の新型肺炎の感染を防ぐため全ての行事を中止することを発表した。

    12
  • EBIOSの完成予想図 外観
    アップデート: 2020年01月23日 00:01
    2020年01月23日 00:01

    地球脱出はすぐそこ? SFの世界を実現へ

    パリに拠点を置くスタートアップ「インターステラーラボ(Interstellar Lab)」が、米カリフォルニア州にあるモハーベ砂漠に、火星体験を目的とした施設『EBIOS』の建設を計画していると発表した。

    9
  • 温泉につかる市民
    アップデート: 2020年01月21日 21:05
    2020年01月21日 21:05

    憩いのひと時を:北朝鮮にリゾート施設がオープン

    1月14日、北朝鮮中部に位置する平安南道に「陽徳(ヤンドク)温泉文化休養地」がオープンした。訪問者第一号となったのは建設作業員とその家族たち。一足先に楽しんだようだ。

    7