17:02 2020年10月26日
  • タール火山噴火のようす タガイタイにて
  • 噴火で倒れた木々の除去作業に追われる男性 タリサイ市にて
  • 観覧車が真っ白に タガイタイにて
  • 火山灰で真っ白になった牛の親子 タリサイ市にて
  • 火山灰に覆われたトイレ タガイタイにて
  • 火山灰を掃くマクドナルドの従業員 タリサイ市にて
  • 水上アスレチックも火山灰で覆われた タリサイ市にて
  • 火山灰と倒木に覆われたプール タガイタイにて
  • 火山灰で汚れたマクドナルドの看板 タガイタイにて
  • 火山灰まみれになった地域に佇む一匹の犬 タリサイ市にて
  • 火山灰で覆われたバスケットコート タリサイ市にて
  • 真っ白になった通りをさまよう馬 タガイタイにて
  • 倒木によって半壊した家 バタンガスにて
  • 火山灰に覆われた町並み バタンガスにて
© REUTERS / Eloisa Lopez
タール火山噴火のようす タガイタイにて

フィリピンのタール火山噴火によって、近隣の町が火山灰に厚く覆われた。タール火山が位置するバタンガス州当局は災害事態宣言を発令。近隣住民に対し、外出の際はマスクを着用するよう呼びかけた。

首都マニラから約70km南にあるタール火山が12日午後に噴火し、激しい噴煙を上げた。さらに翌日13日早朝に火口から溶岩が噴出し始めるのが確認された。

火山付近の道路や集落は厚い火山灰に覆われ、住民は医療用マスクの供給不足を訴えている。

タグ
写真, フィリピン, 災害
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ロシアで開催されたメルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク
    アップデート: 2020年10月23日 21:56
    2020年10月23日 21:56

    今週のベストショット 10月17日―10月23日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • ロシア人画家、アンドレイ・タルソフ氏による「COVID-19 サバイバルガイドライン」
    アップデート: 2020年10月22日 18:44
    2020年10月22日 18:44

    ピンナップで「ステイホーム」 ロシア人画家によるコロナ指南書

    米カリフォルニア州ロサンゼルスを拠点に活動するロシア人アーティストのアンドレイ・タルソフさんは、新型コロナウイルスから身を守るための「COVID-19サバイバルガイドライン」をピンナップ風に描いている。

    9
  • エチオピアのアムハラ地方の農園で、バッタの死骸を手に取る女性(10月15日)
    アップデート: 2020年10月21日 22:24
    2020年10月21日 22:24

    エチオピアで四半世紀ぶりの蝗害 深刻な食糧危機に

    アフリカ東部のエチオピアでは、過去25年間で最悪といわれている蝗害が現在も続いており、バッタの大群に農作物を食い荒らされた農家たちが悲鳴を上げている。

    12
  • 神楽殿で、マウスシールドを着用してお囃子を演奏する神楽師(10月18日)
    アップデート: 2020年10月19日 21:49
    2020年10月19日 21:49

    コロナで延期の浅草・三社祭 規模縮小で開催

    新型コロナウイルスの感染拡大で延期されていた東京・浅草の「三社祭」が18日、感染対策を行ったうえ、規模を縮小して開催された。

    10