09:42 2020年02月21日
  • 扇子をもって春節の到来を祝う北京市民
  • 飾り付けの写真撮影を邪魔しないようにしゃがみ込む子ども
  • 通りはきらびやかなイルミネーションで飾りつけられている
  •  かわいらしいねずみのイラストも
  • 赤色が美しく輝く通りが市民でにぎわう
  • 大通りには「福」のオブジェが登場
  • 色鮮やかにライトアップされた町並み
  • ねずみ耳のぼうしをかぶる少年たち
  • 美しくライトアップされた正陽橋
  • 春節仕様の飴細工も楽しめる
  • 色鮮やかにライトアップされた町並み
  • 真っ赤な服に身を包む少女
© Sputnik / Varvara Kotsebuk
扇子をもって春節の到来を祝う北京市民

中国では、まもなく春節を迎える。北京では、すでに多くの市民が春節の到来を心待ちにしていたが、中国政府は、これ以上の新型肺炎の感染を防ぐため全ての行事を中止することを発表した。

北京市文化観光局は、春節期間中、行事を中止し人が集まる機会を減らすなどし、新型肺炎の拡散防止のため管理強化を続行する予定。

しかし、これで市民が祝日を放り出してしまうわけではない。行事は軒並み中止になったものの、家族や親しい人たちと穏やかに連休を過ごす時間が増えるだろう。それでも祝日モードを味わいたい勇敢な市民は、北京のきらびやかにライトアップした様子をのぞきに行くのかもしれない。

春節は、月の満ち欠けを1ヶ月の基準とする太陰暦に則っており、冬至を過ぎてから2回目の新月が上がる日と定められている。そのため、時期は毎年1月21日から2月21日の間で大きく変動する。今年は1月25日から30日までだ。

事態が収束し、これから沢山の幸運が訪れるよう新年を祝う方法を、スプートニクのインフォグラフィックにてご覧いただけます。

タグ
中国, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • ジェンツーペンギンのコロニー 南極・スノー島にて
    アップデート: 2020年02月20日 09:50
    2020年02月20日 09:50

    南極のペンギン、気候変動により70年代から77%減

    南極西部に生息するヒゲペンギンの数が、1970年代の調査以来77%も減少していると、遠隔地での気候変動の影響を研究している科学者たちが明かした。

    17
  • 西シベリア原産のライカ犬種、ウエスト・シベリアン・ライカ 森で狩猟中
    アップデート: 2020年02月19日 18:50
    2020年02月19日 18:50

    こんなロシアはご存知? カレリア共和国の冬

    首都モスクワは、人口1200万人を超えるヨーロッパ最大の都市。モスクワだけでなく、古都サンクトペテルブルグや極東の港町ウラジオストクなど、各都市は日々発展を続けている。しかし、そんな都会から少し離れれば、手付かずの大自然が残っているのもロシアの魅力。今回は、北西部に位置するカレリア共和国についてご紹介。

    14
  • マレフィセントに身を扮した参加者
    アップデート: 2020年02月17日 22:43
    2020年02月17日 22:43

    仮面舞踏会の本場:ベネチア・カーニバル開催

    イタリア・ベネチアでは今月8日から25日までの2週間、「世界三大カーニバル」にも数えられるベネチア・カーニバルが開催されている。ベネチアといえば仮面舞踏会発祥の地。参加者たちは中世ヨーロッパを彷彿とさせる格好でベネチアの街を闊歩する。

    15
  • アップデート: 2020年02月14日 19:33
    2020年02月14日 19:33

    今週のベストショット 2月8日-2月14日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    17