12:10 2020年04月01日
  • 車が1台も通っていない 武漢市の道路
  • 薬局に訪れる武漢市民 
  • 人気のない商店街
  • 静まり返ったスーパーに買い物客が1人
  • がら空きの道路
  • いつもは買い物客で賑わう店も、今はわずかに来るのみ
  • ほとんどの店がシャッターを閉めている
  • 人気のない目抜き通り
  • ほとんどの店がシャッターを閉めている
  • 閑散とした武漢の道路
© REUTERS / Instagram / Emilia
車が1台も通っていない 武漢市の道路

新型コロナウイルスの感染者数は増加の一途をたどっている。その発端となった武漢市は、ほぼゴーストタウンと化した。高層マンションが立ち並び、経済発展を遂げたこれほどの大都市にもいまや人気は無く、店は軒並み閉まっているか、営業を続けている店でも客はほとんど見かけられない。

現在、数百万人の武漢市民が孤立状態となっている。武漢市当局は、これ以上の流行を防ぐため他都市へ接続する交通機関をストップさせ、市民には自宅で待機するよう呼びかけた。

最新情報によると、中国では新型コロナウイルスによる肺炎の死者が170人、感染者は7711人となった。

新型コロナウイルスに関する他の重要な疑問についてはスプートニクのこちらの記事をお読みください。

トピック
新型コロナウイルス (588)
タグ
中国, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • テディベアを使ってソーシャル・ディスタンスの例を提示(フランス・パリ)
    アップデート: 2020年03月31日 21:50
    2020年03月31日 21:50

    距離を保とう:「ソーシャルディスタンス」を実践する人々

    コロナウイルスの感染が拡大している現在、「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」という言葉が新たに注目を浴びている。これは、他人との距離を1.8メートル保ち、濃厚接触を避ける意味を持っており、各国の市民がこれを実践しながら生活を送っている。

    15
  • 赤の広場(ロシア・モスクワ)
    アップデート: 2020年03月31日 10:33
    2020年03月31日 10:33

    世界180都市で開催 消灯イベント「EARTH HOUR 2020」

    3月28日、世界自然保護基金(WWF)の消灯イベント「EARTH HOUR」が世界180都市で開催された。各地の現地時間午後8時から9時までの1時間、建物の照明が落とされ、街には本来の夜の暗闇が再現された。

    11
  • グム百貨店(モスクワ)
    アップデート: 2020年03月30日 19:25
    2020年03月30日 19:25

    ロシア、非労働週間始まる 街並みのビフォーアフター

    ロシアでは本日3月30日から、4月5日までの非労働週間が始まった。モスクワの赤の広場に面したグム百貨店や全国各地の大型ショッピングモールなどは一時的に営業を停止しており、街はいつもよりも静けさが漂っている。

    9
  • スクーターで街を走る武漢市民
    アップデート: 2020年03月28日 10:45
    2020年03月28日 10:45

    来月8日、封鎖解除 日常が戻りつつある中国・武漢

    今や世界的大流行(パンデミック)となった新型コロナウイルスの震源地、中国湖北省武漢市。今年1月下旬、市当局は感染拡大を防ぐため交通機関を停止し、市民に自宅待機を呼びかけた。しかし、最近は新たな感染者が減少したことから、湖北省当局は来月8日に封鎖の措置を解除することを発表した。

    14