12:02 2020年04月01日
  • アウシュヴィッツ解放から75年を迎え、ポーランド南部オシフィエンチムの収容所跡で追悼式典が行われた 
  • メルケル首相、エルドアン大統領からプレゼントを受け取る イスタンブールのトルコ=ドイツ大学にて
  • 高解像度の太陽の表面 ダニエル・K・イノウエ太陽望遠鏡(DKIST)撮影
  • マスク越しにキスをするカップル 香港の地下鉄にて
  • 雪かきで大忙し ロシア・モスクワ大学前の雀が丘にて
  • 地すべりによる行方不明者の捜索にあたる消防隊員 ブラジル・ミナスジェライス州にて
  • ロシアのヴィクトリア・シニツィナ/ ニキータ・カツァラポフ組 アイスダンスフリースケーティング(FS) 欧州選手権にて 
  • 庭の前にできる雪の吹き溜まり ロシア・ノヴォシビルスクにて
  • 「白鳥の湖」のリハーサル中のロシアのバレリーナ コロンビア・ボゴタにて
  • 急逝したコービー・ブライアントさんをしのぶファンの姿 カリフォルニア・ロサンゼルスにて
  • タイムズ・スクエアに光るシーソーが登場
  • 雪が降り積もった後、皿洗いをする女性 インド・ジャンムー・カシミール州の街シュリーナガルにて
  • 旧正月を祝うライオンの着ぐるみに子どもたちは興味津々 インドネシア・ジャカルタにて
  • 北京からノヴォシビルスクへ到着したS7航空の客室乗務員 
  • ウルグアイの首都モンテビデオから南極大陸へ向かうロシアの調査船
© Sputnik / Alexey Vitvitsky
アウシュヴィッツ解放から75年を迎え、ポーランド南部オシフィエンチムの収容所跡で追悼式典が行われた 

スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

ポーランドはアウシュヴィッツから解放から75年を迎え、米カリフォルニアでは元NBAのスター選手、コービー・ブライアントさんがヘリコプターの事故により急逝。フィギュアスケート欧州選手権ではロシア勢が表彰台を独占した。今週一週間の出来事を、スプートニクの写真でご覧ください。

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • テディベアを使ってソーシャル・ディスタンスの例を提示(フランス・パリ)
    アップデート: 2020年03月31日 21:50
    2020年03月31日 21:50

    距離を保とう:「ソーシャルディスタンス」を実践する人々

    コロナウイルスの感染が拡大している現在、「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」という言葉が新たに注目を浴びている。これは、他人との距離を1.8メートル保ち、濃厚接触を避ける意味を持っており、各国の市民がこれを実践しながら生活を送っている。

    15
  • 赤の広場(ロシア・モスクワ)
    アップデート: 2020年03月31日 10:33
    2020年03月31日 10:33

    世界180都市で開催 消灯イベント「EARTH HOUR 2020」

    3月28日、世界自然保護基金(WWF)の消灯イベント「EARTH HOUR」が世界180都市で開催された。各地の現地時間午後8時から9時までの1時間、建物の照明が落とされ、街には本来の夜の暗闇が再現された。

    11
  • グム百貨店(モスクワ)
    アップデート: 2020年03月30日 19:25
    2020年03月30日 19:25

    ロシア、非労働週間始まる 街並みのビフォーアフター

    ロシアでは本日3月30日から、4月5日までの非労働週間が始まった。モスクワの赤の広場に面したグム百貨店や全国各地の大型ショッピングモールなどは一時的に営業を停止しており、街はいつもよりも静けさが漂っている。

    9
  • スクーターで街を走る武漢市民
    アップデート: 2020年03月28日 10:45
    2020年03月28日 10:45

    来月8日、封鎖解除 日常が戻りつつある中国・武漢

    今や世界的大流行(パンデミック)となった新型コロナウイルスの震源地、中国湖北省武漢市。今年1月下旬、市当局は感染拡大を防ぐため交通機関を停止し、市民に自宅待機を呼びかけた。しかし、最近は新たな感染者が減少したことから、湖北省当局は来月8日に封鎖の措置を解除することを発表した。

    14