04:12 2020年04月01日
  • 米国の俳優ホアキン・フェニックス 『ジョーカー』で主演男優賞に輝いた
  • 米国の女優ローラ・ダーン 『マリッジ・ストーリー』で助演女優賞を初受賞
  • 米国の女優レネー・ゼルウィガー 『ジュディ 虹の彼方に』で主演女優賞受賞
  • ニュージーランドの映画監督・脚本家タイカ・ワイティティ 『ジョジョ・ラビット』で脚色賞を受賞
  • 米国の俳優ブラッド・ピット 『Once Upon a Time in Hollywood』で助演男優賞を受賞
  • イングランドの俳優ジェームズ・コーデンと豪州の女優レベル・ウィルソン ミュージカル映画『キャッツ』の衣装で登場 
  • 英国の歌手シンシア・エリヴォ 歌曲賞ノミネートの 『ハリエット』 の主題歌『スタンド・アップ』を歌唱
  • 今回のプレゼンターを務めた米国の女優ジェーン・フォンダ 
  • 米国の歌手ジャネール・モネイ 『ミッドサマー』の衣装でパフォーマンスを披露 
  • 英国のミュージシャン エルトン・ジョン 『ロケットマン』の主題歌『Im Gonna Love Me Again』で歌曲賞を受賞し、舞台で披露
  • 英国の俳優ジャレッド・ハリスと妻のアレグラ・リッジオさん
  • ブラジルのスーパーモデル アドリアナ・リマ  アフターパーティに出席
  • アイスランドの作曲家ヒドゥル・グドナドッティル 『ジョーカー』のサントラを手がけ作曲賞を受賞
  • 米国のシンガーソングライター ランディ・ニューマン 作曲賞にノミネート された『トイ・ストーリー4』作中の曲『I Can't Let You Throw Yourself Away』を披露
  • 韓国の脚本家ハン・ジンウォン(左)と映画監督ポン・ジュノ(右) 映画「パラサイト 半地下の家族」で4つのオスカーを受賞
© REUTERS / Mario Anzuoni
米国の俳優ホアキン・フェニックス 『ジョーカー』で主演男優賞に輝いた

第92回アカデミー賞授賞式が10日(現地時間9日)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われ、韓国のポン・ジュノ監督がメガホンをとった『パラサイト 半地下の家族』が作品賞を受賞した。非英語映画が作品賞を受賞するのはこれが初めてとなった。

韓国社会に潜む貧困を描いたこの映画は、作品賞のほか、監督賞、国際長編映画賞、脚本賞の合計4部門で受賞し、歴史的快挙を達成した。

主演男優賞には2019年の映画『ジョーカー』で怪演をみせたホアキン・フェニックス氏が輝いた。受賞後のスピーチでは、涙を見せながら感謝の言葉を連ね、環境問題に関しても言及するなど会場に熱い言葉を投げかけた。

驚きと喜びに満ちた会場の様子を、スプートニクの写真でご覧ください。

タグ
オスカー・アカデミー賞, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • テディベアを使ってソーシャル・ディスタンスの例を提示(フランス・パリ)
    アップデート: 2020年03月31日 21:50
    2020年03月31日 21:50

    距離を保とう:「ソーシャルディスタンス」を実践する人々

    コロナウイルスの感染が拡大している現在、「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」という言葉が新たに注目を浴びている。これは、他人との距離を1.8メートル保ち、濃厚接触を避ける意味を持っており、各国の市民がこれを実践しながら生活を送っている。

    15
  • 赤の広場(ロシア・モスクワ)
    アップデート: 2020年03月31日 10:33
    2020年03月31日 10:33

    世界180都市で開催 消灯イベント「EARTH HOUR 2020」

    3月28日、世界自然保護基金(WWF)の消灯イベント「EARTH HOUR」が世界180都市で開催された。各地の現地時間午後8時から9時までの1時間、建物の照明が落とされ、街には本来の夜の暗闇が再現された。

    11
  • グム百貨店(モスクワ)
    アップデート: 2020年03月30日 19:25
    2020年03月30日 19:25

    ロシア、非労働週間始まる 街並みのビフォーアフター

    ロシアでは本日3月30日から、4月5日までの非労働週間が始まった。モスクワの赤の広場に面したグム百貨店や全国各地の大型ショッピングモールなどは一時的に営業を停止しており、街はいつもよりも静けさが漂っている。

    9
  • スクーターで街を走る武漢市民
    アップデート: 2020年03月28日 10:45
    2020年03月28日 10:45

    来月8日、封鎖解除 日常が戻りつつある中国・武漢

    今や世界的大流行(パンデミック)となった新型コロナウイルスの震源地、中国湖北省武漢市。今年1月下旬、市当局は感染拡大を防ぐため交通機関を停止し、市民に自宅待機を呼びかけた。しかし、最近は新たな感染者が減少したことから、湖北省当局は来月8日に封鎖の措置を解除することを発表した。

    14