21:35 2020年04月01日
  • 音楽フェス「World of Drum&Bass」を訪れた女性 (ロシア・モスクワ)
  • 地下鉄で列車を待つ女性(英国・ロンドン)
  • 口元がプリントアウトされたマスクを着用する男性 (フィリピン)
  • マスクを着用してミサに出席するカトリック教徒(フィリピン・マニラ)
  • マスクを着用する地下鉄の乗客(日本・東京)
  • 通りを歩く男性(メキシコ・メキシコシティ)
  • 通勤中の女性(マレーシア・クアラルンプール)
  • 猿の口元がプリントされたマスクを着用する男性(香港)
  • 花柄のマスクをした買い物客(タイ・バンコク)
  • 黒いマスクをする男性(タイ・バンコク)
  • NASAのロゴのマスクをした男性(イラン・テヘラン)
  • ホテルの警備員もマスクを(タイ・バンコク)
  • 合同結婚式でもマスクを着用する参加者(韓国・ソウル)
  • 演劇グループのメンバーたちがボランティアで手作りのマスクを作成(香港)
  • 赤の広場を訪れた観光客(ロシア・モスクワ)
  • マスクを着けて外出する女性(日本・東京)
  • マスクで顔を覆ったサイクリスト(イラン・テヘラン)
  • 天安門広場を訪れた観光客 (中国・北京)
© Sputnik / Vladimir Trefilov
音楽フェス「World of Drum&Bass」を訪れた女性(ロシア・モスクワ)

中国武漢市から始まった新型コロナウイルスは今、世界中に猛威をふるっている。この影響で、日本のみならず普段マスクをする習慣のない国でもここ数週間のうちに一気に需要が高まった。しかしマスクの色は白一辺倒というわけではなく、形や柄までも十人十色だ。様々なマスクでウイルス対策をする世界中の人々をスプートニクでご紹介。

しかし、突然の需要の高まりにマスクの供給が追いつかず、世界各地で買占め騒動が起きている。香港では医療マスクを盗んだ男性が逮捕されたり、米国では人々が可能な限り購入しようと売り場に殺到、価格が高騰するなど混乱が生じている。

日本も依然としてマスクの品薄状態が続いている。3日、菅官房長官は閣議後の記者会見で、今月にはマスクの月産6億枚を超える規模に供給が拡大すると述べた

 

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • オンライン会議に参加した「ネコ共和国」の猫
    アップデート: 2020年04月01日 19:00
    2020年04月01日 19:00

    猫とコロナにまつわるQ&A ロシアでオンライン会議開催

    「猫もコロナウイルスに感染する?」「猫から人に感染する?」「室内で安全に飼う方法は?」こうした疑問を解消すべく、3月27日、ロシアの週刊誌「論拠と事実」がオンライン会議を開催した。この会議には人間だけでなく、サンクトペテルブルクにある猫カフェ「ネコ共和国」に所属する猫たちも参加した。

    8
  • テディベアを使ってソーシャル・ディスタンスの例を提示(フランス・パリ)
    アップデート: 2020年03月31日 21:50
    2020年03月31日 21:50

    距離を保とう:「ソーシャルディスタンス」を実践する人々

    コロナウイルスの感染が拡大している現在、「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」という言葉が新たに注目を浴びている。これは、他人との距離を1.8メートル保ち、濃厚接触を避ける意味を持っており、各国の市民がこれを実践しながら生活を送っている。

    15
  • 赤の広場(ロシア・モスクワ)
    アップデート: 2020年03月31日 10:33
    2020年03月31日 10:33

    世界180都市で開催 消灯イベント「EARTH HOUR 2020」

    3月28日、世界自然保護基金(WWF)の消灯イベント「EARTH HOUR」が世界180都市で開催された。各地の現地時間午後8時から9時までの1時間、建物の照明が落とされ、街には本来の夜の暗闇が再現された。

    11
  • グム百貨店(モスクワ)
    アップデート: 2020年03月30日 19:25
    2020年03月30日 19:25

    ロシア、非労働週間始まる 街並みのビフォーアフター

    ロシアでは本日3月30日から、4月5日までの非労働週間が始まった。モスクワの赤の広場に面したグム百貨店や全国各地の大型ショッピングモールなどは一時的に営業を停止しており、街はいつもよりも静けさが漂っている。

    9