21:11 2020年04月01日
  • コンスタンチン・チャラボフさん(ロシア・モスクワ出身) iPhone 11 Proで撮影 
  • ミツン・ソニさん(インド・ムンバイ出身) iPhone 11 Proで撮影 
  • ユー・エリック・チャンさん(中国・北京出身) iPhone 11 Pro Maxで撮影
  • ルスタム・シャギモルダノフさん(ロシア・モスクワ出身)  iPhone 11で撮影 
  • ルベン・ベスコスさん(スペイン・パンプローナ出身) iPhone 11 Pro Maxで撮影
  • アンドレイ・マヌイロフさん(ロシア・モスクワ出身) iPhone 11 Pro Maxで撮影
コンスタンチン・チャラボフさん(ロシア・モスクワ出身) iPhone 11 Proで撮影 

Apple社が今年1月に開催したフォトコンテスト「Shot on iPhoneナイトモードで撮影チャレンジ」の受賞作品が発表された。厳正な審査の結果選ばれたのは、中国、インド、スペイン、ロシア出身の6名が撮影した写真たち。スマートフォンで撮影したとは思えないほど本格的で美しいナイトショットをご覧いただこう。

このコンテストについては今年1月、スプートニクでも詳しく取り上げた。参加方法は簡単で、iPhone 11、11 Pro、 11 Pro Maxのいずれかの機種のナイトモードで撮影し、その写真をインスタグラムとツイッターにハッシュタグ#NightmodeChallengeをつけて投稿するという手順だ。インスタグラムには、惜しくも受賞を逃した素敵な夜の写真が沢山掲載されているので、気になる方は要チェックだ。

なお、これら6つの受賞作品は、Apple社公式サイトや公式インスタグラムで紹介されるほか、世界中で屋外広告などにも使用されるという。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • オンライン会議に参加した「ネコ共和国」の猫
    アップデート: 2020年04月01日 19:00
    2020年04月01日 19:00

    猫とコロナにまつわるQ&A ロシアでオンライン会議開催

    「猫もコロナウイルスに感染する?」「猫から人に感染する?」「室内で安全に飼う方法は?」こうした疑問を解消すべく、3月27日、ロシアの週刊誌「論拠と事実」がオンライン会議を開催した。この会議には人間だけでなく、サンクトペテルブルクにある猫カフェ「ネコ共和国」に所属する猫たちも参加した。

    8
  • テディベアを使ってソーシャル・ディスタンスの例を提示(フランス・パリ)
    アップデート: 2020年03月31日 21:50
    2020年03月31日 21:50

    距離を保とう:「ソーシャルディスタンス」を実践する人々

    コロナウイルスの感染が拡大している現在、「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」という言葉が新たに注目を浴びている。これは、他人との距離を1.8メートル保ち、濃厚接触を避ける意味を持っており、各国の市民がこれを実践しながら生活を送っている。

    15
  • 赤の広場(ロシア・モスクワ)
    アップデート: 2020年03月31日 10:33
    2020年03月31日 10:33

    世界180都市で開催 消灯イベント「EARTH HOUR 2020」

    3月28日、世界自然保護基金(WWF)の消灯イベント「EARTH HOUR」が世界180都市で開催された。各地の現地時間午後8時から9時までの1時間、建物の照明が落とされ、街には本来の夜の暗闇が再現された。

    11
  • グム百貨店(モスクワ)
    アップデート: 2020年03月30日 19:25
    2020年03月30日 19:25

    ロシア、非労働週間始まる 街並みのビフォーアフター

    ロシアでは本日3月30日から、4月5日までの非労働週間が始まった。モスクワの赤の広場に面したグム百貨店や全国各地の大型ショッピングモールなどは一時的に営業を停止しており、街はいつもよりも静けさが漂っている。

    9