21:28 2020年04月01日
  • 建物に巨大なヘビが!
  • 恐竜と散歩する少女
  • 足が生えた車
  • ロストラの灯台に多数の監視カメラが
  • 巨大な蛾が出現!
  • バスを運転するのはロボット
  • 意思を持ち始めた集合住宅、街を闊歩
  • ダイナミックに駅に到着する電車
  • 巨大なタコがバスに乗車
  • オオトカゲが出現
  • シロクマに跨って街をパトロールする警官 
  • 巨大化したハトが街を見つめる
© 写真 : Vadim Solovyov
建物に巨大なヘビが!

ロシア第二の都市・サンクトペテルブルグ出身のアーティスト、ヴァディム・ソロヴィヨフさんはペテルブルグの町並みを「コラージュ」し、現実と幻想が入り混じったふしぎな写真を作成している。

ソロヴィヨフさんは去年1月ごろから自身のインスタグラムにこのようなユニークな写真をアップし始め、今では2.3万人のフォロワーが彼の写真を楽しんでいる。

今回は、そんな彼の写真からイチオシのものを選んでご紹介!

タグ
ロシア, おもしろい, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • オンライン会議に参加した「ネコ共和国」の猫
    アップデート: 2020年04月01日 19:00
    2020年04月01日 19:00

    猫とコロナにまつわるQ&A ロシアでオンライン会議開催

    「猫もコロナウイルスに感染する?」「猫から人に感染する?」「室内で安全に飼う方法は?」こうした疑問を解消すべく、3月27日、ロシアの週刊誌「論拠と事実」がオンライン会議を開催した。この会議には人間だけでなく、サンクトペテルブルクにある猫カフェ「ネコ共和国」に所属する猫たちも参加した。

    8
  • テディベアを使ってソーシャル・ディスタンスの例を提示(フランス・パリ)
    アップデート: 2020年03月31日 21:50
    2020年03月31日 21:50

    距離を保とう:「ソーシャルディスタンス」を実践する人々

    コロナウイルスの感染が拡大している現在、「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」という言葉が新たに注目を浴びている。これは、他人との距離を1.8メートル保ち、濃厚接触を避ける意味を持っており、各国の市民がこれを実践しながら生活を送っている。

    15
  • 赤の広場(ロシア・モスクワ)
    アップデート: 2020年03月31日 10:33
    2020年03月31日 10:33

    世界180都市で開催 消灯イベント「EARTH HOUR 2020」

    3月28日、世界自然保護基金(WWF)の消灯イベント「EARTH HOUR」が世界180都市で開催された。各地の現地時間午後8時から9時までの1時間、建物の照明が落とされ、街には本来の夜の暗闇が再現された。

    11
  • グム百貨店(モスクワ)
    アップデート: 2020年03月30日 19:25
    2020年03月30日 19:25

    ロシア、非労働週間始まる 街並みのビフォーアフター

    ロシアでは本日3月30日から、4月5日までの非労働週間が始まった。モスクワの赤の広場に面したグム百貨店や全国各地の大型ショッピングモールなどは一時的に営業を停止しており、街はいつもよりも静けさが漂っている。

    9