21:17 2020年04月01日
  • マスク着用のマネキン(グルジア・トビリシ)
  • トルコ・ギリシャ国境で移民と警官が衝突
  • クリミア・クラスノダール間の郊外鉄道が開通(ロシア)
  • ヒンドゥー教の春祭り「ホーリー」(インド・アラーハーバード)
  • 為替レートのディスプレイ(ロシア・モスクワ)
  • 東京五輪の聖火採火式(ギリシャ・古代オリンピア)
  • ドルマバフチェ宮殿内を消毒する職員(トルコ・イスタンブール)
  • トルコとの国境にある油田(シリア)
  • オートバイの修理屋で客を待つ店員(インドネシア・ジャカルタ)
  • 湖のほとりにあるボートのガレージ(ロシア・カレリア共和国)
  • 左から ダリア・ウサチョワ選手(13)とカミラ・ヴァリエヴァ選手(13)世界ジュニア選手権女子シングル入賞
  • 満月と飛行機(ドイツ・フランクフルト)
  • 反政府デモの参加者と警察の衝突(ベネズエラ・カラカス)
  • トナカイの群れ(ロシア・ムルマンスク)
  • 難民キャンプの子どもたち(シリア・イドリブ)
  • 3月8日の国際婦人デーに行なわれたイベントの参加者(ベラルーシ・ミンスク)
  • スラム街での火災発生後の様子(バングラデシュ・ダッカ)
  • 国際婦人デーのイベントに参加する女性(ロシア・ロストフ)
  • アマチュアの馬術競技会が開催(ロシア・クラスノヤルスク)
© Sputnik / Stringer
マスク着用のマネキン(グルジア・トビリシ)

スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

8日には世界ジュニアフィギュアスケート選手権が終了し、女子シングルではロシア勢がメダルを獲得。12日、ギリシャ・古代オリンピアでは、無観客となりつつも東京五輪の聖火採火式が行なわれた。

今週一週間の出来事をスプートニクの写真でご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • オンライン会議に参加した「ネコ共和国」の猫
    アップデート: 2020年04月01日 19:00
    2020年04月01日 19:00

    猫とコロナにまつわるQ&A ロシアでオンライン会議開催

    「猫もコロナウイルスに感染する?」「猫から人に感染する?」「室内で安全に飼う方法は?」こうした疑問を解消すべく、3月27日、ロシアの週刊誌「論拠と事実」がオンライン会議を開催した。この会議には人間だけでなく、サンクトペテルブルクにある猫カフェ「ネコ共和国」に所属する猫たちも参加した。

    8
  • テディベアを使ってソーシャル・ディスタンスの例を提示(フランス・パリ)
    アップデート: 2020年03月31日 21:50
    2020年03月31日 21:50

    距離を保とう:「ソーシャルディスタンス」を実践する人々

    コロナウイルスの感染が拡大している現在、「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」という言葉が新たに注目を浴びている。これは、他人との距離を1.8メートル保ち、濃厚接触を避ける意味を持っており、各国の市民がこれを実践しながら生活を送っている。

    15
  • 赤の広場(ロシア・モスクワ)
    アップデート: 2020年03月31日 10:33
    2020年03月31日 10:33

    世界180都市で開催 消灯イベント「EARTH HOUR 2020」

    3月28日、世界自然保護基金(WWF)の消灯イベント「EARTH HOUR」が世界180都市で開催された。各地の現地時間午後8時から9時までの1時間、建物の照明が落とされ、街には本来の夜の暗闇が再現された。

    11
  • グム百貨店(モスクワ)
    アップデート: 2020年03月30日 19:25
    2020年03月30日 19:25

    ロシア、非労働週間始まる 街並みのビフォーアフター

    ロシアでは本日3月30日から、4月5日までの非労働週間が始まった。モスクワの赤の広場に面したグム百貨店や全国各地の大型ショッピングモールなどは一時的に営業を停止しており、街はいつもよりも静けさが漂っている。

    9