20:49 2020年04月01日
  • 「家に留まって」(南アフリカ・ケープタウン)
  • 部屋の明かりでハートを描くホテル(ドイツ・フランクフルト)
  • 6フット(約1.8メートル)距離を空けるように呼びかけ(米ニューヨーク・マンハッタン)
  • 「DON'T PANIK(パニックにならないで)」(イスラエル・テルアビブ)
  • 「私たちは家にいます、あなたも家にいてください」(フランス・ボルドー)
  • 「STAY AWAY COVID-19」(英国)
  • 「WASH YOUR HANDS(手を洗って)」(北アイルランド・ベルファスト)
  • コメディー広場にて「家にいましょう」(フランス・モンペリエ)
  • マスク収集車(米国・カリフォルニア)
  • 「STAY AT HOME」と家に留まるよう促す電光掲示板(米国・インディアナ州)
  • 医療センターの前に掲げられた看板 熱やせきなどの症状がある場合は入店不可(英国・マンチェスター)
  • 閉店中の映画館「家に留まり、隣人・家族・ペットを愛そう」(米国・カリフォルニア州)
  • 「手で触れた部分をこまめに除菌剤で拭きましょう」(ロシア・モスクワ)
  • 「一緒に健康と距離を保とう」(ドイツ・ベルリン)
  • パラマウント・シアター「距離を保って団結しよう」(米マサチューセッツ州・ボストン)
  • 閉鎖中のリグレー・フィールド「再会するまで元気で、安静にしていよう」(米イリノイ州・シカゴ)
© AP Photo / Nardus Engelbrecht
「家に留まって」(南アフリカ・ケープタウン)

24日、インド政府が国内全土を封鎖することを発表したことにより、今や世界の全人口の3分の1が外出制限を課される事態となった。また、イタリアでは外出禁止令違反者への罰金を最大で35万円に引き上げるなど、厳しい姿勢がとられている。そんな世界各地で、市民を家に留まらせようと呼びかける看板が多数登場している。

マンションの壁や自動車道路の電光掲示板、広場など、街中のいたるところで「家にいよう」「手を洗おう」などのメッセージを受け取ることができる。

また、アウディやフォルクスワーゲンといった有名企業が一時的にロゴを変更するなど、世界で「互いに距離を保つ」ことの重要さを強調している。

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • オンライン会議に参加した「ネコ共和国」の猫
    アップデート: 2020年04月01日 19:00
    2020年04月01日 19:00

    猫とコロナにまつわるQ&A ロシアでオンライン会議開催

    「猫もコロナウイルスに感染する?」「猫から人に感染する?」「室内で安全に飼う方法は?」こうした疑問を解消すべく、3月27日、ロシアの週刊誌「論拠と事実」がオンライン会議を開催した。この会議には人間だけでなく、サンクトペテルブルクにある猫カフェ「ネコ共和国」に所属する猫たちも参加した。

    8
  • テディベアを使ってソーシャル・ディスタンスの例を提示(フランス・パリ)
    アップデート: 2020年03月31日 21:50
    2020年03月31日 21:50

    距離を保とう:「ソーシャルディスタンス」を実践する人々

    コロナウイルスの感染が拡大している現在、「ソーシャル・ディスタンス(社会的距離)」という言葉が新たに注目を浴びている。これは、他人との距離を1.8メートル保ち、濃厚接触を避ける意味を持っており、各国の市民がこれを実践しながら生活を送っている。

    15
  • 赤の広場(ロシア・モスクワ)
    アップデート: 2020年03月31日 10:33
    2020年03月31日 10:33

    世界180都市で開催 消灯イベント「EARTH HOUR 2020」

    3月28日、世界自然保護基金(WWF)の消灯イベント「EARTH HOUR」が世界180都市で開催された。各地の現地時間午後8時から9時までの1時間、建物の照明が落とされ、街には本来の夜の暗闇が再現された。

    11
  • グム百貨店(モスクワ)
    アップデート: 2020年03月30日 19:25
    2020年03月30日 19:25

    ロシア、非労働週間始まる 街並みのビフォーアフター

    ロシアでは本日3月30日から、4月5日までの非労働週間が始まった。モスクワの赤の広場に面したグム百貨店や全国各地の大型ショッピングモールなどは一時的に営業を停止しており、街はいつもよりも静けさが漂っている。

    9