21:33 2020年05月25日
  • グム百貨店(モスクワ)
  • 大型ショッピングモールの駐車場(モスクワ州ヒムキ)
  • ショッピングモール  エスカレーターに「立ち入り禁止」の看板(モスクワ)
  • ショッピングセンター フードコートのテーブルは撤去(ノヴォシビルスク)
  • ショッピングモール ショーケースにカバー(モスクワ)
  • グム百貨店(モスクワ)
  • 人通りが減った大通り(モスクワ)
  • 営業停止中の店舗(サンクトペテルブルク)
  • 営業停止中のショッピングモール カフェのテーブルは撤去(ノヴォシビルスク)
© Sputnik / Ekaterina Chesnokova / Vladimir Astapkovich
グム百貨店(モスクワ)

ロシアでは本日3月30日から、4月5日までの非労働週間が始まった。モスクワの赤の広場に面したグム百貨店や全国各地の大型ショッピングモールなどは一時的に営業を停止しており、街はいつもよりも静けさが漂っている。

今回の非労働週間については25日、プーチン大統領がテレビ演説の中で発表した。なお、期間中も給料が支払われる。

さらに29日には、モスクワ市長によって全年齢のモスクワ市民を対象とした自主隔離の義務が発表され、正当な理由なしの外出が制限されることになった。

ロシア国内では感染者の数は増加の一途をたどっている。30日現在、感染者数は1836人に達した。そのうちの9人が死亡、66人が回復した。

タグ
ロシア, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 日光浴をする女性(英国、タインマウス)
    アップデート: 2020年05月22日 19:55
    2020年05月22日 19:55

    今週のベストショット 5月16日―5月22日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • ボブ・ティッセン氏が撮影した廃艦
    アップデート: 2020年05月21日 14:45
    2020年05月21日 14:45

    カメラマンが見た軍艦の墓場

    世界的「廃墟」カメラマンが、使命を終え、人目に触れない場所でひっそりと時を過ごす軍艦の写真を公開した。

    12
  • 大人数で使用できないようイスに置かれたワニの置物
(タイ、バンコク)
    アップデート: 2020年05月19日 23:05
    2020年05月19日 23:05

    公園にカフェ、モスクまで:新たな習慣となった「ソーシャルディスタンス」

    半年も経たないうちにパンデミックを引き起こした新型コロナウイルスによって、世界に「ソーシャルディスタンス(社会的距離)」というまったく新しいルールが生まれた。お互いの距離を保つという一見簡単なルールであるものの、生活を正常に戻していくための重要なカギとなっている。

    16
  • 中国・桂林市にある鍾乳洞「芦笛岩(ろてきがん)」
    アップデート: 2020年05月18日 21:15
    2020年05月18日 21:15

    知られざる地下世界:世界の珍しい洞窟14選

    地球の地下には、普段は人目に触れない絶景スポットが数多く存在する。今回は、そんな世界の14の洞窟をご紹介します。

    14