01:00 2020年09月27日
  • 原子力発電所の屋上から撮影された居住禁止区域での火災
  • 消火活動を行うヘリコプター
  • 原子力発電所から30 km地点 居住禁止区域での火災
  • 火災によって焼失した森林
  • 原子力発電所から30 km地点 居住禁止区域での火災
  • 火災によって焼失した森林
  • 原子力発電所から30 km地点 居住禁止区域での火災
  • 居住禁止区域の火災現場を歩く男性
  • 原子力発電所から30 km地点 居住禁止区域での火災
  • 火災によって焼失した森林
  • 原子力発電所から30 km地点 居住禁止区域での火災
  • 火災によって焼失した木
© AP Photo / Ukrainian Police Press Office
原子力発電所の屋上から撮影された居住禁止区域での火災

4月4日、ウクライナ・チェルノブイリ原子力発電所付近の居住禁止区域で起きた火災は、一週間経った現在も消火活動が続けられている。

最初の火災は、原発から半径30キロ圏内に位置し、立入禁止区域となっているウラジミロフカ村で発生した。その後周囲の森林地帯に延焼。これにより、約35ヘクタールが焼失した。

リアノーボスチ通信によると、現在、火災は原発に隣接するプリピャチ市まで到達し、高レベル放射性廃棄物の保管庫まで火の手が迫っているという。

なお、放火したとみられる人物の身元は既に特定され、刑事事件が提起された。

トピック
チェルノブイリの森林火災 (10)
タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • クリミア共和国で行われた気球祭りにドレス姿で参加した女性
    アップデート: 2020年09月25日 22:44
    2020年09月25日 22:44

    今週のベストショット 9月19日―9月25日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    17
  • シベリアンハスキーの目
    アップデート: 2020年09月23日 21:51
    2020年09月23日 21:51

    まるで異世界への扉? 動物たちの瞳のマクロ写真

    アルメニア出身のカメラマン、スレン・マンヴェリヤンさんは哺乳類や爬虫類、魚類に鳥類など様々な動物たちの瞳をマクロ撮影で捉えた写真シリーズ「Animal eyes」を自身のウェブサイトで公開している。

    12
  • 台湾の南投県・花蓮県の県境にある合歓山から見える天の川
    アップデート: 2020年09月21日 22:56
    2020年09月21日 22:56

    最も美しい星空スポットはどこ? 世界の「星空保護区」

    世界には、満点の星空を眺めることが出来るスポットが多数存在する。中でも、国際ダークスカイ協会が認定する「星空保護区」は、光が少なく暗闇が保たれており、地球で最も美しい星空が見られる場所だ。

    10
  • 9月13日、フィンランド北部のロヴァニエミで観測されたオーロラ
    アップデート: 2020年09月18日 21:05
    2020年09月18日 21:05

    今週のベストショット 9月12日―9月18日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19