03:05 2020年08月09日
  • 大統領の恩赦命令により釈放された受刑者とその家族 (ミャンマー、ヤンゴン)
  • イザルコ刑務所にて 新型コロナウイルス検査のため、すし詰め状態で座る受刑者たち(エルサルバドル、サンサルバドル)
  • 刑務所内の過密状態を訴える受刑者の親族(コロンビア、ボゴタ)
  • 暴動を起こす受刑者と上空を巡回する警察のヘリコプター(ブラジル、マヌアス)
  • 暴動により、数十名が死亡した刑務所の前で祈りをささげる受刑者の親族(ベネズエラ、グアナレ)
  • 新型コロナウイルスによる死者がでたことで暴動が発生した刑務所の前に立つ警官(シエラレオネ、フリータウン)
  • 職員の感染を受け、暴動が発生した刑務所の外で警官に拘束された受刑者の親族(アルゼンチン、ブエノスアイレス)
  • 新型コロナウイルスの検査を受けさせるよう抗議する受刑者(ペルー、リマ)
  • 刑務所内の衛生状態の改善を訴えたデモで、警察に拘束された女性の手に触れる男性(イタリア、ローマ)
  • 暴動の最中、刑務所に向かって叫ぶ受刑者の親族(ペルー、リマ)
  • 少なくとも25人の感染、2人の死亡が確認された刑務所内の病院(ドミニカ、サント・ドミンゴ)
  • 刑務所内の衛生状態に対し抗議デモを起こす市民(米国、ワシントン州)
  • 暴動が起きた刑務所を見下ろす受刑者の親族たち(ペルー、リマ)
  • 新型コロナウイルス蔓延防止のための措置を要求する暴動を起こす受刑者(アルゼンチン、ブエノスアイレス)
  • 暴動が起きた刑務所に服役する受刑者の親族(ブラジル、マヌアス)
© AP Photo / Thein Zaw
大統領の恩赦命令により釈放された受刑者とその家族 (ミャンマー、ヤンゴン)

新型コロナウイルスの感染拡大をめぐり、世界中の刑務所で受刑者たちによる暴動が相次いでいる。

先月24日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスにある刑務所では、職員が新型コロナウイルスに感染したことを受け、受刑者たちは寝具を燃やしたり屋上に上り横断幕を掲げるなどして刑務所内の衛生環境の改善を求めた。また、ベネズエラでは刑務所内で受刑者が起こした暴動により、数十名が死亡したという。

一方、ミャンマーでは旧正月の元日にあたる4月17日、大統領の恩赦命令により約2万5千人の受刑者が釈放された。

 

タグ
新型コロナウイルス, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • チェコ、クロンパフ村の仲良しトリオ(2018年8月26日撮影)
    アップデート: 2020年08月08日 16:05
    2020年08月08日 16:05

    ノーキャット・ノーライフ! 8月8日は「世界猫の日」

    8月8日は「世界猫の日」。猫派の皆さんに、世界中の愛らしい猫たちの写真をお届けします!

    18
  • ロシア、モスクワトヴェルスカヤ通りで行われたアスファルトの交換工事
    アップデート: 2020年08月07日 21:45
    2020年08月07日 21:45

    今週のベストショット 8月1日―8月7日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 1945年8月6日、 原爆投下後、瓦礫に覆われた広島市内
    アップデート: 2020年08月06日 15:20
    2020年08月06日 15:20

    広島・長崎の被爆から75年

    8月6日と9日、広島県と長崎県は、世界初の原子爆弾が投下されて75年となる「原爆の日」を迎える。スプートニクでは、75年前、原爆がもたらした痛ましい惨状と市民の様子を振り返ります。

    16
  • レバノン首都ベイルートの爆心地となった建物
    アップデート: 2020年08月05日 20:20
    2020年08月05日 20:20

    ベイルートの大爆発 街は壊滅的被害

    レバノンの首都ベイルートの湾岸地区で4日午後に起こった大規模な爆発によって、爆発が起こった現場から半径数百メートル以内の建物や車は爆風の影響で破壊され、街は壊滅的な被害を受けている。

    ベイルートの大爆発 
    13