19:42 2020年07月08日
  • ディーゼル燃料が流れ込んだアンバルナヤ川とダルディカン川
  • アンバルナヤ川の河口で除染作業にあたる海洋救助局の職員
  • 火力発電所内を視察する金属大手ノリリスク・ニッケルの職員
  • アンバルナヤ川の河口に設置されたオイルフェンス
  • 現場で除染作業にあたる海洋救助局の職員
  • ディーゼル燃料が流れ込んだアンバルナヤ川とダルディカン川
  • 現場で除染作業にあたる海洋救助局の職員
  • アンバルナヤ川の河口に貼られたオイルフェンス
  • 現場で作業にあたる海洋救助局の職員
  • オイルフェンスを張り、除染作業を行う海洋救助局の職員
  • ディーゼル燃料の流出によって汚染された川の水
  • ディーゼル燃料の流出事故が起きた火力発電所
© 写真 : Prosecutor's office of Norilsk
ディーゼル燃料が流れ込んだアンバルナヤ川とダルディカン川

ロシア北極圏の都市、ノリリスク近郊の火力発電所で起きたディーゼル燃料の流出事故で、周辺地域には非常事態宣言が発令された。

事故が起こったのはクラスノヤルスク地方のノリリスク近郊にある、ロシアの金属大手ノリリスク・ニッケルの子会社が運営する火力発電所。5月29日、発電所内の燃料タンクの一つが破損し、2万トンを越える燃料が付近の河川へ流出した。

現在、燃料が流れ出たアンバルナヤ川とダルディカン川では、ロシア海洋救助隊が作業にあたっているほか、ガスプロムネフチ社の災害救助隊が派遣された。

この事故による死傷者はいなかったものの、広範囲にわたって汚染された河川の除染作業は難航している。さらに、推定被害額は数百億ルーブルに達すると指摘されている。

タグ
ロシア, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 7日、熊本県球磨村で崩落した国道219号
    アップデート: 2020年07月07日 19:40
    2020年07月07日 19:40

    九州豪雨 死者は50人超に 行方不明者の捜索続く

    先週3日ごろから降り続いた大雨により、九州全域で川の氾濫や土砂災害、道路の崩落などの被害が広がっている。現在、警察や消防団、自衛隊などが土砂崩れ現場で行方不明者の捜索活動にあたっている。

    9
  • スペイン南部、セビリアのムンド・パーク動物園で生まれたホワイトライオンの赤ちゃん(2020年6月1日撮影)
    アップデート: 2020年07月07日 00:45
    2020年07月07日 00:45

    世界の動物園から:夏生まれの子どもたち

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で休園が続いていた世界各地の動物園から、可愛らしい赤ちゃんたちの誕生のニュースが届いている。どの動物園でどんな子が生まれたのか、スプートニクでご紹介します。

    15
  • 海沿いの遊歩道に佇む猫(アルジェリア、アルジェ)
    アップデート: 2020年07月03日 21:40
    2020年07月03日 21:40

    今週のベストショット 6月27日―7月3日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 3Dプリンターで製造された植物性由来の代替肉
    アップデート: 2020年07月01日 11:50
    2020年07月01日 11:50

    未来の食卓はすぐそこに 代替肉を製造する3Dプリンター

    イスラエルのテルアビブに拠点を構えるスタートアップ企業「Redefine Meat」は、植物性由来の食品を使った代替肉の製造を可能とする3Dプリンターの発売を計画している。

    8