13:15 2020年09月25日
  • ディーゼル燃料が流れ込んだアンバルナヤ川とダルディカン川
  • アンバルナヤ川の河口で除染作業にあたる海洋救助局の職員
  • 火力発電所内を視察する金属大手ノリリスク・ニッケルの職員
  • アンバルナヤ川の河口に設置されたオイルフェンス
  • 現場で除染作業にあたる海洋救助局の職員
  • ディーゼル燃料が流れ込んだアンバルナヤ川とダルディカン川
  • 現場で除染作業にあたる海洋救助局の職員
  • アンバルナヤ川の河口に貼られたオイルフェンス
  • 現場で作業にあたる海洋救助局の職員
  • オイルフェンスを張り、除染作業を行う海洋救助局の職員
  • ディーゼル燃料の流出によって汚染された川の水
  • ディーゼル燃料の流出事故が起きた火力発電所
© 写真 : Prosecutor's office of Norilsk
ディーゼル燃料が流れ込んだアンバルナヤ川とダルディカン川

ロシア北極圏の都市、ノリリスク近郊の火力発電所で起きたディーゼル燃料の流出事故で、周辺地域には非常事態宣言が発令された。

事故が起こったのはクラスノヤルスク地方のノリリスク近郊にある、ロシアの金属大手ノリリスク・ニッケルの子会社が運営する火力発電所。5月29日、発電所内の燃料タンクの一つが破損し、2万トンを越える燃料が付近の河川へ流出した。

現在、燃料が流れ出たアンバルナヤ川とダルディカン川では、ロシア海洋救助隊が作業にあたっているほか、ガスプロムネフチ社の災害救助隊が派遣された。

この事故による死傷者はいなかったものの、広範囲にわたって汚染された河川の除染作業は難航している。さらに、推定被害額は数百億ルーブルに達すると指摘されている。

タグ
ロシア, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • シベリアンハスキーの目
    アップデート: 2020年09月23日 21:51
    2020年09月23日 21:51

    まるで異世界への扉? 動物たちの瞳のマクロ写真

    アルメニア出身のカメラマン、スレン・マンヴェリヤンさんは哺乳類や爬虫類、魚類に鳥類など様々な動物たちの瞳をマクロ撮影で捉えた写真シリーズ「Animal eyes」を自身のウェブサイトで公開している。

    12
  • 台湾の南投県・花蓮県の県境にある合歓山から見える天の川
    アップデート: 2020年09月21日 22:56
    2020年09月21日 22:56

    最も美しい星空スポットはどこ? 世界の「星空保護区」

    世界には、満点の星空を眺めることが出来るスポットが多数存在する。中でも、国際ダークスカイ協会が認定する「星空保護区」は、光が少なく暗闇が保たれており、地球で最も美しい星空が見られる場所だ。

    10
  • 9月13日、フィンランド北部のロヴァニエミで観測されたオーロラ
    アップデート: 2020年09月18日 21:05
    2020年09月18日 21:05

    今週のベストショット 9月12日―9月18日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 9月16日、米フロリダ州ペンサコーラで、冠水した街を歩く男性
    アップデート: 2020年09月17日 21:32
    2020年09月17日 21:32

    米南部にハリケーン「サリー」上陸 歴史的洪水もたらす

    米南部アラバマ州に16日、今年8つ目となるハリケーン「サリー」が上陸し、集中豪雨により同州とフロリダ州を中心に洪水や停電などの被害が相次いでいる。

    11