02:52 2020年09月25日
  • 陸路と空路の中央ターミナル
  • 白いクレムリンとモスクワ川に架かる橋 上空にはモノレールが走る
  • ハイウェイを走るアエロサン(プロペラで滑走するスノーモービル)
  • 様々な乗り物の音が飛び交う赤の広場
  • ペトロフスキー公園の景色
  • 国際的な貿易港となり、大型貨物船が走るモスクワ川
  • ルビャンカ広場 広場の下にはメトロが通っている
  • ボリショイ劇場前の 劇場広場 プロペラや翼がついた乗り物が飛行している
© 写真 : Public domain / Russian Empire postcard / Einem Factory, 1914
陸路と空路の中央ターミナル

いつの時代にあっても、人々は遥か遠い未来に想いを馳せ、その時代なりの未来予想図を描く。その予測が的中することもあれば、未だ実現に至っていないものもある。今回は、1914年に描かれた近未来のモスクワのポストカードをご紹介します。

このポストカードは1914年、モスクワにある製菓メーカーのエイネム社(現:クラースヌィ・オクチャーブリ)から委託を受けて描かれたもの。2114年から2259年頃(22世紀から23世紀)のモスクワの未来予想図だ。

この未来予想図によると、100年後にはモノレールが市の上空を縫うように走り、貿易港へと変貌を遂げたモスクワ川には大型貨物船が通行するようになる。実際に実現可能か、それともすでに実現されたものがあるかどうか確かめながら、写真をご覧ください。

タグ
芸術, モスクワ, ロシア, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • シベリアンハスキーの目
    アップデート: 2020年09月23日 21:51
    2020年09月23日 21:51

    まるで異世界への扉? 動物たちの瞳のマクロ写真

    アルメニア出身のカメラマン、スレン・マンヴェリヤンさんは哺乳類や爬虫類、魚類に鳥類など様々な動物たちの瞳をマクロ撮影で捉えた写真シリーズ「Animal eyes」を自身のウェブサイトで公開している。

    12
  • 台湾の南投県・花蓮県の県境にある合歓山から見える天の川
    アップデート: 2020年09月21日 22:56
    2020年09月21日 22:56

    最も美しい星空スポットはどこ? 世界の「星空保護区」

    世界には、満点の星空を眺めることが出来るスポットが多数存在する。中でも、国際ダークスカイ協会が認定する「星空保護区」は、光が少なく暗闇が保たれており、地球で最も美しい星空が見られる場所だ。

    10
  • 9月13日、フィンランド北部のロヴァニエミで観測されたオーロラ
    アップデート: 2020年09月18日 21:05
    2020年09月18日 21:05

    今週のベストショット 9月12日―9月18日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 9月16日、米フロリダ州ペンサコーラで、冠水した街を歩く男性
    アップデート: 2020年09月17日 21:32
    2020年09月17日 21:32

    米南部にハリケーン「サリー」上陸 歴史的洪水もたらす

    米南部アラバマ州に16日、今年8つ目となるハリケーン「サリー」が上陸し、集中豪雨により同州とフロリダ州を中心に洪水や停電などの被害が相次いでいる。

    11