00:31 2020年12月01日
  • 同コンテスト最優秀作品『Ping Pong Training』 Hardijanto Budiman氏(インドネシア)
  • 「ファッション」部門1位入賞作品『Amadeus』 Peyman Naderi氏(イラン)
  • 「建築」部門1位入賞作品『Qurantain Life』 Mohammed Shajahan氏(バングラデシュ)
  • 「自然と風景」部門1位入賞作品『Morning View in Situ Patenggang』Robert Lie氏(インドネシア)
  • 「静物画」部門1位入賞作品『Synthetic Seas』 Boyz Bieber氏(米国)
  • 「コンセプチュアル(概念芸術)」部門1位入賞作品『The Observing Collective』 Ralph Gräf氏(ドイツ)
  • 「ヌード」部門1位入賞作品『Body Ballet』 Amazilia Photography氏(英国)
  • 「動物・ペット」部門1位入賞作品『Arctic Wolf』 Jarque Krebs氏(スペイン)
  • 「フード & ビバレッジ)」部門1位入賞『Black on Black』 Elena Otvodenko氏(ロシア)
  • 「ウェディング」部門1位入賞作品『Wedding Dress』 Gianfranco Bernardo氏(イタリア)
  • 「ビューティー」部門1位入賞作品『Shanghai Image』 Fang Liu氏(中国)
  • 「プロダクト」部門1位入賞作品『Car』 Andre Boto氏(ポルトガル)
  • 「オープンテーマ」部門1位入賞作品『ArtWork』 Mikhail Potapov氏(ロシア)
同コンテスト最優秀作品『Ping Pong Training』 Hardijanto Budiman氏(インドネシア)

シエナ国際写真賞(Siena International Photo Awards)がプロジェクトする4つの写真コンテストの中のひとつ「Creative Photo Awards 2020」えが開催された。今年最高のクリエイティブな写真13選をスプートニクでご紹介します。

同コンテストにはプロ・アマチュア問わず、世界100か国以上から2万4千点以上の作品が寄せられ、ファッション、建築、自然と風景など計16の部門でそれぞれ入賞作品が選ばれた。

その中から最優秀作品に輝いたのは、インドネシア出身のカメラマン、Hardijanto Budiman氏の作品『Ping Pong Training(ピンポントレーニング)』。卓球選手たちの日々の練習風景をユニークに表現し、見事大賞を勝ち取った。

タグ
コンテスト, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 警察と対峙するデモ参加者
    アップデート: 2020年11月30日 19:41
    2020年11月30日 19:41

    ロンドンでコロナ規制への抗議デモ 警察と衝突

    英国ロンドンの中心部で28日、新型コロナウイルス対策として実施されるロックダウン(都市封鎖)などに反対する大規模なデモが行われ、150人以上が拘束された。

    11
  • オマーン首都マスカットで飼い猫に餌をあげる女性
    アップデート: 2020年11月27日 21:21
    2020年11月27日 21:21

    今週のベストショット 11月21日―11月27日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    20
  • アルゼンチン、ブエノスアイレスのディエゴ・アルマンド・マラドーナ・スタジアムでマラドーナ氏を悼むファン
    アップデート: 2020年11月27日 00:30
    2020年11月27日 00:30

    マラドーナ氏が逝去 世界中でファンが追悼

    数々の伝説的なプレーを残してきたサッカー界の英雄、ディエゴ・マラドーナ氏(60)の訃報は瞬く間に世界を駆け巡った。現在、母国アルゼンチンをはじめ世界各地のサッカーファンが彼の死を悼んでいる。

    12
  • イタリアンレストラン「Pino's」の経営者ジュゼッペ ・ピノ・フィチェラさん
    アップデート: 2020年11月25日 21:07
    2020年11月25日 21:07

    ロックダウン中のドイツ 人間の代わりにパンダがレストランを訪問

    新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化したドイツでは、今月2日から1か月に及ぶ部分的なロックダウン(都市封鎖)が再導入され、多くの飲食店が閉鎖に追い込まれた。そんな中、フランクフルトにあるレストランでは人間の代わりにパンダのぬいぐるみが客席に登場。客足が途絶え寂しくなった店内を活気づけている。

    8