03:53 2020年09月21日
  • 7月4日、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた土星とその衛星ミマス(右) とエンケラドゥス(下)
  • 国際宇宙ステーション(ISS)から撮影されたネオワイズ彗星(C/2020 F3)
  • 国際宇宙ステーション(ISS)の外で船外活動を行ったNASAのクリストファー・キャシディ飛行士
  • 7月2日、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた銀河「NGC 2275」。地球から約6700万光年離れた宇宙に存在する
  • 7月23日、中国海南省の文昌衛星発射場から打ち上げられた同国初の火星探査機「天問一号」
  • 7月13日、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた星形成領域「J025027.7+600849」。カシオペア座の方向に位置する
  • 7月23日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたロシアの国際宇宙ステーション(ISS)補給船「プログレスMS-15」
  • 7月20日、国際宇宙ステーション(ISS)から撮影された、モーリタニアのサハラ砂漠にある同心円状の地形「リシャット構造(サハラの目)」
  • ヨーロッパ南天天文台の超大型望遠鏡VLTの観測装置SPHEREがとらえた、太陽に似ているとされる恒星「TYC 8998-760-1(左上)」。太陽系外惑星「TYC 8998-760-1b(中央)」と「TYC 8998-760-1c(右下)」が周回する
  • ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた棒渦巻銀河「NGC 4848」
  • 国際宇宙ステーション(ISS)から撮影された月
  • ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた、ちょうこくしつ座にある棒渦巻銀河「NGC 7513」。地球から約6000万光年離れた宇宙に存在し、秒速1564kmで地球から遠ざかっている
7月4日、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた土星とその衛星ミマス(右) とエンケラドゥス(下)

彗星の観測や国際宇宙ステーションでの船外活動、さらには太陽に似た恒星を周る惑星など、7月は宇宙関連のニュースが目白押しの1か月だった。スプートニクの写真でまとめて振り返ります。

今月上旬から中旬にかけて明るさのピークを迎えたネオワイズ彗星。次に観測できるのは5000年以上先とみられ、世界各地の天文ファンを魅了した。国際宇宙ステーション(ISS)ではNASAのロバート・ベンケン、クリストファー・キャシディ両宇宙飛行士が2度の船外活動を行った。

また、土星の北半球には夏が到来。ハッブル宇宙望遠鏡が、気温が上昇したことにより、北半球の色調に変化がみられる様子を鮮明に捉えた。

タグ
宇宙, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 9月13日、フィンランド北部のロヴァニエミで観測されたオーロラ
    アップデート: 2020年09月18日 21:05
    2020年09月18日 21:05

    今週のベストショット 9月12日―9月18日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 9月16日、米フロリダ州ペンサコーラで、冠水した街を歩く男性
    アップデート: 2020年09月17日 21:32
    2020年09月17日 21:32

    米南部にハリケーン「サリー」上陸 歴史的洪水もたらす

    米南部アラバマ州に16日、今年8つ目となるハリケーン「サリー」が上陸し、集中豪雨により同州とフロリダ州を中心に洪水や停電などの被害が相次いでいる。

    11
  • ジャン=レオン・ジェローム作「ピグマリオンとガラテア」とツァラトゥストラ
    アップデート: 2020年09月17日 00:50
    2020年09月17日 00:50

    ロシア発の人気太っちょ猫 きっかけは名画とのコラボ

    ロシアのサンクトペテルブルクに暮らす赤毛の太っちょ猫、ツァラトゥストラは、世界の有名絵画とコラボレーションしたことによって一躍ネットのスターになった猫の一匹だ。

    14
  • 9月13日、米オレゴン州タレントの山火事によって焼失した住宅
    アップデート: 2020年09月15日 21:21
    2020年09月15日 21:21

    米オレゴン州での山火事 街を焼き尽くす

    米国の西海岸で数週間にわたって続く大規模な山火事「アルメダ・ファイア」で、最も被害が大きいとされるオレゴン州では、人口の1割以上にあたる約50万人を対象に避難準備指示が出されている。

    10