13:39 2020年08月07日
  • 7月4日、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた土星とその衛星ミマス(右) とエンケラドゥス(下)
  • 国際宇宙ステーション(ISS)から撮影されたネオワイズ彗星(C/2020 F3)
  • 国際宇宙ステーション(ISS)の外で船外活動を行ったNASAのクリストファー・キャシディ飛行士
  • 7月2日、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた銀河「NGC 2275」。地球から約6700万光年離れた宇宙に存在する
  • 7月23日、中国海南省の文昌衛星発射場から打ち上げられた同国初の火星探査機「天問一号」
  • 7月13日、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた星形成領域「J025027.7+600849」。カシオペア座の方向に位置する
  • 7月23日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたロシアの国際宇宙ステーション(ISS)補給船「プログレスMS-15」
  • 7月20日、国際宇宙ステーション(ISS)から撮影された、モーリタニアのサハラ砂漠にある同心円状の地形「リシャット構造(サハラの目)」
  • ヨーロッパ南天天文台の超大型望遠鏡VLTの観測装置SPHEREがとらえた、太陽に似ているとされる恒星「TYC 8998-760-1(左上)」。太陽系外惑星「TYC 8998-760-1b(中央)」と「TYC 8998-760-1c(右下)」が周回する
  • ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた棒渦巻銀河「NGC 4848」
  • 国際宇宙ステーション(ISS)から撮影された月
  • ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた、ちょうこくしつ座にある棒渦巻銀河「NGC 7513」。地球から約6000万光年離れた宇宙に存在し、秒速1564kmで地球から遠ざかっている
7月4日、ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた土星とその衛星ミマス(右) とエンケラドゥス(下)

彗星の観測や国際宇宙ステーションでの船外活動、さらには太陽に似た恒星を周る惑星など、7月は宇宙関連のニュースが目白押しの1か月だった。スプートニクの写真でまとめて振り返ります。

今月上旬から中旬にかけて明るさのピークを迎えたネオワイズ彗星。次に観測できるのは5000年以上先とみられ、世界各地の天文ファンを魅了した。国際宇宙ステーション(ISS)ではNASAのロバート・ベンケン、クリストファー・キャシディ両宇宙飛行士が2度の船外活動を行った。

また、土星の北半球には夏が到来。ハッブル宇宙望遠鏡が、気温が上昇したことにより、北半球の色調に変化がみられる様子を鮮明に捉えた。

タグ
宇宙, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 1945年8月6日、 原爆投下後、瓦礫に覆われた広島市内
    アップデート: 2020年08月06日 15:20
    2020年08月06日 15:20

    広島・長崎の被爆から75年

    8月6日と9日、広島県と長崎県は、世界初の原子爆弾が投下されて75年となる「原爆の日」を迎える。スプートニクでは、75年前、原爆がもたらした痛ましい惨状と市民の様子を振り返ります。

    16
  • レバノン首都ベイルートの爆心地となった建物
    アップデート: 2020年08月05日 20:20
    2020年08月05日 20:20

    ベイルートの大爆発 街は壊滅的被害

    レバノンの首都ベイルートの湾岸地区で4日午後に起こった大規模な爆発によって、爆発が起こった現場から半径数百メートル以内の建物や車は爆風の影響で破壊され、街は壊滅的な被害を受けている。

    ベイルートの大爆発 
    13
  • クロアチアのプリトヴィツェ湖群国立公園。大小16の湖と92の滝を有する
    アップデート: 2020年08月04日 22:10
    2020年08月04日 22:10

    山々に囲まれた世界の美しい湖10選

    ターコイズブルーに輝く湖、標高5000メートルに浮かぶ天空の湖… などなど、一生に一度は訪れてみたい、世界の山中にある美しい湖10選をスプートニクでご紹介します。

    10
  • 米カリフォルニア州チェリーバレーで燃え上がる炎を見つめる消防士ら
    アップデート: 2020年08月03日 21:36
    2020年08月03日 21:36

    カリフォルニアの山火事「アップルファイア」 猛威振るう

    米カリフォルニア州ロサンゼルス近郊で先月31日に発生した山火事「アップルファイア」は、3日経った現在も猛威を振るっており、消火活動が続けられている。

    12