20:41 2020年09月29日
  • 8月13日、北京商務中心区でチャイナドレスを着て通りを歩く4人
  • 8月13日、撮影に向けて化粧をする王念文さん
  • 8月13日、撮影の前、自宅で談笑する孫洋さんと王念文さん
  • 8月13日、撮影のため髪の毛をセットする孫洋さんと孫娘たち
  • 8月13日、北京商務中心区で撮影に臨む4人
  • 8月13日、撮影のため髪をセットする孫洋さん(左)と王星火さん(右)
  • 8月13日、北京商務中心区の横断歩道を一列で歩く4人
  • 8月13日、自宅で撮影に向けて髪の毛をセットする孫洋さん
  • 8月13日、北京商務中心区でチャイナドレスを着て撮影に臨む4人
© REUTERS / Tingshu Wang
8月13日、北京商務中心区でチャイナドレスを着て通りを歩く4人

お洒落なチャイナドレスに身を包んで北京市内を闊歩する4人の淑女が現在、中国のSNS上で人気を博している。

アマチュアのモデルチーム「Glamma Beijing」のメンバーである林瑋さん(65)、孫洋さん(64)、王念文さん(74)王星火さん(70)は去年、北京市内のファッション街をチャイナドレス姿で歩く様子を動画にしたところ、大きな反響を呼んだ。以来、動画投稿アプリ「抖音(中国版TikTok)」でドレスアップした姿を投稿している。

彼女らは全員60歳を超えているが、カメラの前ではプロのモデルさながらの表情を見せる。

メンバーの林瑋さんは「老いることや死を恐れていると、人生は灰色になってしまう。」という信念のもと、メイクやお洒落に情熱を注いでいるという。

さらに彼女は年をとることについて、「人は年をとればシワは増え、体力は落ち、また体型もくずれていく。しかしこれは仕方がないことで、ポジティブに向き合っていく必要がある」と語った。

タグ
ファッション, 中国, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • Drone Photo Awards 2020 グランプリ受賞作品『Love Heart of Nature』  Jim Picôt氏
    アップデート: 2020年09月28日 20:51
    2020年09月28日 20:51

    美しい空撮写真の数々 「Drone Photo Awards 2020」入賞者発表

    シエナ国際写真賞(Siena International Photo Awards)がプロジェクトする写真コンテストの一つで、空撮写真にスポットを当てた「Drone Photo Awards 2020」が開催され、入賞者が発表された。

    15
  • クリミア共和国で行われた気球祭りにドレス姿で参加した女性
    アップデート: 2020年09月25日 22:44
    2020年09月25日 22:44

    今週のベストショット 9月19日―9月25日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    17
  • シベリアンハスキーの目
    アップデート: 2020年09月23日 21:51
    2020年09月23日 21:51

    まるで異世界への扉? 動物たちの瞳のマクロ写真

    アルメニア出身のカメラマン、スレン・マンヴェリヤンさんは哺乳類や爬虫類、魚類に鳥類など様々な動物たちの瞳をマクロ撮影で捉えた写真シリーズ「Animal eyes」を自身のウェブサイトで公開している。

    12
  • 台湾の南投県・花蓮県の県境にある合歓山から見える天の川
    アップデート: 2020年09月21日 22:56
    2020年09月21日 22:56

    最も美しい星空スポットはどこ? 世界の「星空保護区」

    世界には、満点の星空を眺めることが出来るスポットが多数存在する。中でも、国際ダークスカイ協会が認定する「星空保護区」は、光が少なく暗闇が保たれており、地球で最も美しい星空が見られる場所だ。

    10