08:45 2020年09月26日
  • 凍結したバイカル湖の上に横たわる女性
  • バイカル湖で行われたレガッタ大会(1985年)
  • バイカル湖の最大の島、オルホン島とバイカル湖西岸を隔てる海峡
  • 湖畔からの眺め(1988年)
  • カヤックでバイカル湖を遊覧する観光客
  • バイカル湖の氷の亀裂
  • 凍結したバイカル湖の上を歩く人
  • 湖畔に寝そべるカメラマン
  • バイカル湖でカヌーを漕ぐ人
  • 氷に閉じ込められた気泡
  • 凍結したバイカル湖の上につくられた氷のピラミッド
  • バイカル湖で釣りをする男性
  • 氷に覆われたバイカル湖
  • 冬のバイカル湖
  • バイカル湖の風景
© 写真 : Unsplash / Irina Shishkina
凍結したバイカル湖の上に横たわる女性

9月6日、ロシアでは「バイカル湖の日」が祝われる。これにちなんで、世界最高の透明度を誇るバイカル湖で見られる絶景をスプートニクの写真でご紹介します。

「バイカル湖の日」は1999年に制定されて以来、毎年8月の第4日曜日に祝われてきた。2015年、イルクーツク州議会によって9月の第1日曜日に変更されたため、今年は9月6日が祝日にあたる。毎年この日を記念し、多くのイベントが開催されている。

バイカル湖は、シベリア南部のブリヤート共和国、イルクーツク州、チタ州をまたぐ淡水湖。世界最古の湖であるとともに、透明度、水深ともに世界一であり、その美しさから別名「シベリアの真珠」とも呼ばれる。

また、バイカル湖はタタール語で「豊かな湖」を意味し、その名の通り湖は世界屈指の動植物の多様性を持つ。ここに棲息する約2600種の動植物のうち、半数以上が固有種だ。1996年にはユネスコの世界自然遺産に登録されている。

タグ
自然, ロシア, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • クリミア共和国で行われた気球祭りにドレス姿で参加した女性
    アップデート: 2020年09月25日 22:44
    2020年09月25日 22:44

    今週のベストショット 9月19日―9月25日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    17
  • シベリアンハスキーの目
    アップデート: 2020年09月23日 21:51
    2020年09月23日 21:51

    まるで異世界への扉? 動物たちの瞳のマクロ写真

    アルメニア出身のカメラマン、スレン・マンヴェリヤンさんは哺乳類や爬虫類、魚類に鳥類など様々な動物たちの瞳をマクロ撮影で捉えた写真シリーズ「Animal eyes」を自身のウェブサイトで公開している。

    12
  • 台湾の南投県・花蓮県の県境にある合歓山から見える天の川
    アップデート: 2020年09月21日 22:56
    2020年09月21日 22:56

    最も美しい星空スポットはどこ? 世界の「星空保護区」

    世界には、満点の星空を眺めることが出来るスポットが多数存在する。中でも、国際ダークスカイ協会が認定する「星空保護区」は、光が少なく暗闇が保たれており、地球で最も美しい星空が見られる場所だ。

    10
  • 9月13日、フィンランド北部のロヴァニエミで観測されたオーロラ
    アップデート: 2020年09月18日 21:05
    2020年09月18日 21:05

    今週のベストショット 9月12日―9月18日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19