20:01 2021年01月18日
  • 2001年9月11日、ハイジャックされた旅客機が突っ込んだ国防総省(ペンタゴン)
  • 2001年9月11日、世界貿易センタービル付近から避難してきた女性をバスへ乗せる警察官
  • 2001年9月11日、ニュージャージー州のリバティ州立公園から撮影された、煙を上げて燃える世界貿易センタービル
  • 2001年9月11日、崩壊した世界貿易センタービルへ向かって歩く消防士ら
  • 2001年9月11日、 ハイジャックされた旅客機が突っ込み、黒煙を上げて燃える国防総省(ペンタゴン)を見つめる職員
  • 2001年9月11日、ハイジャックされた旅客機が突っ込み崩壊した世界貿易センタービル
  • 2001年9月11日、崩壊した世界貿易センタービル付近で休憩を取る消防士ら
  •  2001年9月11日、ハイジャックされた旅客機が突っ込んた世界貿易センタービルから飛び降りる男性
  • 2001年9月18日、建物の一部が撤去された国防総省(ペンタゴン)
  • 2001年9月12日、国防総省(ペンタゴン)の旅客機墜落現場に視察へ訪れたブッシュ大統領(当時)
  • 2001年9月16日、世界貿易センタービルの崩壊現場を撮影する米海軍のビデオグラファー
  • 2001年9月14日、世界貿易センタービルで働いていた職員の放棄された私物
  • 2001年9月11日、世界貿易センタービルの崩壊現場で行われた消火活動
  • 2001年9月14日、世界貿易センタービルの崩壊現場で救助活動にあたる消防士
  • 2001年9月11日、2機目(ユナイテッド航空175便)が突っ込み、炎と黒煙に包まれた世界貿易センター南棟
  • 2001年9月17日に撮影された、世界貿易センタービル崩壊現場の航空写真
  • 2001年9月17日、世界貿易センタービル崩壊現場で、瓦礫の中を消火器を持って生存者を探す男性
© AP Photo / Will Morris
2001年9月11日、ハイジャックされた旅客機が突っ込んだ国防総省(ペンタゴン)

米国は今日、2001年9月11日に発生した同時多発テロ事件から19年を迎える。当時の事故現場の様子を、スプートニクの写真で振り返る。

2001年9月1日、米国の旅客機4機が同時にハイジャックされ、そのうちの2機がニューヨークの世界貿易センタービルへ、1機がワシントン郊外の国防総省(ペンタゴン)に乗客を乗せたまま突入。世界貿易センタービルの南北両棟は炎上し、まもなく崩壊した。

一連のテロによる犠牲者は3千人、負傷者は6千人を超え、米国国内のみならず世界中を震撼させる出来事となった。

タグ
テロ, 米国, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • イタリア・ローマで窓際に座る猫を写真に収める男性
    アップデート: 2021年01月15日 20:20
    2021年01月15日 20:20

    今週のベストショット 1月9日―1月15日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    18
  • 日本の福岡県糸島市
    アップデート: 2021年01月14日 22:01
    2021年01月14日 22:01

    2021年、最も住みやすい小都市は?

    英国のライフスタイル・マガジン「MONOCLE」が刊行する特集号「The Forecast」で、2021年に快適に暮らせる世界の小都市トップ10が発表された。日本からは福岡県糸島市がランクインした。

    10
  • ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相の愛猫、パドルズ
    アップデート: 2021年01月13日 20:31
    2021年01月13日 20:31

    四本足のパートナー 各国指導者の愛するペットたち

    いつの時代も人間の良きパートナーとして愛され続ける犬や猫たち。そんな彼らと共に生き、癒しを求めるのは一般市民だけでなく、国のトップに身を置き日々重大な責任を担う政治家も同じだ。今回は、愛するペットと戯れる各国のリーダーの写真をご紹介。

    13
  • 神奈川県横浜市の横浜アリーナで行われた成人式を後にする新成人
    アップデート: 2021年01月11日 20:25
    2021年01月11日 20:25

    日本で「成人の日」迎える 緊急事態宣言下での成人式

    今日1月11日、日本では「成人の日」を迎え、成人の日を祝うつどい(成人式)が全国各地で開かれた。今月8日から緊急事態宣言が発令されている1都3県では中止や延期、オンライン開催などの措置をとる自治体が多く、全国で最も新成人が多い神奈川県横浜市では会場を増やし、人数を分散させての開催となった。

    14