06:09 2021年09月23日
  • 9月16日、米フロリダ州ペンサコーラでハリケーン「サリー」の被害を受けたヨット
  • 9月15日、米ミシシッピ州モス・ポイントで流されるアリゲーター
  • 9月15日、米フロリダ州ペンサコーラのビーチで、冠水した駐車場で泳ぐ市民
  • 9月16日、米フロリダ州ペルディードキーで、ハリケーン「サリー」の被害を受けた住宅
  • 9月16日、米アラバマ州モービルで、ハリケーン「サリー」によって引き裂かれた星条旗
  • 9月16日、米アラバマ州ガルフショアーズで、冠水した道路を眺める男性
  • 9月15日、米アラバマ州ガルフショアーズで、ハリケーン「サリー」が上陸する中海沿いを歩く男性
  • 9月16日、米フロリダ州ペンサコーラで、冠水した道路を歩く男性
  • 9月16日、米フロリダ州ペンサコーラで、ハリケーン「サリー」による洪水で水没した車とバイク
  • 9月15日、米ルイジアナ州ニューオーリンズで、ハリケーン「サリー」が上陸する中公園で遊ぶ少女
  • 9月16日、米フロリダ州ペンサコーラで、冠水した街を歩く男性
© REUTERS / Jonathan Bachman
9月16日、米フロリダ州ペンサコーラでハリケーン「サリー」の被害を受けたヨット

米南部アラバマ州に16日、今年8つ目となるハリケーン「サリー」が上陸し、集中豪雨により同州とフロリダ州を中心に洪水や停電などの被害が相次いでいる。

サリーは現地時間16日未明、5段階の勢力で下から2番目の「カテゴリー2」の勢力を保ちながらアラバマ州に上陸した。上陸後は勢力が衰え熱帯低気圧に変わったものの、同州とフロリダ州沿岸地域で浸水被害が出ているほか、両州で50万戸が停電しているという。

米国立ハリケーンセンター(NHC)は「歴史的で壊滅的な洪水が発生している」と伝え、さらにこの降雨によって河川が広範囲にわたって氾濫する可能性を警告した。

同じく同国南部のルイジアナ州には8月末、5段階の勢力で2番目に危険な「カテゴリー4」の大型ハリケーン「ローラ」が直撃し、強風によって甚大な被害をもたらした。また、これによる洪水が原因で同州では蚊が大量発生し、襲われた牛や馬などの家畜が大量死した。

タグ
写真, 米国, 災害, ハリケーン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る