12:25 2021年03月04日
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂での結婚式後、鳩を放つ新郎新婦
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦
© REUTERS / David Ghahramanyan / NKR InfoCenter / PAN Photo
10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦

先月末からアルメニアとアゼルバイジャンの軍事衝突が続く係争地ナゴルノ・カラバフで24日、ナゴルノ軍兵士の結婚式が行われた。

新郎新婦が式を行った同地域の都市シュシャにある救世主大聖堂は10月8日、アゼルバイジャン軍による砲撃で建物の一部が破壊された。新郎のホフハネス・ホフセピャンさんは結婚式のため、2日間の休暇を取って最前線から戻ってきたという。

多くの報道陣に見守られながら無事に式を終えたホフセピャンさんは「戦闘が終結し皆が戻ってきてくれること、新しい世代が戦いを経験しないことを願っている」と語った

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 2日に噴火したインドネシア・スマトラ島のシナブン山
    アップデート: 2021年03月03日 18:56
    2021年03月03日 18:56

    インドネシア・シナブン山の噴火 噴煙は5000m上空へ

    インドネシア・スマトラ島のシナブン山が2日に噴火し、噴煙は約5000メートル上空まで到達した。

    6
  • 福島県南相馬市・福島第一原発から約30キロのビーチでサーフィンをする鈴木康二さん(2020年3月4日)
    アップデート: 2021年03月03日 11:04
    2021年03月03日 11:04

    全てを失っても:64歳のサーファー、南相馬市で波に乗る

    東日本大震災から9年目を迎えようとしていた2020年3月4日、福島第一原発から半径30キロ圏内にある福島県南相馬市のビーチには1人の男性の姿があった。同市在住の鈴木康二さん(当時64)は毎朝、雨が降ろうと晴れようと、ビーチに打ち寄せる波のコンディションをチェックする。

    8
  • オービタル・アセンブリ社の構想する宇宙ホテル「Voyager Station」の全貌
    アップデート: 2021年03月02日 20:02
    2021年03月02日 20:02

    地球を一望できる部屋:人類初の宇宙ホテルがもうすぐ建築開始

    宇宙建築の開発を目的に3年前に設立された「オービタル・アセンブリ(Orbital Assembly)」社はこのほど、人工重力で運用される人類初の宇宙ホテル「ボイジャー・ステーション(Voyager Station)」の建設を2025年から開始すると明らかにした。

    10
  • 2月27日、イタリア・ローマで見られたスノームーン
    アップデート: 2021年03月01日 20:48
    2021年03月01日 20:48

    2月の満月「スノームーン」 世界の寒空を照らす

    世界各地では先月27日、2月に見られる満月「スノームーン」が観測された。寒さの厳しい、雪に覆われる季節にちなんで名づけられた満月が、文字通り世界の寒空を明るく照らした。

    8