14:01 2020年11月29日
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂での結婚式後、鳩を放つ新郎新婦
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦
  • 10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦
© REUTERS / David Ghahramanyan / NKR InfoCenter / PAN Photo
10月24日、ナゴルノ・カラバフの都市シュシャにある救世主大聖堂で結婚式を挙げる新郎新婦

先月末からアルメニアとアゼルバイジャンの軍事衝突が続く係争地ナゴルノ・カラバフで24日、ナゴルノ軍兵士の結婚式が行われた。

新郎新婦が式を行った同地域の都市シュシャにある救世主大聖堂は10月8日、アゼルバイジャン軍による砲撃で建物の一部が破壊された。新郎のホフハネス・ホフセピャンさんは結婚式のため、2日間の休暇を取って最前線から戻ってきたという。

多くの報道陣に見守られながら無事に式を終えたホフセピャンさんは「戦闘が終結し皆が戻ってきてくれること、新しい世代が戦いを経験しないことを願っている」と語った

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • オマーン首都マスカットで飼い猫に餌をあげる女性
    アップデート: 2020年11月27日 21:21
    2020年11月27日 21:21

    今週のベストショット 11月21日―11月27日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    20
  • アルゼンチン、ブエノスアイレスのディエゴ・アルマンド・マラドーナ・スタジアムでマラドーナ氏を悼むファン
    アップデート: 2020年11月27日 00:30
    2020年11月27日 00:30

    マラドーナ氏が逝去 世界中でファンが追悼

    数々の伝説的なプレーを残してきたサッカー界の英雄、ディエゴ・マラドーナ氏(60)の訃報は瞬く間に世界を駆け巡った。現在、母国アルゼンチンをはじめ世界各地のサッカーファンが彼の死を悼んでいる。

    12
  • イタリアンレストラン「Pino's」の経営者ジュゼッペ ・ピノ・フィチェラさん
    アップデート: 2020年11月25日 21:07
    2020年11月25日 21:07

    ロックダウン中のドイツ 人間の代わりにパンダがレストランを訪問

    新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化したドイツでは、今月2日から1か月に及ぶ部分的なロックダウン(都市封鎖)が再導入され、多くの飲食店が閉鎖に追い込まれた。そんな中、フランクフルトにあるレストランでは人間の代わりにパンダのぬいぐるみが客席に登場。客足が途絶え寂しくなった店内を活気づけている。

    8
  • 水面に浮かぶ紅葉と鯉
    アップデート: 2020年11月23日 23:48
    2020年11月23日 23:48

    コロナ禍でも楽しみたい 紅葉シーズンの日本列島

    日本では現在、紅葉シーズン真っ只中。新型コロナウイルスの影響で様々なイベントが延期や中止に追い込まれたものの、近場で静かに紅葉を楽しみたいと考える人も多いようだ。

    10