00:01 2020年12月01日
  • 宇宙船スプートニク2号に搭乗するライカ
  • 宇宙船スプートニク2号のキャビンに入る前のライカ
  • 宇宙船スプートニク2号
  • ドキュメンタリー映画「初のソビエト地球周回衛星」(1957)のライカ(中央)
  • 初めて宇宙を旅した犬ライカ
  • カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた宇宙船スプートニク2号
  • 宇宙船スプートニク2号に搭乗するライカ
  • 宇宙船スプートニク2号のキャビンに入る前のライカ
© Sputnik
宇宙船スプートニク2号に搭乗するライカ

ソビエト連邦が打ち上げた宇宙船「スプートニク2号」に乗り、雌犬のライカが世界で初めて宇宙飛行を行ってから今日で63年。地球軌道を周回した初の動物となった宇宙飛行犬ライカを、スプートニクの写真で振り返ります。

1957年11月3日、専用の宇宙服を着たライカはソ連の宇宙船スプートニク2号に搭乗し、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から宇宙へ出発した。大気圏に再突入する装備が無かったスプートニク2号は打ち上げから162日後、大気圏に突入して崩壊した。

片道切符の宇宙旅行だったものの、ライカは人類の宇宙進出へ貢献。1961年、ユーリ・ガガーリンが人類初の宇宙飛行に成功した。

当初、公式発表ではライカは打ち上げから1週間後、ミッション完了時に薬物によって安楽死させられたことになっていた。しかし40年以上経ってから、ライカは打ち上げの数時間後、熱制御システムの故障によるショックと過熱で死亡していたことが明らかになった。

タグ
ロシア, 宇宙, ソビエト連邦, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 警察と対峙するデモ参加者
    アップデート: 2020年11月30日 19:41
    2020年11月30日 19:41

    ロンドンでコロナ規制への抗議デモ 警察と衝突

    英国ロンドンの中心部で28日、新型コロナウイルス対策として実施されるロックダウン(都市封鎖)などに反対する大規模なデモが行われ、150人以上が拘束された。

    11
  • オマーン首都マスカットで飼い猫に餌をあげる女性
    アップデート: 2020年11月27日 21:21
    2020年11月27日 21:21

    今週のベストショット 11月21日―11月27日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    20
  • アルゼンチン、ブエノスアイレスのディエゴ・アルマンド・マラドーナ・スタジアムでマラドーナ氏を悼むファン
    アップデート: 2020年11月27日 00:30
    2020年11月27日 00:30

    マラドーナ氏が逝去 世界中でファンが追悼

    数々の伝説的なプレーを残してきたサッカー界の英雄、ディエゴ・マラドーナ氏(60)の訃報は瞬く間に世界を駆け巡った。現在、母国アルゼンチンをはじめ世界各地のサッカーファンが彼の死を悼んでいる。

    12
  • イタリアンレストラン「Pino's」の経営者ジュゼッペ ・ピノ・フィチェラさん
    アップデート: 2020年11月25日 21:07
    2020年11月25日 21:07

    ロックダウン中のドイツ 人間の代わりにパンダがレストランを訪問

    新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化したドイツでは、今月2日から1か月に及ぶ部分的なロックダウン(都市封鎖)が再導入され、多くの飲食店が閉鎖に追い込まれた。そんな中、フランクフルトにあるレストランでは人間の代わりにパンダのぬいぐるみが客席に登場。客足が途絶え寂しくなった店内を活気づけている。

    8