00:03 2020年12月01日
  • ナゴルノ・カラバフ地域を後にする地元住民
  • バイデン氏の当選確実の報道を受け、ニューヨークの路上で旗を振る女性
  • 11月7日、米デラウェア州ウィルミントンでの演説後、支持者ら向かってジェスチャーをするバイデン氏
  • ペルーの首都リマで11月10日に行われた新政権に反対するデモ
  • ナゴルノ・カラバフ紛争の停戦合意を喜ぶ人々
  • アルメニア首都エレバンで、国会議事堂に乗り込み停戦合意に反発するデモ隊
  • インドネシアのバンダ・アチェで、マスクを着用しなかった罰として腕立て伏せをする市民
  • ロシアのカザンで行われたフィギュアスケートのロシア杯第4戦で演技を披露するリズノワ/ヴァフノフ組
  • インド西部アフマダーバードの工房で、ヒンドゥー教の光の祭典「ディワリ」に使用する土製のランプを並べる陶芸家
  • モスクワで行われた猫の展示会に参加した子猫
  • 砲撃を受けたアゼルバイジャンの都市ギャンジャを歩く女性
  • ケニアのナクル郡で、湖が溢水した影響で冠水した道をスキップする子ども
  • ネパールの首都カトマンズで、ネパールの光の祭り「ティハール」にむけてキンセンカの花を摘む女性
  • ギリシャのクレタ島で、大雨の後車を掘り起こす男性
  • ナゴルノ・カラバフに向かうロシアの平和維持軍
  • モスクワの赤の広場で、友人らと結婚を祝う新婚夫婦
  • 独立記念日を迎えたポーランドで、首都ワルシャワで行われたデモ行進で警察と衝突する極右グループら
  • カーニバルが中止になったドイツのマインツで、恐竜の格好をして街を歩くパフォーマー
  • モスクワの赤の広場近くの通りでサンタクロースの写真を撮る市民
© Sputnik / Iliya Pitalev
ナゴルノ・カラバフ地域を後にする地元住民

スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

米大統領選挙ではバイデン氏が当選確実となり、地元のデラウェア州ウィルミントンで勝利演説が行われた。また、アルメニアとアゼルバイジャンは、係争地ナゴルノ・カラバフで続く戦闘を完全停止することをロシアの仲介の下で合意した。

1週間の世界の出来事を、今週もスプートニクが振り返ります。

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 警察と対峙するデモ参加者
    アップデート: 2020年11月30日 19:41
    2020年11月30日 19:41

    ロンドンでコロナ規制への抗議デモ 警察と衝突

    英国ロンドンの中心部で28日、新型コロナウイルス対策として実施されるロックダウン(都市封鎖)などに反対する大規模なデモが行われ、150人以上が拘束された。

    11
  • オマーン首都マスカットで飼い猫に餌をあげる女性
    アップデート: 2020年11月27日 21:21
    2020年11月27日 21:21

    今週のベストショット 11月21日―11月27日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    20
  • アルゼンチン、ブエノスアイレスのディエゴ・アルマンド・マラドーナ・スタジアムでマラドーナ氏を悼むファン
    アップデート: 2020年11月27日 00:30
    2020年11月27日 00:30

    マラドーナ氏が逝去 世界中でファンが追悼

    数々の伝説的なプレーを残してきたサッカー界の英雄、ディエゴ・マラドーナ氏(60)の訃報は瞬く間に世界を駆け巡った。現在、母国アルゼンチンをはじめ世界各地のサッカーファンが彼の死を悼んでいる。

    12
  • イタリアンレストラン「Pino's」の経営者ジュゼッペ ・ピノ・フィチェラさん
    アップデート: 2020年11月25日 21:07
    2020年11月25日 21:07

    ロックダウン中のドイツ 人間の代わりにパンダがレストランを訪問

    新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化したドイツでは、今月2日から1か月に及ぶ部分的なロックダウン(都市封鎖)が再導入され、多くの飲食店が閉鎖に追い込まれた。そんな中、フランクフルトにあるレストランでは人間の代わりにパンダのぬいぐるみが客席に登場。客足が途絶え寂しくなった店内を活気づけている。

    8