01:36 2021年04月22日
  • イスラエル首都・エルサレム中心部にある予防接種センターで接種を待つ男性
  • スペインの老人ホームで、ファイザーとバイオエヌテックが共同開発したワクチンの接種を受ける79歳の女性
  • 米フロリダ州フォート・マイヤーズで、ワクチン接種のため図書館前に列に並んで待つ地元住民
  • フランス首都・パリの予防接種センターでワクチンの接種を受ける女性
  • 中国・北京の予防接種センターでワクチン接種を待つ人々
  • 英ロンドン北部の病院を訪問し、オックスフォード大学とアストラゼネカが共同開発したワクチンの接種の様子を見るジョンソン首相
  • イスラエル・テルアビブの予防接種センター
  • アラブ首長国連邦のドバイでワクチン接種を受ける男性
  • インドネシアの南スマトラ州パレンバンに到着した中国シノバック社のワクチン
  • ロシア首都・モスクワで、60歳以上を対象に始まったワクチン接種を待つ人々
  • アルゼンチン首都・ブエノスアイレスで始まったロシア製ワクチン「スプートニクV」の接種
  • イタリア・トリノの病院で、ファイザーとバイオエヌテックが共同開発したワクチンの接種を受ける医師
  • ドイツ・ベルリンの予防接種センター前に列を作る市民
  • ギリシャ首都・アテネの老人ホームで、ワクチン接種を受けた後に感謝の気持ちを示す女性
  • インド・コルカタの路上でワクチン接種の壁画を描く男性
  • メキシコのサン・ニコラス・デ・ロス・ガルサで、ワクチン接種中にセルフィ(自撮り)をする医療従事者
© AP Photo / Oded Balilty
イスラエル首都・エルサレム中心部にある予防接種センターで接種を待つ男性

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によれば、この1年間で新型コロナウイルスによる世界の累計死者数は180万人を超えた。さらなる感染拡大を受け、現在、世界各国ではワクチンの大規模接種が始まっている。

ワクチンの接種は、最前線で闘う医療従事者や高齢者から優先的に行われている。

各国で接種されているのは、ロシアの国立ガマレヤ研究所が開発し、世界で初めて承認された「スプートニクV」や、米国のファイザー社とドイツのバイオエヌテック社、英国のアストラゼネカ社とオックスフォード大が共同開発したワクチン。また、インドネシアでは今月13日から中国のシノバック社が開発したワクチン「コロナバック」の大規模接種が予定されている。

タグ
写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 英イングランド・オックスフォードシャーのラドリー・カレッジに飾られた自分の肖像がの前に立つエリザベス女王
    アップデート: 2021年04月21日 20:40
    2021年04月21日 20:40

    エリザベス女王、95歳の誕生日を迎える

    4月21日、英国のエリザベス女王が95歳の誕生日を迎えた。そこでスプートニクでは今回、様々な年代で描かれたエリザベス女王の肖像画や胸像などの芸術作品をまとめてご紹介。

    13
  • 高評価獲得作品『Two Headed Viper(2つ頭のマムシ)』 Teo Chin Leong氏(シンガポール)
    アップデート: 2021年04月20日 20:16
    2021年04月20日 20:16

    双頭のマムシ、海の心臓:「All About Photo Awards 2021」受賞作品

    世界中の写真家から印象的な作品が集まるコンテスト「All About Photo Awards」が今年も開催された。今回で6回目を迎える本コンテストにも多くの作品が寄せられ、世界23カ国の写真家が受賞した。

    15
  • 南アフリカ・ケープタウンの「テーブルマウンテン国立公園」で発生した森林火災
    アップデート: 2021年04月19日 20:23
    2021年04月19日 20:23

    南アフリカ・ケープタウンで大規模森林火災 大学キャンパスにも火の手

    南アフリカ第2の都市・ケープタウンの「テーブルマウンテン国立公園」で18日、大規模な森林火災が発生した。現在も消火活動が続けられているが、地元ケープタウン大学のキャンパスに火が燃え移るなどの被害が出ている。

    10
  • 米ミネソタ州ブルックリン・センターで黒人男性射殺事件の発生後に行われた抗議デモで、衝突するデモ隊と警察
    アップデート: 2021年04月16日 18:58
    2021年04月16日 18:58

    今週のベストショット 4月10日―4月16日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19