17:51 2021年06月16日
  • 米国のジョー・バイデン次期大統領と愛犬、メジャー
  • 元ファーストレディのミシェル夫人と、愛犬チャンプを連れた次期ファーストレディのジル・バイデン夫人
  • ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相の愛猫、パドルズ
  • ロシアのウラジーミル・プーチン大統領と愛犬のゆめ
  • 韓国の文在寅大統領と愛犬のトリ
  • フランスのマニュエル・マクロン大統領と愛犬のネモ
  • フィンランドのサウリ・ニーニスト大統領と愛犬のレンヌ
  • マレーシアのムヒディン・ヤシン元首相と愛猫のキキ
  • 2人の娘たちを連れた米国のバラク・オバマ元大統領と愛犬のボー
  • 英国のボリス・ジョンソン首相と首相官邸ネズミ捕獲長のラリー
  • 米国のビル・クリントン元大統領夫妻と愛猫のソックス(1996年)
  • 米国のジョージ・ブッシュ元大統領と愛犬のバーニー(2003年)
  • イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相と愛犬のカイヤ
米国のジョー・バイデン次期大統領と愛犬、メジャー

いつの時代も人間の良きパートナーとして愛され続ける犬や猫たち。そんな彼らと共に生き、癒しを求めるのは一般市民だけでなく、国のトップに身を置き日々重大な責任を担う政治家も同じだ。今回は、愛するペットと戯れる各国のリーダーの写真をご紹介。

動物たちの出自は様々。元野良猫の者もいれば、保護施設から引き取られた者もいる。また、ロシアのプーチン大統領の愛犬「ゆめ」は 2012年、日本の秋田県知事から東日本大震災後の支援への返礼として贈られた秋田犬だ。

中にはペットという枠組みを超え、重要な役割りを任命された動物も。英国の首相官邸では代々「ネズミ捕獲長」として猫を雇用する風習があり、現職のトラ猫、ラリーは官邸のマスコット的存在となっている。

タグ
ネコ, 動物, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る