16:19 2021年07月24日
  • 米アラスカ州のチュガッチ国有林にあるポーテージ氷河(2020年)
  • NGO団体グリーンピースの船舶「アークティック・サンライズ」が北極海で撮影した流氷(2020年)
  • 米アラスカ州のキーナイ・フィヨルド国立公園にあるハーディング氷原(2017年)
  • 米アラスカ州のチュガッチ国有林にあるポーテージ氷河(2020年)
  • 米アラスカ州のキーナイ・フィヨルド国立公園にあるハーディング氷原(2018年)
  • 米アラスカ州ノーム沖に形成された流氷(2018年)
  • 米アラスカ州のキーナイ・フィヨルド国立公園にあるハーディング氷原(2017年)
  • 米アラスカ州ウトキアグヴィク沖に見られる流氷のかけら
© REUTERS / Yereth Rosen
米アラスカ州のチュガッチ国有林にあるポーテージ氷河(2020年)

欧州地球科学連合(EGU)の学術雑誌「The Cryosphere」で発表された研究によると、地球上の氷の融解速度は30年前に比べ、約57%も速くなっていることが分かった。研究によれば、1990年代半ば以降、世界の海氷や氷床、氷河から推定28兆トンの氷が溶け出しているという。

英リーズ大学の氷河学者トーマス・スレーター氏を中心とする英国の科学者チームが、1994年から2017年までの観測データやコンピューターシミュレーションを用いて調査を行った結果、1990年代には年間平均0.8兆トンだった氷の消失量は、近年では年間約1.2兆トンまで増加していることが分かった。これにより、過去3年間で世界の平均海面は3.5cm上昇した。

また、南極やグリーンランドなどの陸上の氷河からは、全体の氷の消失量の22%を占める氷が消失しており、これは氷河の融解水を必要とする地域に水不足をもたらす可能性がある。

米国のアラスカ州立地質地球物理調査部のガブリエル・ウォーケン氏によると、世界の氷河や氷床の氷損失量を算出することは非常に興味深いアプローチであり、実際に必要とされるものであると指摘する。特に米アラスカ州では、地元住民は目に見える氷河の減少を実感しているという。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 東京オリンピックのサーフィン競技に向けて練習する日本の前田マヒナ選手
    アップデート: 2021年07月23日 19:52
    2021年07月23日 19:52

    今週のベストショット 7月17日―7月23日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    14
  • 東京・品川区のしながわ中央公園で、聖火ランナーの控えランナーらが聖火を受け渡すイベント「トーチキス」を見る生徒
    アップデート: 2021年07月22日 20:37
    2021年07月22日 20:37

    ついにあす開幕 市民らはどうオリンピックを迎える?

    東京オリンピック・パラリンピックがついにあす、開幕となる。出場選手や大会関係者らが準備を進める中、開催地である東京都の雰囲気はどうなっているのか。報道関係者らが捉えた街のようすを、スプートニクがお伝えする。

    11
  • 河南省の州都・鄭州市で、雨水が入り込み水没した地下鉄車両
    アップデート: 2021年07月21日 20:21
    2021年07月21日 20:21

    道路は冠水、地下鉄も水没 中国河南省で記録的大雨

    中国中部の河南省では今月17日から記録的な大雨が続いている。これにより省都の鄭州市では広範囲で洪水が発生し、市街地が冠水するなどの被害が出ている。

    8
  • 1952年ヘルシンキオリンピック(第15回大会)のやり投げに出場したソ連のアレクサンドラ・チュジナ選手
    アップデート: 2021年07月20日 20:45
    2021年07月20日 20:45

    緊張感あふれる1枚:夏季オリンピックの歴代大会

    新型コロナウイルスの感染拡大や度重なるスキャンダルの発生など、様々な不安を抱えながらも開幕が迫る東京五輪。そんな中でも出場選手らは着々とトレーニングに励み、大会に向けコンディションを整えている。

    15