19:59 2021年03月05日
  • フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー受賞作品『Antarctica: The Waking Giant』 Sebastian Copeland氏(ドイツ)
  • 「アマチュア/ファインアート」部門1位受賞作品『Urban Tetris』 Mariyan Atanasov氏(ブルガリア)
  • 「プロ/ピープル」部門1位受賞作品『A Painful Necessity』Gabriele Micalizzi氏(イタリア)
  • 「プロ/建築」部門1位受賞作品『Requiem Pour Pianos』 Romain Thiery氏(フランス)
  • 「アマチュア/広告」部門1位受賞作品『New Faces and ... In The Class, Automotive Class』 Marcin Majkowski氏(オランダ)
  • 「プロ/自然」部門1位受賞作品『A Sheep』 Claudia Guido氏(イタリア)
  • 「アマチュア/イベント」部門1位受賞作品『Timoncap 2019』 Sergio Ferreira Ruiz氏(スペイン)
  • 「プロ/ポートフォリオ」部門1位受賞作品『Butterflies In The Stomach』 Carlos Gamez De Francisco氏(米国)
  • 「プロ/ファインアート」部門1位受賞作品『Fishermen of The Mangroves』 Les Sharp氏(オーストラリア
  • 「アマチュア/サイエンス」部門1位受賞作品『Pathology Atlas』 Oltea Sampetrean氏(日本)
  • 「プロ/広告」部門1位受賞作品『Fresh Meat』 Sh Sadler氏(米国)
  • 「プロ/サイエンス」部門1位受賞作品『Viveria』 Ela Kurowska氏(カナダ)
  • 「アマチュア/エディトリアル」部門1位受賞作品『Hong Kong Conflict』 Wei Fu氏(カナダ)
  • 「プロ/イベント」部門1位受賞作品『Beneath The Surface of Competitive Freediving』 Kohei Ueno氏(日本)
  • 「アマチュア/ピープル」部門1位受賞作品『Promised Land』 Michal Konrad氏(ポーランド)
  • 「アマチュア/自然」部門1位受賞作品『Ribbon Dance』 Richard Li氏(香港)
  • 「アマチュア/ポートフォリオ」1位受賞、ディスカバリー・オブ・ザ・イヤー受賞作品『When The Trees Are Gone』 Diana Cheren Nygren氏(米国)
  • 「アマチュア/建築」部門1位受賞作品『Snake'S Zaha』 Roberto Corinaldesi氏(イタリア)
  • 「プロ/エディトリアル」部門1位受賞作品『Women Protesting In Poland Over Abortion Ban』 Bartosz Mateńko氏(ポーランド)
フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー受賞作品『Antarctica: The Waking Giant』 Sebastian Copeland氏(ドイツ)

2016年に創設された国際的なフォトコンテスト「東京インターナショナル・フォト・アワード(TIFA)2020」が開催され、受賞作品が発表された。

同コンテストは、プロ・アマチュア問わず世界中から才能溢れる写真家を発掘し、日本のアートコミュニティとの繋がりを構築することを目的としている。厳正な審査によって選出された受賞者にはトロフィーや賞金の授与に加え、様々なメディアで大々的に宣伝する機会を与えられる。

今回、同コンテストのフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたのは写真家で極地探検家でもあるセバスチャン・コープランド氏による作品『Antarctica: The Waking Giant』。10年以上にわたる南極と周辺の島々の旅を記録した写真集の表紙が好評を博した。

タグ
芸術, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 中国・上海で行われた展示会「Teamlab Borderless」でポーズをとる女性
    アップデート: 2021年03月05日 19:53
    2021年03月05日 19:53

    今週のベストショット 2月27日―3月5日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 無人航空機が撮影した、事故後の福島第一原子力発電所。破損した4号機(左)と3号機(右)が見える (2011年3月24日撮影)
    アップデート: 2021年03月05日 14:20
    2021年03月05日 14:20

    福島第一原発の事故 あの日何が起きたのか

    2011年3月11日、東日本を襲った巨大地震によって発生した大津波は、福島第一原子力発電所での水素爆発や炉心溶融(メルトダウン)を引き起こした。この事故はのちに、国際原子力事象評価尺度(INES)において最悪の「レベル7」に引き上げられ、チェルノブイリ原発事故に並ぶ史上最悪の原子力事故となった。

    10
  • ギリシャ中部・ギダマシ村で、地震により損壊した建物
    アップデート: 2021年03月04日 22:49
    2021年03月04日 22:49

    ギリシャでM6.9の地震 現地の被害の様子

    ギリシャ中部テッサリア地域で3日、マグニチュード(M)6.9の強い地震が発生した。現地では地震により十数人が負傷したほか、建物が損壊したりする被害が出ている。

    10
  • 福島第一原子力発電所。左から4号機、3号機、2号機、1号機。右に5号機と6号機の建設現場が見える(1975年撮影)
    アップデート: 2021年03月04日 14:01
    2021年03月04日 14:01

    事故から10年:福島第一原発 その歴史

    1971年に運転を開始した福島第一原子力発電所は、2011年3月の津波の影響で発生した原発事故をきっかけとして、廃炉が決定した。事故から10年が経とうとしている今回、スプートニクでは原発の歴史を振り返る。

    7