02:52 2021年06月23日
  • フランス・パリの自宅でピアノを演奏するコレット・マゼさん
  • フランス・パリの自宅でピアノを演奏するコレット・マゼさん
  • フランス・パリの自宅でピアノを演奏するコレット・マゼさん
  • フランス・パリの自宅でピアノを演奏するコレット・マゼさん
  • フランス・パリの自宅でカメラに向かってポーズをとるコレット・マゼさん
  • フランス・パリの自宅でピアノを演奏するコレット・マゼさん
  • フランス・パリの自宅でピアノを演奏するコレット・マゼさん
  • 106歳の現役ピアニスト、コレット・マゼさん
© REUTERS / Sarah Meyssonnier
フランス・パリの自宅でピアノを演奏するコレット・マゼさん

フランス在住の106歳の現役ピアニスト、コレット・マゼさんは今年4月、通算6枚目となるアルバムをリリースする。100年以上ピアノを弾き続けるマゼさんは今回、パリの自宅で演奏しながら自身の秘訣について語った。

コレット・マゼさんは1914年生まれ。厳格な母親に育てられたというマゼさんは4歳でピアノを始め、厳しい育ちにはない暖かさを音楽に見いだしたという。

106歳になった今でもマゼさんのシューマンやドビュッシー、ショパンなどの作品を弾きこなし、その演奏には優しさが感じられる。

ロイター通信の取材でマゼさんは、ヨガと指の体操が100年以上ピアノを弾き続ける秘訣だと話す。マゼさんにとって指で鍵盤を感じ、足でペダルを踏むことはキャンディを味見するのと同じことだという。また、音楽を「私の食べ物であり、精神と心の糧」と表現する。

息子のファブリス・マゼさんはマゼさんについて「母親は他の人にインスピレーションを与えている。情熱を持ち、体調管理をすれば106歳になっても良い状態でいられるということを示した」と話している。

マゼさんは今年4月、ドビュッシーの作品を3巻分収録した6枚目のアルバムを4月にリリースする予定だ。

タグ
芸術, 音楽, フランス, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 交流施設「ビレッジプラザ」に展示された選手の部屋のモデルルーム
    アップデート: 2021年06月22日 19:07
    2021年06月22日 19:07

    東京五輪 選手村が初公開

    東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会は、東京都中央区晴海に建てられた選手村の内部を報道陣に初めて公開した。

    12
  • 羽田空港の格納庫でお披露目されたボーイング737-800機の「ピカチュウジェットBC」
    アップデート: 2021年06月21日 18:11
    2021年06月21日 18:11

    ピカチュウが日本の空を飛ぶ! スカイマークのラッピング機が就航

    日本の航空会社「スカイマーク」は21日、人気アニメ「ポケットモンスター」のピカチュウがあしらわれた特別塗装機「ピカチュウジェットBC」の就航を発表した。同機は、沖縄県の発着路線を中心に、スカイマーク便が就航する他の空港へも運航する予定だ。

    8
  • イタリア・ローマで、EURO2020(欧州サッカー選手権)の開会式でスタジアム上空に打ち上げられた花火
    アップデート: 2021年06月18日 20:01
    2021年06月18日 20:01

    今週のベストショット 6月12日―6月18日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    17
  • グループリーグD組第1節、イングランド対クロアチアの試合を観戦するサポーター
    アップデート: 2021年06月17日 21:26
    2021年06月17日 21:26

    最強国はどこ? サッカー欧州選手権ベストショット

    新型コロナウイルスのパンデミックにより延期されていたEURO2020(サッカー欧州選手権)が今月11日、ついに開幕した。そこでスプートニクでは、各地で繰り広げられる激戦や大会を盛り上げるサポーターの姿など、これまでの大会のベストショットを選んでお届けします。

    18