19:55 2021年03月05日
  • フランス・パリの自宅でピアノを演奏するコレット・マゼさん
  • フランス・パリの自宅でピアノを演奏するコレット・マゼさん
  • フランス・パリの自宅でピアノを演奏するコレット・マゼさん
  • フランス・パリの自宅でピアノを演奏するコレット・マゼさん
  • フランス・パリの自宅でカメラに向かってポーズをとるコレット・マゼさん
  • フランス・パリの自宅でピアノを演奏するコレット・マゼさん
  • フランス・パリの自宅でピアノを演奏するコレット・マゼさん
  • 106歳の現役ピアニスト、コレット・マゼさん
© REUTERS / Sarah Meyssonnier
フランス・パリの自宅でピアノを演奏するコレット・マゼさん

フランス在住の106歳の現役ピアニスト、コレット・マゼさんは今年4月、通算6枚目となるアルバムをリリースする。100年以上ピアノを弾き続けるマゼさんは今回、パリの自宅で演奏しながら自身の秘訣について語った。

コレット・マゼさんは1914年生まれ。厳格な母親に育てられたというマゼさんは4歳でピアノを始め、厳しい育ちにはない暖かさを音楽に見いだしたという。

106歳になった今でもマゼさんのシューマンやドビュッシー、ショパンなどの作品を弾きこなし、その演奏には優しさが感じられる。

ロイター通信の取材でマゼさんは、ヨガと指の体操が100年以上ピアノを弾き続ける秘訣だと話す。マゼさんにとって指で鍵盤を感じ、足でペダルを踏むことはキャンディを味見するのと同じことだという。また、音楽を「私の食べ物であり、精神と心の糧」と表現する。

息子のファブリス・マゼさんはマゼさんについて「母親は他の人にインスピレーションを与えている。情熱を持ち、体調管理をすれば106歳になっても良い状態でいられるということを示した」と話している。

マゼさんは今年4月、ドビュッシーの作品を3巻分収録した6枚目のアルバムを4月にリリースする予定だ。

タグ
芸術, 音楽, フランス, 写真
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

写真をもっと見る

  • 中国・上海で行われた展示会「Teamlab Borderless」でポーズをとる女性
    アップデート: 2021年03月05日 19:53
    2021年03月05日 19:53

    今週のベストショット 2月27日―3月5日

    スプートニク日本は、世界の通信社の特派員がこの一週間で配信した最も興味深くホットな写真の数々を皆さんに御紹介します。

    19
  • 無人航空機が撮影した、事故後の福島第一原子力発電所。破損した4号機(左)と3号機(右)が見える (2011年3月24日撮影)
    アップデート: 2021年03月05日 14:20
    2021年03月05日 14:20

    福島第一原発の事故 あの日何が起きたのか

    2011年3月11日、東日本を襲った巨大地震によって発生した大津波は、福島第一原子力発電所での水素爆発や炉心溶融(メルトダウン)を引き起こした。この事故はのちに、国際原子力事象評価尺度(INES)において最悪の「レベル7」に引き上げられ、チェルノブイリ原発事故に並ぶ史上最悪の原子力事故となった。

    10
  • ギリシャ中部・ギダマシ村で、地震により損壊した建物
    アップデート: 2021年03月04日 22:49
    2021年03月04日 22:49

    ギリシャでM6.9の地震 現地の被害の様子

    ギリシャ中部テッサリア地域で3日、マグニチュード(M)6.9の強い地震が発生した。現地では地震により十数人が負傷したほか、建物が損壊したりする被害が出ている。

    10
  • 福島第一原子力発電所。左から4号機、3号機、2号機、1号機。右に5号機と6号機の建設現場が見える(1975年撮影)
    アップデート: 2021年03月04日 14:01
    2021年03月04日 14:01

    事故から10年:福島第一原発 その歴史

    1971年に運転を開始した福島第一原子力発電所は、2011年3月の津波の影響で発生した原発事故をきっかけとして、廃炉が決定した。事故から10年が経とうとしている今回、スプートニクでは原発の歴史を振り返る。

    7